« 安倍成道の書籍発行 | トップページ | 年末の大掃除で運気を上げましょう~その1~ »

2012年11月29日 (木)

霊は脳がないはずなのに考えられますか?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

ブログ読者のキャンディさんからコメント欄に面白いご質問をいただいたので、今回はそれにお答えしようと思います。

ご質問は
「人は死んだら脳がなくなりますよね?
埋葬してしまうと、体がなくなるので。
なので死んで魂になったら脳がなくなるので考えることなどが出来なくなるんじゃないですか?」

というものです。

わたくしなりにおっしゃることをまとめさせていただきますと、要は人が死ぬと肉体の働きが止まり、細胞も神経も死滅してしまう。
そして、日本の場合は大半が肉体を火葬してしまうので、肉体そのものが消滅することになります。

人間の脳は言うまでもなく、動きはもちろん思考や記憶を司っている器官ですから、それが物理的に消滅してしまうと、霊体は何も考えられないのではないか、と思われているということですね。

ところが、わたくしが守護霊や人に憑いている霊、また、街なかのそこかしこに漂っている死霊たちを見ている限りでは、彼らは生きている人間と同じようですし、思いを伝えてきます。

つまり、死霊といえども心はあるようなのです。

死霊というのは、解釈的には魂そのものでもあります。
その魂はまた、心でもあるのかもしれませんし、心は魂に含まれているものなのかもしれません。

そもそも、考えるというのは解剖学的には脳の働きかもしれませんが、実態は心の動きではないでしょうか。

では心がどこにあるのか、というと、これはまだ現代科学でも明らかになっていない問題です。なかにはものを考えているのは脳ではないという説もあるほどですから。

陰陽師のわたくしが言えることは、先程も申しました通り、人は死んでも魂が残っている限り、心も残っているのと同じようなものだということです。

物理的な身体はなくなっていますが、魂が残っている限りは考えて話す(話すというより、伝えてくるといったほうが近いかもしれません)ことができるのです。

だからこそ、生者は死者を恐れて祀るのではないでしょうか。

陰陽師はそんな死者たちとコミュニケーションをとることができます。
鑑定では観ている方の背後の霊たちに問いかけ、必要な答えを引き出してお伝えしています。

もちろん、これは特殊な能力で有りますし、死霊が見える者が誰でも正確に死霊の思いを理解できるというわけでもないのです。

ただ、敏感な方であれば、たとえば守護霊の思いを察知して良き方へ動いたり、危険を回避していることはあるかもしれません。言葉でなく思念で生者を護っているわけです。

死霊にはそんな能力もあるのです。

いかがでしょうか。ご理解いただけましたでしょうか? 

わたくしの見ている光景をそのまま皆様にお見せできれば、もちろんそれがいちばんいいのでしょうが、あいにく、それはできません。
ただ、人間の魂がなくならなければ、思念は存続するということだけは覚えておいてください。

それではまた、このブログでお会いしましょう。

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイトの鑑定予約スケジュール表 をご覧の上、お問い合わせください。鑑定は土日祝日にも行っています。

なお、先にお知らせいたしました通り、12月1日より鑑定所が交通の便利な新宿南口に移転いたします。ぜひ新しい鑑定所にもお越しいただければと思います。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

公式サイト
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります)

■→メルマガ購読(無料)お申込みは公式サイトから!(クリックでジャンプします) 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

|

« 安倍成道の書籍発行 | トップページ | 年末の大掃除で運気を上げましょう~その1~ »

鑑定について」カテゴリの記事

コメント

心と脳の関係、おもしろいですね。
娘が6歳の時、子供用の人体パズルで遊んでいました。
胸についたドアを開くと食道、胃、心臓、腸などのピースがあり、それらを全部はめた後に「心はどこ?」と言って胸のあたりのピースをもう一度取り出し探していました。
子供ながら「心はこのあたり」と感じているのですね。見えないものだと知って驚いでいました。
魂は身体のどのあたりにあるのでしょうか。

投稿: 新井 | 2012年11月29日 (木) 11時12分

丁寧なご説明ありがとうございます♪
嬉しいです!
ただ、私が何故このようなことを疑問に思ったかと言うと、私は精神科に今通っているんですが(うつ病ではないですが)そこの先生に脳の薬をもらっているんですが、先生に「あまり薬を強くすると自分の性格そのものが変わっちゃうからね。」と言われました。
なので、やっぱり脳が全てなんだ、魂や心があるのなら、性格は変わらないはずだと思ったからです。

投稿: キャンディー | 2012年11月29日 (木) 23時06分

あと、この世をさまよっている霊たちは何故人の姿をしているんでしょうね??
よく人の姿をした霊を見る人いますが。

投稿: キャンディー | 2012年11月29日 (木) 23時08分

先日、娘と2人で伺った者です。その節はありがとうございました。
少しだけ見えた先生のオーラが、透き通った緑のような綺麗な色だったことが今でも心から離れません。
きっとご自分の心を痛めつつ、人のために何かをしなくてはという気持ちでおられるのでしょうね。
オーダーした先生の本が届くのを楽しみにしています。

ところで、先生に言って頂いたように、来年仕事を始められるように準備しているのですが、ちょうど「門を開く」という過去の記事を読ませて頂き気になりました。
そういうことがお願いできるものなのでしょうか。

投稿: まみ | 2012年11月30日 (金) 17時42分

肉体は滅んでも心は残る…

残留思念って言うか…人の思いが残ってる場所や物がありますがそれとは違うものですが?

