2016年8月23日 (火)

擬人式神と陰陽字について

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

私の鑑定室で鑑定をされた方には、式神を差し上げています。

式神には「思業式神」「悪行罰示式神」「呪実業式神」ほかいろいろな種類がありますが、鑑定室でお渡ししているものは「擬人式神」といわれるもので、ご当人の身代わりとなって災厄を受けとめるという役割を持たせています。

どのようにつくるかというと、相談者の御度(気・オーラ)を少しいただいて、人形(ひとがた)に切った紙に移し、ご本人の身代わりになるよう呪(しゅ)をかけてつくります。

その擬人式神をカバンや財布、手帳などに入れて常に携帯していると、その人に起こる災厄がご本人の分身である擬人式神に引きつけられ、災いを受けとめてくれるのです。

身代わりとなって災いを受けとめた擬人式神は、紙に負担がかからないようなところで保管していたとしても破れます。

紙の劣化によって、折り目や角が切れるのとは、明らかに異なる破れ方をしていたり、時には焦げたような跡が残っていることもあります。

さて、この擬人式神に呪をかける際、人形に書くのが「陰陽(いんよう)字(じ)」です。

この陰陽字を始めて見る方から、「それは梵字ですか?」と聞かれることがありますが、そうではありません。

陰陽字は私たち六家の陰陽師のみが使用している呪術的な文字です。

一文字ごとに意味があり、術の媒体にするためのもので、記したところに術の効果が及びます。

私は相談者の方の御度を読み取り、その方に合った陰陽字を擬人式神に記し、呪(しゅ)をかけています。

六家の陰陽師が術をかける際には、必ずといっていいほど、この陰陽字を使います。ちなみに手で組む「印」には、この文字を象ったものがあります。

結界を張るときなどは、地面に足で陰陽字を書いて術を施します。陰陽字は術を施す際に欠かせないものなのです。

鑑定室でお渡ししている擬人式神は、この陰陽字が大切な意味をもっています。

実は擬人式神が身代わりとなって破れる際には、人形の紙が切れるのではなく、文字から破れていきます。つまり、呪(しゅ)を込めたところから、破れていくということです。

人形の足に書いた陰陽字が切れていたり、肩の陰陽字から始まって袈裟懸けに敗れていたり、時には心臓の場所の陰陽字に穴が開いていることなどもありますが、陰陽字がその人の「どこ」を守ったかということは、その破れ方が如実に示しています。

月に一度は式神を取り出して、破れていないか確認してください。

破れた擬人式神はご自身の身代わりになってくれたものなので、感謝の気持ちを込めてお焚き上げを行なうようにしましょう。

もちろん鑑定室に持って来ていただいてもかまいませんが、特に儀礼的なことをする必要はありません。ご自身で焼いていただいてけっこうです。ただし火の取り扱いには十分お気をつけください。

お財布やカバンなどに入れている場合、擦れなどによって破れることが多いものですが、「劣化によるものではない・・・」と思うような切れ方をしていて不安な場合には、その擬人式神を持ってぜひ鑑定にいらしてください。

状態を見てアドバイスをいたします。そして鑑定後には、また新しい式神を差し上げます。

最近、式神を手に取って見ていないという方は、ぜひ一度ご確認ください。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとな

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

過去にとらわれず、この先を光明に導く──それが陰陽師の鑑定です

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

陰陽師が鑑定をするというと、「少し怖い」とか、「お説教をされるのではないか…」と感じる方が少なくないようです。

そのように思って、鑑定を受けたいけど尻込みしているという方がおられるとしたら、心配はご無用であるということをお伝えしたいと思います。

わたくしは余程のことがない限り、鑑定で人にお説教をすることはありません。増してや相談者の方に対して怒ったり、責めたり、避難したりということなどは一切ありません。

鑑定では、ご本人の気持ちをまずはしっかり受けとめます。そして、取り返しのつかない過去に焦点をあてるのでなく、今後の人生を見据えて、最良の道を選べるようアドバイスしています。

