« 運命の相手、宿縁の相手 | トップページ | 霊能力に関わる、五つの門 【第1回】 »

2011年9月 9日 (金)

月刊「ムー」10月号に掲載されました!

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

以前に取材の様子を紹介させていただきましたが、本日発売、学研さんが発行しているスーパー・ミステリー・マガジン
月刊「ムー」10月号(9/9発売)に、私の記事が掲載されました。

http://gakken-publishing.jp/mu/mu/index.html

これまでの鑑定や結界張り、除霊など、
私の取り組みを評価していただいたようで、
とても光栄に思いました。

記事のタイトルは、
陰陽五行の「水」を司る晴明の末裔
現代の陰陽師 安倍成道

記事には安倍晴明と私との関係や、
私が幼少の頃に課されてきた苛酷な修行、過去に体験した
「人面瘡(じんめんそう)」にまつわる除霊の話など、
様々なお話が掲載されています。
興味がある方は、ぜひご一読ください。

また、今号の「ムー」には特別付録として、
「陰陽師 安倍成道謹製 式神護符」が付いています。

本来の式神は、私が実際に一人ひとりとお会いした上で、
その方に合ったものをお作りしていますが、
今回は特別に、多くの方がお守りとして使えるようアレンジしました。
実際に私が製本所に足を運び、印刷物に念を入れた式神です。
興味がある方は、ぜひ一度、お手にとってご覧になってください。

最近ではこのブログや、公式サイトへのアクセスが急増している様子。
私の活動に対するご理解と、陰陽道に対する皆様のご興味が
高まっていると感じており、心から感謝しております。

初めてこのブログをご覧になる方もおられると思いますが、
陰陽道や陰陽師に興味がある方は、
初回から順にお読みいただくのがよろしいかもしれません。
私自身の出自や、陰陽師としての活動などを、
わかりやすく書いてありますので。

これからもこのブログを通して
様々な情報を発信していきたいと思っているので、
今後もぜひ遊びにきてくださいね。

月刊「ムー」10月号(9月9日発売)に、
私の記事が掲載されます。特別付録として、
「あらゆる災厄から身を守る!陰陽師 安倍成道謹製 式神護符」が付いてきます。
ぜひご一読ください!

また、今月末まで、鑑定予約の際に「ムー10月号」を読んだお伝えいただいた上で、雑誌についている特別付録(もしくは掲載号)をご持参いただいた方は、

鑑定料を2割引させていただきます。記事を読んで興味をもたれた方は、この機会をぜひご利用ください。

鑑定は土日祝日にも行っています!

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

公式サイト
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160
受付時間:月~金 10:00~18:00 (鑑定は土日も行っています)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

|

« 運命の相手、宿縁の相手 | トップページ | 霊能力に関わる、五つの門 【第1回】 »

陰陽師について」カテゴリの記事

陰陽師の修行」カテゴリの記事

鑑定について」カテゴリの記事

式神」カテゴリの記事

コメント

初めまして、ムーの10月号を早速購入させて頂きました。さて、質問なのですが「あらゆる災厄から身を守る!陰陽師 安倍成道謹製 式神護符」は普通の神社やお寺の御守りと一緒に持っていても大丈夫ですか?晴明神社の御守りもあるのですが。宜しければ教えて下さい。宜しくお願い致します。

投稿: たっくん | 2011年9月 9日 (金) 21時33分

こんばんは

風鈴でコメントさせていただきました、きみこです

今日早速「ムー」10月号を購入し、護身符を戴きました

ありがとうございます

投稿: きみこ | 2011年9月 9日 (金) 23時12分

たっくんさん>護符はほかのお守りと一緒でも大丈夫です。なんら弊害はありませんので、安心してお持ちください。

晴明神社も行かれたんですね。
陰陽師に関しては記事の通り、表にでない部分もだいぶあるのですが、どうでしたか?

投稿: narimichi | 2011年9月10日 (土) 08時59分

きみこさん>掲載号も購入いただき、ありがとうございます!

よろしければ感想もお聞かせくださいね。

護符もぜひご活用ください。

投稿: narimichi | 2011年9月10日 (土) 09時00分

こんにちは、風です。

昨夜、コメントを書いて送信したつもりだったのですが、確認ボタンを押しただけだったようです。。。。

何かヘンだと思っていたので、コピーを残していました。
今度こそ、送信します。

あの、もし内容がそぐわないようでしたら、ゴミ箱に入れて下さいね。

宜しくお願い致します。


*****************************


こんばんは、風です。

昨日、ムーを買ってきました。
お目当ては式神です。

うちの末娘が霊的力を多少は持っているのですが、如何せん精神面がてんで弱い。
精神が弱いなら力なんぞない方が良いと思うのですが、仕方ありません。

成道さんの式神をお守りにさせようと思っております。


実は私、こちらのブログが始まった時から拝読しておりました。
そしてツッコミたくて仕方ありませんでした。
日本の国の大切な人物、組織って何? って。

国家とは何かご存知ですか?

