2017年7月11日 (火)

結界を張ってもメンテナンスが必要な方もいらっしゃいます

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

水の家系は、もともと、守護を得意としています。

そのための術として、除霊、結界といった陰陽師の術があり、結界は土地はもちろん、鑑定した方を包むように張ることもできます。

希望される方には、結界内に悪意をもった霊が入らないよう、まず除霊をいたします
憑いていなければ、清めの手順を踏んでから結界を全身に張り巡らします。

この結界は、張れば幸せになるというものではなく、悪意のある霊や予期せぬ(運命ではない)命にかかわるような大事からあなたを護る役目を担っています。


要は、バリアーのようなものだと思っていただければ分かりやすいかと思います。
霊に敏感な方や、周囲の人間との距離が気になる方(間接的に御度を感じている可能性があります)などは、結界を張ることで嫌な気分から解放されるように思えるようですが、これは結界が外界との間にクッションとしての役割を果たしているからなのです。

では、結界を張ればもう心配はないのでしょうか?

実は、そうではありません。

なぜなら、ご自分の思いが強い方の場合、結界の中でその思いが増幅されてしまう傾向があるからです

思いがポジティブな場合は、その方の人生も良い方向へ道を見つけて進んでいけるのですが、ネガティブな場合は、逆に自分で自分を苦しめる考えに取りつかれてしまったり、行ってはいけない方向へ遠回りしてしまうこともありがちなのです。

つまり、結界を張ったあとの鑑定と先読みもまた重要ということになります。

結界を張る方には、結界の役割と注意点についてはご説明させていただいております。

結界=幸せ

ではなく、結界の中にいるあなたの考え方が、人生をよりよくしていくのです。
際、結界を張られた方が感想を述べがてら、
「今、自分の結界は問題ないでしょうか? 御度はきちんと流れていますか?」
と再度お出でになることが多いのです。

結界を張っていても、運気によっては良くないことが続くことがありますが、そうした場合、結界内での御度の流れを見直したほうが良いこともあります。


結界を張る際は、もちろん御度の流れが滞っていればしっかり調整しているのですが、これは日々の生活を送るうち、状態が変わってしまうこともあります。


なので、できれば結界を張られた方も、切りのいい時に結界内と御度の流れ、そして先読みで方向が間違っていないか確認いただければよろしいと思います。

時期は、私のことをふと思い出した時、結界のことが気になった時とお伝えしていますが、気になる方は一ヶ月後でも構いません。


稀にですが、タチの悪い霊の攻撃を受けやすい方がいらっしゃって、結界が弱まってしまう場合もあるのです。(たいていは張る前に分かりますが、引越などで周囲の環境が変わって影響をうけることもあります)

あなたが私を思い出している時は、私もあなたの結界か、思いについて心配している時だったりします。


結界は私とあなたをもつないでいるのです。


結界を張られている方でその後おいでいただいていない方は、機会を見て再鑑定においでください。

そして、現状をいまいちど見直してみましょう。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

霊との交流会?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

祖先の魂を迎える行事、お盆がもうすぐやってきます。
そこで今回は死者の魂(霊)について、お話してみることにします。

霊と交信する会――交霊会(降霊会)というものがあります。

これは19世紀にアメリカで始まって、
たちまちヨーロッパでも大流行になりました。

日本でも有名な大学の学者たちが立ち会って、
真剣に交霊会が開かれていた時代があったのです。
これは決して昔の話ではなく、
いまでも青森県の恐山には、イタコと呼ばれる女性たちがいます。