わたくしが一般の方々に鑑定室の門戸を開いているのは、できるだけ多くの方に、陰陽道の知恵と術を役立てたいと考えてのこと。

鑑定室に来られた方がより良く暮らしていけるよう、最善を尽くしています。

鑑定室には様々な悩みをもつ方が来られます。


人間関係や恋愛の悩み、経済的な悩みについて相談されることがほとんどですが、なかにはかなり重たい問題が持ち込まれることもあります。一般的な感覚からしたら驚愕してしまうような、悩みを抱えた方も来られます。

ひどく泥沼化してしまった不倫に苦しんでいる方。
多額の借金問題を抱えている方。
長年にわたって大病を患われている方。
何がしかの罪を犯してしまった方や、これから罪を犯しそうなほどに懊悩している方。
人の生死に関わるような深刻極まりない問題
を相談されることも多々あります。

そうした各々の問題の原因に、明らかにご本人の非があるような場合でも、非難したり、目くじらを立てて苦言を呈するようなことはしません。

いかなる相談者の方にも、そうしたスタンスで接していけるのには、理由があります。

それは、陰陽師が常に「常に人の欲と向き合ってきた存在」だという点です。


わたくしたち六家の陰陽師は、平安の頃より時の権力者や為政者たちの「欲望」や「執着」、それに起因する栄枯盛衰というものを目の当たりにしてきました。


もちろん相談も受け、ご当人が最良の道を選べるよう助言してきました。またそのようななかで得た知恵と見識を、私たちは27代にもわたって語り継いでいます。

人は大なり小なり、心の奥底に様々な欲望をもち、それを叶えるために力を注いでいます。また、何らかへの執着や拘泥などから逃れるために、日々、足掻いている人もいます。


人間は清濁を併せもち、自分なりのバランスをとりながら、生きている存在なのです。


人が心のなかに、どんな欲望や秘密をもっていたとしても、私は意外だとは思いませんし、責めもしません。

もちろん、法律に触れることを看過したり、社会通念上良くないことを勧める気など毛頭ありません。


その人の過去にとらわれず、未来をより良くするよう導いていくことを、基本としているということです。

胸の内に悩みや苦しみを抱えている方は、ぜひ鑑定室にいらしてください。


独りで悩み続けているだけでは、先々の光明を見いだせないことが多いものです。


まずは一歩、前に踏み出すことが大切です。


わたくしが陰陽道の知恵と術を使って、その苦しみを軽減いたします。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。


****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとな

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

お稲荷さんに好かれる人、好まれない人とは!?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

神社に祀られている神様には、眷属(けんぞく)(神使)といわれるものが存在し、その多くは動物の姿をしています。神様に代わってその意思を伝えたり、人に御利益をもたらしたりする存在で、龍や蛇、狐、狼、猿、鹿、烏などがよく知られています。

そうした眷属のなかで、特に身近な存在なのが狐=お稲荷さんです。

全国に3万社あるといわれ、小さい祠なども含めるとさらに多くの社数が日本全国に散見できます。五穀豊穣や商売繁盛、家内安全など様々なご利益があることで知られており、日本人にとっては親しみ深い眷属だといえるでしょう。

さて、以前このブログで、「人と神社には相性がある」ということを書かせていただきました。そのなかで「お稲荷さんは人を選ぶ傾向がある」というお話をしています。

最近になって過去のブログを読んだ方から、「お稲荷さんから好まれる人と、好まれない人の違いは何ですか?」という質問を受けたので、今回のブログではそれについて説明しましょう。

陰陽道では狐を使った術などもあるため、馴染みが深い動物ですが、ここでは眷属としての狐についてお話しします。

眷属としての狐は少々気性が荒く、人に対する好き嫌いが比較的はっきりしており、そうした性格から、人との相性の良し悪しというものも出てきます。

では、どんな人が好まれ、どんな人が好まれないのかというと、次のようになります。

まずお稲荷さんに好まれる人のタイプは、自分の夢や目標に対して一途な思いをもっている人です。そして、自分が求めるものに対して、軸が簡単にブレない人が好まれる傾向があります。

そのようなタイプの人がお参りすると狐は喜んで応援してくれます。

とはいえ、自分の夢や目標のみに固執するあまり、横暴、傲慢になり過ぎて人に迷惑をかけ過ぎてしまうようになると、狐の怒りをかい、バチが当たってしまうこともあるので注意が必要です。