投稿: マガミ | 2012年11月30日 (金) 18時26分

よかった゚+。(*′∇`)。+゚
では亡くなった私の大好きなおばあちゃんにも私の気持ちはちゃんと伝わるのですね…。

投稿: さやか | 2012年12月 1日 (土) 04時40分

霊って、なんて言うか、念の塊だと、思ってた。ただの、一つの感情だけが動いてるような、そんなイメージだったから…心があるとは…考えたくも無かったかな。
私、寝る時、と言うか、眠りに落ちると直ぐ、物が動く、てか、鳴るんです。いゃ鳴るから見に行くと動いてるって感じだけど。それの繰り返しで、三日くらい寝れなかったりする。
そう言うのにも、心とか考えがあるって思っちゃうと…ちょっと、迷惑かも。
助けてくれる人、近くにいないし…

投稿: 式 | 2012年12月 1日 (土) 08時29分

何回か鑑定してもらった者です。

富士山の絵を玄関に飾るといいみたいなこと聞いたので、飾ろうと思ってますが、赤富士と、昼間の雪がかかった富士山の絵、どちらがいいと思いますか?くだらない質問で、すみません。

投稿: あゆみ | 2012年12月 2日 (日) 23時20分

どうもはじめまして。
質問なのですが。

今日電車の中でブツブツと一人で話している方がいました。話しをよく聴いてみると、あたかも相手がいるかのようなしっかりとした会話でした。そのような方は一般的に精神異常として片付けられますが、その方はいたって普通の感じの方でした。中には精神に異常をきたし、独り言を話す人も居るのでしょうけれども、その方にはその異常さが見受けられませんでした。どこをみて正常と思ったのかですが、その方が発する雰囲気とビジュアル的な所です。なんの違和感も病的な感じもしなかったのです。こういった方達は実際に誰かと会話をしているのでしょうか?。こういった方を目撃するたび不思議だなと思っていた為、質問させて頂きました。そしてもしかすると、自分も気付いていないだけで同じ様な事があるのではないかと思いました。もし、有り得るのであれば、何か気付ける手段はありますでしょうか?。
よろしくお願い致します。

投稿: じん | 2012年12月 6日 (木) 00時21分

人は魂で考えるとしたら、
知能は脳と関係ないのですか?
つまり、バカは死んでも直らない。

投稿: みゆ | 2012年12月 7日 (金) 09時33分

新井さん>こんにちは。子どもにはわかるのかもしれませんね。本当に不思議です。

わたくしから見ると、魂は心臓のちょっと下あたり。お子さんの指摘はあっていると言えますね。

投稿: narimichi | 2012年12月10日 (月) 08時43分

キャンディーさん>こんにちは。質問にお答えさせていただきました。

いかがでしたでしょうか。

ちなみに薬は生物学的、物理学的な器官である脳や神経に作用するものなので、魂に関与しているわけではありません。

投稿: narimichi | 2012年12月10日 (月) 08時45分

まみさん>こちらこそありがとうございました。お子様連れも歓迎ですので、今後もどうかご遠慮なく。

オーラの色はご指摘のとおりで、まみさんの敏感な能力には驚きます。

そういう方は門を開くことも可能ですが、厳しい修行と時間が必要です。記事にあった通り、その門が開くかもわかりませんので、一般の方にはお勧めしておりません。

投稿: narimichi | 2012年12月10日 (月) 08時48分

マガミさん>こんにちは。

残留思念というのは、大掃除の記事で触れた念や想い、に近いものですし、なかには魂が見せているものもございます。

呪である場合もあるので、お気をつけ下さい。

投稿: narimichi | 2012年12月10日 (月) 08時51分

さやかさん>こんにちは。

そのとおりです。しっかり伝わっているはずですよ。そのお気持ちを大事にしてください。

投稿: narimichi | 2012年12月10日 (月) 08時52分

式さん>こんにちは。

だいぶお悩みのようですね。その現象が気のせいなのか、実際のものなのか、霊の働きかけによるものなのかは鑑定してみないとなんとも言えないのですが。。。

お越しになれるようでしたら、鑑定におこしください。

投稿: narimichi | 2012年12月10日 (月) 08時54分

あゆみさん>こんにちは。

結論から申しますと、玄関にはふつうの富士山の絵をおすすめします。

こちらの詳細についてはメルマガでお答えさせて頂きますね。

投稿: narimichi | 2012年12月10日 (月) 08時55分

じんさん>こんにちは。

こればかりは、実際に見てみないとなんとも言えません。電車の中には変わったことが多いといえば多いですが、人ごみにはけっこう霊がいたりするのも事実ですし。

基本的には、特に気付く必要はありません。憑かれてしまう恐れもあります。巻き込まれるのもよくありません。

ですので、くれぐれもお気をつけ下さい。

投稿: narimichi | 2012年12月10日 (月) 08時59分

みゆさん>こんにちは。

脳は現世を肉体でもって生きていくために必要とされるものです。そのためには知識はひつようですので、残念ながら、知能は肉体を持っている限りは必要です。

魂そのものが低級であれば、馬鹿は死んでも治らないとも言えるかもしれませんが・・

役割はそれぞれ違うもの、とお考えください。

投稿: narimichi | 2012年12月10日 (月) 09時02分

ご返答ありがとうございます。
気を付けてまいります。

また、何かありましたら
よろしくお願い致します。

投稿: じん | 2012年12月12日 (水) 12時58分

よくこの世をさまよっている霊たちは人の姿を、生きてたときの姿をしていると言いますが、何でなんでしょうね。あの世、つまり天国では死んだ人たちは幽体の姿、つまり生きていたときの姿でいるんですか?
だって、幽体がなくて魂だけだと誰が誰だかわかんないんじゃないかと思いまして><

投稿: キャンディー | 2012年12月14日 (金) 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470963/48021468

この記事へのトラックバック一覧です: 霊は脳がないはずなのに考えられますか?:

« 安倍成道の書籍発行 | トップページ | 年末の大掃除で運気を上げましょう~その1~ »