彼女たちは、自分の身体に死者の霊を降ろして、
わざわざ恐山までやってきた家族と会話をしてみせるのです。

彼女たちのように、霊を降ろす(陰陽師は「寄せ」といいます)ことができる人を、
「霊媒」と呼びます。

よく勘違いされるのですが、
霊媒は自分の身体を霊に明け渡してしまうので、
直接、霊と会話をすることはできません。

そこで、交霊会で重要になるのが、霊と会話をする人物です。

これを「審神者(さにわ)」といいますが、

本当に目的とする霊が降りてきているのかを判断し、
もしも動物霊などのいたずらであることがわかれば、
叱り飛ばして追い返すだけの強い力が必要とされるのです。

したがって審神者は、交霊会においては、
霊媒と並ぶ重要な役割ということになります。

ところで私たち陰陽師の修行にも、
自分の身体を霊の容れ物にするという修行があります。

つまり、霊媒になる修行です。

私も昔はずいぶんとやらされたものですが、
何事にも得手不得手というものがあるようで、
残念ながら霊媒の修行はあまり得意ではありませんでした。

理由はおそらく、私の我が強かったせいなのでしょう。
身体を霊にあけわたすことに、どうしても抵抗があったのです。

でも、思えばそれも一理あるのです。

私たち陰陽師であっても、
霊に身体を支配されてしまう危険は常にあるからです。

そこで私たちはこの修行のときには、
あらかじめ霊を閉じ込めるための特別な結界を張っておきます。

「不浄(ふじょう)結界」というのですが、
そうしておけば、もしものときに、被害が外に広がらないですむわけです。

私たちでさえ、そこまで慎重にやらなければいけないもの――。

それが霊との交流なのです。

一般の人が安易に関わるべきでないことは、いうまでもありません。

ちなみに、霊媒になれる人は、
どちらかというと先天的な素質が重要なようです。

霊媒の素質は、
眠っているときの体験で、ある程度の判断ができます。

半分眠って、半分目が醒めているような状態で、
自分が「寝言」のようなことをいっているのに気づいたことはありませんか?

気がついているのに、やめようと思ってもやめられない。

それは、身体に霊を「寄せ」ている状態とよく似ています。

もしもそんな体験が頻繁にあるのなら、
あなたには霊媒の素質があるのかもしれませんね。

それではまた、ブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

お子さんの進路が心配な親御さんへ

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

最近は受験も様変わりして、教育熱心なご家庭では幼稚園から、大学や専門学校では一般受験に先がけてAO入試や推薦入試などもあるようです。

お子さまの受験で悩んだ親御さんが鑑定に訪れることも多いため、わたくしにも現在の受験も、方法こそ変わったものの、どこを選ぶかで親子ともども悩み、意見がぶつかるのは昔と同じということはわかります。

受験をするのはお子さまなので、どの学校を本命にするか、滑り止めをどこにするかを観てほしい、とお子さまをお連れになる親御さんもいらっしゃいます。

鑑定すれば、未来の様子から最終的にどこに行けば幸せになっているかをわたくしは観ることができるのですが、その答えをそのままお伝えすることはできません。

それは運命に干渉しすぎてしまうからです。そして、わたくしに依存するようになってしまいます。これは何度も申し上げてまいりました。

もうひとつ、先読みの結果が必ずしも受験に成功して幸せになっていないこともあるのです。

受験の時、どちらかと言えば熱くなっているのは親御さんです。

我が子には幸せな未来を歩んでほしいから、できるだけいい大学に頑張ってほしいと考えられるのは、親として当然でしょう。

うちは勉強はともかく、小さな頃から陰陽師として父に厳しく仕込まれました。

同じように、鑑定所にお子さまを連れてこられる方の場合、教育に関してはふだんから力を入れていらっしゃるようです。

ところが、お子さまとふたりで鑑定を始めると、親御さんの熱量はどこへやら、お子さまは正直、「今の自分では難しい」とか、「悪いけれど専門学校に進みたい」と、親御さんの熱意とまったく別の方向で自分の進路を考えていたり、分析していたりするのです。