祀られている狐には個性や格があり、なかには穏やかで、寛容な狐もいるのですが、多くの狐は怒りだすまでの沸点が低く、自分が気に入らないと、お仕置きをすることも少なくありません。

逆に好まれない人は、何事においても否定的、悲観的に考える傾向が強い人です。


そのような性格は狐に見透かされ、何かをお願いしても、そっぽを向かれてしまいがちです。

増してや、神社でお参りする際にネガティブな気持ち(人を恨んだり、貶めたいというような思い)を持ち込んだりすると、狐から疎まれてしまうということも起こり得ます。

このように書くと、日頃から物事をついつい悲観的、否定的に考えがちな人は心配されるかもしれません

「近所のお稲荷さんにお参りする際、自分の心もちはどうだったかな?」というように。

ですがどのような人であれ、周囲の人や自分の境遇、いま置かれている状況などに対して、否定的、悲観的な気持ちになってしまうことはあります。

たまたま心の状態がそのようなときに、すぐれない気持ちのまま稲荷さんにお参りしてしまうことだって、ないとはいえません。誰にでも起こり得ることです。

今後そのような機会があったら、ぜひお勧めしたいことがあります。

それはお参りする際に、「日々の生活に対する感謝の気持ち」を述べること。そして、自分の大切な人のために祈ることです。

そのように謙虚な姿勢で、他の人のために祈りを捧げる人を、狐はとてもやさしく見守ってくれます。そして、応援してくれようとします。狐は気性が荒く、人に厳しい一面もありますが、好ましい姿勢で接してくる人に対しては、とてもやさしい眷属でもあるのです。

かように"個性が強い"神社ではありますが、上記のことを心掛ければ、そう心配することはありません。近所にお稲荷さんがあるという方は、ぜひお参りしてみてください。

また鑑定室では、陰陽道の先読みの術を使ったり、一人ひとりの御度(気・オーラ)を見たりすることで、相性がいい神社をお教えすることができます。



気になる方は、鑑定室へいらしたときにぜひご質問ください。

>

それでは、また。このブログでお会いしましょう。



****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとな

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

陰陽師と体幹

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

最近は、漫画原作のTVアニメ「双星の陰陽師」なる作品が放映されているせいでしょう、鑑定に来られている方が「陰陽師さんなら知ってるよ」とお子さんを鑑定所に連れて来られることがたまにあったりして、少し驚きます。

お子さんはアニメのような若くてかっこいい陰陽師を期待して来られたと思うのですが、目の前にいるのは自分で言うのもなんですが、いかつい体格の成人男性--。目の前で式神を操るわけでもありませんし、目には見えないでしょう。

ということで、たいがいはきょとんとされて、鑑定中は別室で待機いただいています。

実は、最近、わたくしの筋肉が特に何もしていないのに日々盛り上がっていきます。

太った、というのではないのです。インナーマッスルを鍛えているからなのです。

実は陰陽師は術を使う中で、身体の中心線をぶらさず、保つことで神経を集中しています。

結界も除霊も、よろよろした態勢では使い物になりません。

軸をぶさらず、狙った位置を踏み、手刀を放つ。これがきちんとできないと、術が台無しです。除霊の場合などは、魔に付け入られる可能性すらあります。

除霊はさほど長い時間をかけていませんが、短い時間でもその間は全身の筋肉が緊張しています。

結界も、場所に貼る場合は広い範囲を清めて、次に結界の線をはっていくので、けっこう長い時間がかかります。

今日のわたくしの身体を作ったのは、幼少の頃から父に無理やり仕組まれた数々の厳しい修行でした。夏休みなどの長い期間はもちろん、土日も山奥へ連れていかれ、サバイバルに近い修行を積まされたものです。

また、術で使うこともあるため、居合抜きも習わされました。

これは背筋がピンと伸び、瞬発力も身につくので、護身術のひとつとしてもお薦めです。呼吸も大事ですので、合わせて会得するといいでしょう。

考えてみると、いかなる時でも体幹がぶれない、臆しない心を鍛えられてきたように思います。どちらも術を使うに当って欠かせないものです。

わたくしが鑑定で眼鏡を外した時、いかなるものを観ても動揺しない心、負けない心は、過酷な訓練に比べればなんてことはありません。腰が引けず、踏ん張っていられれば、術を正しく使えます。