国家とは国益を追求する組織のこと。
国家に属する国民はその為に働かされるのです。
それは国民が幸せになろうが不幸になろうが関係ありません。
国民は収益マシンのパーツの一つにすぎないのです。

そろそろ皆、そのことに気付き始めている所と感じています。

それなのに国民を収益マシンにしている人物、組織を護るとは、時代遅れも甚だしい! と言いたかったのですが、
1000年以上もそうしてきた家の者が新たな考えを持つ というのは、とても難しいことだと思います。

にもかかわらず、成道さんは良くぞ国民の方にも目を向けてくださった と感謝申し上げます。

そして私もまた、国の大切(?)な人物や組織を護ることに反対も致しません。
人の考えもそれぞれですから、そうしたいと言うのならそれはそれで良いと思うのです。

今後のご活躍を祈っております。

投稿: 風 | 2011年9月10日 (土) 15時51分

長く続いてきた、ということは確かにあるのですが、ブログでも、ムーの取材記事でも語ったとおり、私は身近な人々をお守りしたいし、幸せになって欲しいのです。

私が疑問をいただいたのもまさにその点でした。

最初からのご愛読は感謝です。
ありがとうございます。

投稿: narimichi | 2011年9月10日 (土) 18時16分

記事をじっくり拝読させて頂きました。
過酷な修行があってこその陰陽師なるものなんですね。

実は、風鈴のキーワードでこちらのブログに引き寄せられるまで、陰陽師に関して全く興味がありませんでした。

一時期『陰陽師』が映画等で流行った時も、一切の興味がわきませんでした。

それが今年の8月上旬頃、ある人に「京都、陰陽師」って調べてごらんと言われ、調べてみて何か引っ掛かり、その後“風鈴”の言葉で訪れたところが、『陰陽師』であったので、やはり気になりました。

検索するのが少し早かったりしたら、“風鈴”でこちらをヒットしなかったでしょうし(風鈴の記事をアップされた日に確か検索をしたと思います)、もう少し遅れていたら『ムーの式神』も私の手元に来てくれなかったのだなと思います。

全ては「今」がタイミングであり、やっとご許可を得ることができたのでしょう。

長い年月を経て、何かぼんやりとした灯りが暗闇の中でうっすらと灯っているのが遠目に見えます。

護符はしっかりとカードケースに納めました。

今年の年末まで、私をどうぞ『魔の物』からお護り戴けますように…

投稿: きみこ | 2011年9月11日 (日) 17時56分

きみこさん>それも不思議ですが、ご縁なんでしょうね。

式神護符がいまお手元にあることが、その縁が本当に引き寄せたかったことかもしれません。

万一のことがあれば、鑑定にお越しください。

投稿: narimichi | 2011年9月11日 (日) 19時47分

はじめまして。

質問なのですが、地震や津波、台風等の災害から多くの人を護る術は陰陽師の人もないのですか?

>>陰と陽、そして五行(木・火・土・金・水)の概念から、この世界の森羅万象を読み解く思想
自然災害(現象)は五行そのものという感じがしますが、そうだとするなら防ぐことはできないとは思います。
ただ、
人の暮らしを護ることはできませんでしたか?
“国のえらい人”が頼まないとできないのですか?
お金(対価)が必要だとは思いますが、それがあればできましたか?

それとも今の日本は
(“国のえらい人”に頼まれて)陰陽師の方がいろいろやった結果によるものですか?
愛する家族を友人を故郷をまもりたいという
陰陽師でもなんでもな一人ひとりの国民の想いは、
陰陽師の術にかなわないのですか?

災厄ってなんですか?地震や津波は災厄ですか?
人それぞれ受け止め方があるのか、陰陽師の方には定義があるのか知りたいです。

これらのことはムーを買って読めばわかりますか?

ハテナばかりでごめんなさい。
半年経っても、経ったから、やり場のない感情が顔をだします。
言えないことがあるそうなので、結局疑問は解決しないのかもしれないですが、、、
第27代・安倍成道が寄り添ってますよ、そう言ってもらえればそれでもういいような気もします。

投稿: manami | 2011年9月12日 (月) 01時16分

manamiさん>コメントありがとうございます。

残念ながら、大自然の理(ことわり)は、陰陽師の術でどうにかできるものではありません。

人的なものならともかく、自然に逆らうことはできないのです。

それは、たとえ、国の偉い人がどうにかしようとしても叶うことではありません。

陰陽師の役割としては、大きな災害のあと、心に傷を負った方々のケアをすることも大きいと考えております。

このあとの人生をよりよく生きて行くためのお手伝いが出来ればと思います。


投稿: narimichi | 2011年9月12日 (月) 14時36分

御回答有り難うございます。
陰陽師と言うには肉体的にも精神的にも限界まで修行し五感を研ぎ澄ます修行を幼い頃からするものなんですね。

また生き霊を封じ込めたビンがいつくもあると言う事に興味深いです。

実は深刻な話で
今現在、生き霊と言うか念を飛ばされております。勿論相手は分かっております。
生き霊は剥せど剥がせど再び憑いてしまうと言いますがムーの式神である程度は勘違いさせる事はできますか?
個別に式神を作って頂くとなると鑑定になるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

きっと御縁あって貴方様の様な陰陽師を知ることが出来たのだと思っております。

投稿: たっくん | 2011年9月12日 (月) 23時50分

たっくんさん>生霊かどうかは鑑定してみないとわかりませんが、早合点は禁物です。

その方にあった式神を作るためにはお会いして鑑定してからでないと無理なので、お時間がありましたらぜひお越しください。

そのうえでお役に立てればと思います。

投稿: narimichi | 2011年9月13日 (火) 08時55分

ありがとうございました。
質問ばかりですみませんが、縁切りの術みたいのも出来ますか?

宜しくお願い致します。

投稿: たっくん | 2011年9月13日 (火) 10時56分

たっくんさん>縁切り術はありますが、一般の方が無闇にやることはお勧めできません。

まずは鑑定してから切るかどうかも含めて判断させていただき、必要であれば施します。

時には自分に帰ってくることもあるので、思い込みすぎにも注意してくださいね。

投稿: narimichi | 2011年9月14日 (水) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470963/41588951

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊「ムー」10月号に掲載されました!:

« 運命の相手、宿縁の相手 | トップページ | 霊能力に関わる、五つの門 【第1回】 »