その考えをふだんから話し合っている親子の場合は、私の前で口論が始まったりする場合もあります。

これは珍しいことではありません。親の熱意は、現実を見えなくさせてしまい、お子さまの気持ちがないがしろになってしまうのです。

わたくしも小さな頃から厳しい修行を積まされてきました。言うまでもなく、立派な水の家系の陰陽師を継ぐためです。

しかし、わたくしは実家を出て世界放浪の旅に出てしましました。

窮屈で仕方なかったからです。

ところが、今は父に課せられた修行で陰陽師として術を使うために必要な心身を作り上げ、陰陽師として皆さまのお役に立っています。

親御さんとしては、お子さんの進路の確実な方向へ進む未来を先読みしてもらいたいというお気持ちは痛いほどわかります。

しかし、実際は親御さんの希望通りとは限りません。

それでも、ご本人が幸せで、親御さんも笑っている未来が先読みできれば、その方向へ進むのがいちばんなのです。

最近では大学に入っても辞める人が多いそうです。つまり、入学してもそこから先は別の道を選ぶことになるのです。

運命はどこかに合格すれば成功、ではありません。むしろ、そこからです。

先読みでは、受験結果次第でみなが暗い顔になる分岐も見える場合もあります。その場合優先するのは、お子さんが納得してよりより道に進むことです。

それ以上の細かいことはお教えできません。ただし、受験を後押しする式神を授けることはできます。

進路の鑑定は、親御さんの未来を観ることでお子さまを間接的に観ることができますので、親御さんだけで起こしいただければと思います。

そろそろ受験準備が始まっているようで、相談も増えております。

まず、親子の歩調を合わせてあげること、お子さまの意見も聞くことも大事ですよ。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************


にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

穢れた土地でも安心して住むことはできます

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

森友学園の問題が世の中を賑わせていましたが、私は"忖度"がどうこうよりも、陰陽師として気になっていることがあります。

それは、この土地に大量のゴミが埋められていて、最終的には生活ゴミまでが埋まっているということが分かったことです。

この土地の地歴を調べたわけではありませんが、ゴミが捨てられる土地として使われていたことを考えると、最悪の場合"忌み地"であり、穢れた土地として扱われてきていた可能性があります。

穢れといっても、汚い、忌まわしいというばかりではありません。神聖なものではない状態であり、畏れを持って遠ざける場合もあります。

ではたまたま、そういう土地に住んでしまった場合はどうすればいいでしょうか?

相談に来られる方の中には、引っ越したばかり、これから引っ越すという方で、そこが吉方位か霊がいないかなどについて訊かれる方がいらっしゃいますが、忌み地について心配されている方は意外と少ない印象を受けます。

しかし、実は住環境として考えた場合、きちんと御度が循環せず、ひどい処置を施された土地というのは住むのに最悪です。

近年、住宅地やショッピングモールとして開発された土地に出張鑑定などで伺うと、そうしたゴミが埋まっている不浄の土地に出くわすことがあります。

このような土地は印象として湿っぽさがまとわりつく感じ、正体不明の不快な匂いなどがあり、一般の方でもなんとなく変だと感じることもあります。

しかし、感じない方もいますし、住んでいる間に慣れてしまい、変だと思わなくなったりしてしまいます。

出張鑑定でこうした土地だった場合、ゴミが埋まっている層より上の土地を対象にして結界を貼り、地中で切り離してしまうようにしています。

同時に、その場所が窪地で御度が淀みやすい場所であれば、御度が結界の中を抜けていくように流れの道を設けるのです。

そういう意味では、ゴミが埋まっている土地のほうが陰陽師としての術を活用しやすいといえます。

あとは、庭に緑をできるだけ多く植えて、
地中の毒を抜いていくことを心がけてください。

植物は邪気を吸い上げ、その中に溜め込む事ができます。
偉大な自然の浄化システムでもあるのです。

もしもこれから土地を購入する方は、その土地の地歴を現地の図書館で古地図などにあたって調べてみることをお薦めします。

もし、地歴がよくないようでも、その土地に惹きつけられるものがある場合、ぜひ鑑定所にお越しください。
土地に問題がある場合は鑑定させていただいても、その土地の様子が見えません。その場合は出張し、その場で本格的な除霊が必要かもしれません。

なんの邪魔もなくその土地がわたくしに見えれば、大きな問題はないでしょうが、土地の御度の流れを調整してよりよい環境にしてから結界を張ることもできるはずです。

そうすれば、その土地に住むことになんの心配もなくなります。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

決断力を高める"心のリセット法"があります

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

恋愛、人間関係、仕事、金銭問題、霊的な事象に関すること……。私の鑑定室には、日々、様々な悩みをもつ人が訪れます。

抱えているトラブルは十人十色ですし、問題に対する処し方も人それぞれではありますが、大まかな傾向がみられることもあります。

たとえば、進むべき方向を「決断できない」という相談をされる方のなかに多いのが、「自分の問題を、客観視できない状態」になっている人です。

以前、鑑定室に来られたMさん(30代・男性)も、そのような状態に陥っていた方でした。決断ができずに困り果て、相談に来られたのでした。

Mさんはある洋食店に勤める調理師。
腕前は確かで、店舗では調理場のチーフとして腕をふるっており、店長からも厚い信頼を得ていました。

そんなMさんの腕が見込まれ、独立を促す声がかかりました。友人の紹介で懇意になった事業家の男性Aさんが、Mさんを新たに構想しているイタリアンレストランの店長として迎えたいと申し出たのでした。