よく、陰陽師になるためにどんな修行をすればいいでしょうかと訊ねられますが、残念ながら厳密な意味での陰陽師になることは一般の方では叶いません。

また、インナーマッスルを鍛えることで、病気などで万一お休みすることになっても、回復も早く、すぐに復帰できるようにしているのです。

密教僧の修行などは近い部分がありますが、ほかに会得すべき知識や能力が異なります。

まずは、体幹をすっと伸ばすために武道や居合い抜きなどはいかがでしょうか。正しい姿勢でうつむいて歩かなくなるだけでも、運勢は上向いてくると思います。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとな

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************


にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

陰陽師と石の深い関係

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

ここしばらく、石のお話をしていませんでしたので、今回は久しぶりに石のお話をいたしましょう。

鑑定所には石に念を込めてほしいと、それだけが目的で来られる方もいらっしゃいます。

そういう方は、石も力のあるものをお持ちです。石に寄せる思いも真摯なものがあります。

さて、わたくしは石を腕に巻いておりますが、陰陽師はいつから石を使っていたのでしょうか。

陰陽師が石を用いるのは、主に結界を張る時です。

これは平安時代から石を用いておりました。

日本には古来より奇岩や巨岩を神として崇めたり、環状列石として祭祀場などに用いていた例があり、人々は陰陽師が歴史に登場する前から石の力に気がついていたように思います。

陰陽師が術に石を用いるのは、念が込めやすく、壊れにくいからだということを以前にも書きました。

神として崇められる石というより岩は、面白いことに、祀られること、祈られることで念を溜め込み、より力を持っていくのがわたくしには感じられます。言ってみれば、人の願いが神を作っているようなものです。

ちなみに、鉄や青銅を用いても良いのです。ただし、金属は石を高熱で溶かしてから、鍛冶が鍛錬して形を作ります。そこで作り手の念が入ってしまうため、純粋度は石に劣ります。石も加工をしますが、金属の純度を上げる過程や、強くする過程など、手にかかる時間は比較になりません。

大仏などは青銅で作られたりしていますが、祈られる対象であり、それも大人数の方が今も祈っているからいいのです。術に用いるのには向いていません。

話がそれましたので、石に話を戻しましょう。

陰陽師は平安時代から日本の各地で結界を張ってきましたが、その際に、その場所に石碑を建てたり、もともとある岩を結界に用いることがあります。

岩を用いるのは、容易に移動されないためで、結界を保つのに最適だからなのです。

さて、では一般の方が持つ石としては何がいいでしょうか?

わたくしは陰陽師としていざというときのために石に力を貯めたり、式神のやどり場所として用いています。

いい石というのは、そうした陰陽師の特殊な使い方にも応えてくれるのです。

石は地下深くで高い圧力と、それこそ千万年単位の時間をかけて自然が作り上げた鉱石です。自然が時間をかけて作ったものの純粋さと、秘められた力は、ほかに比較するものがありません。

とはいえ、よく「その辺の石を持ってきてはダメ」とも言われます。これは、川が時に人の命を奪っているからで、その念がこもっている場合があるからです。

ですから、石は掘り出したもの、天然露頭でもそこから取り出したものなどを選びたいものです。そのほうが余計な念も入っておらず、より強い力を秘めています。

本当によい石を手に入れたら、その石を身につけ、たえず意識すると、よりその石に念が入るのと同時に、石の力を引き出せることができるようになります。

よい石は本当に力が強いので、身につけていることで石の力を利用できるようになるはずです。

平安時代は、数珠に陰陽師が念を込めて「身守石」として貴族などが石を持っていましたが、今ではどなたも平安時代よりいい石を持てるようになりました。

みなさんも、ぜひ本当に力のあるよい石と出会ってほしいと思います。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります)

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************



にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

«良い土地なのに不可解なことが起こる…別荘を出張鑑定しました【その3】