出店までの資金はすべてAさんが出資。
Mさんには店長兼シェフとして、店を切り盛りしてほしいとのことで、現在の職場よりも好条件が提示されました。

Aさんは飲食店のオーナーとして多くの実績を挙げている人で、人間的にも信頼できる人物であると、同氏を知る人は声をそろえて言います。

また開店までには時間的に余裕があり、いま勤務している洋食店が、Mさんの後任を探すための時間も十分にあります。

長年にわたって店に貢献してきたことから、洋食店の店長としても、自分を快く送り出してくれるだろうとMさんは話します。

リスクは低く、得るものは大きい。

ふつうに考えれば、Mさんにとっては益の多い話だといえるでしょう。転身の障壁となるものはほとんどありません。Mさん自身の気持ちを除いては──。

新しい一歩を踏み出すことをためらい、彼は鑑定室へ相談に来たのでした。

「調理については要望に応えられるが、従業員をリードしていく自信がない」。
「店が繁盛しなかったら、Aさんに申し訳ない」。
「その後の人生を左右するような決断を下すことが怖い」。

そのような不安や恐怖感ばかりが次々に湧き出し、彼は決断できずにいるのでした。

鑑定時に私が先読みの術を施した結果はどうだったかというと、新店舗でMさんが生き生きと活躍する姿が見えました。

店も活況を呈しています。新天地に進むことで、彼の人生はさらに好転すると判断できました。


決断することができず、優柔不断になっているMさんには、まず彼が選べる選択肢それぞれについて、メリットとデメリットを整理してもらいました。

自分自身が置かれた状況を、
できるだけ客観的に見てもらうようにするためです。

そうした上で、私は先読みの術で読み取った未来を念頭におきがらアドバイスしました。

多くの場合、人は他人の悩みに対しては、客観的な判断や助言ができるものです。

それがこと自分の問題になると、冷静さが失せ、判断力が鈍くなってしまいます。Mさんもそういう状況に陥っていたのでした。

自分の気持ちをリセットし、客観的な視点をもつようにする──。

容易なことのようで、実はそう簡単にできることではありません。
ですが、そのような状態へと自分自身を促すための、良い方法があるのでご紹介しましょう。

それは、「瞑想」と「行水」。何かに悩んで冷静な判断ができないようなときに、ふだんの生活のなかで手軽にできる"心のリセット法"です。

たとえば、いくつかの選択肢を目の前にして立ちつくし、冷静な判断ができなくなっているようなとき。

そんな折には、朝早く起きて浴室で行水をして、頭と心をクリアにする。

落ち着ける部屋で瞑想をして気持ちを鎮める。

そうすることで冷静さが戻ります。そして、自分自身の問題であっても、「他人から受けた相談」のように、客観的に対処しやすくなります。

私はMさんがより良い道を歩める方向に向かうためのヒントを告げたうえで、決断を下さなければならない期日までの数日間、朝の瞑想をするようにお勧めしました。

そして最後には、自分自身で決断を下してほしいと伝えました。

そうすることで、私への依存心が生じにくくなりますし、自分自身で考えて生きる力が育まれるからです。

後にご本人の報告を受けてわかったことですが、彼はその後、毎朝、瞑想をする習慣をつけたそうです。

また、特に大きな決断をする日には、行水をするようにしていると聞かせてくれました。

ちなみに、先にお話しした新店の問題については、独立する道を彼は選びました。今後の彼の活躍を楽しみにしたいと思っています。

人生の選択肢について冷静な判断ができないという方。

自分の置かれた状況を客観的に判断できずに悩んでいるという方は、
瞑想や行水(※)を試みてはいかがでしょうか。

それでも心の迷いが晴れない方は、ぜひ一度、鑑定室にお越しください。
陰陽道の知恵と術を使って、あなたがより良き道を歩めるよう助言いたします。

それでは、また。このブログでお会いしましょう。

※行水については、身体に負担を与え過ぎぬようご注意ください。体調に気を配り、慎重にご判断ください。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

«陰陽道とリーダーシップ