« 「絶界」「真界」とは、どんな結界か【その2】 | トップページ | 何もかもがうまく行かない時、何が起きているのでしょう?【その2】 »

2013年6月19日 (水)

何もかもがうまく行かない時、何が起きているのでしょう?【その1】

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

わたくしの鑑定所には不安や悩みを抱えた方が多くお見えになります。

また、このブログにもコメント欄や、ご質問メールを拝見すると、大変な悩みを抱えて「どうしていいかわからない」という方も少なくありません。

陰陽師のわたくしとしては、その方を鑑定することで、どうして現在のような状況に陥ってしまったのか、また、その悩みが嘘のように解決する時期や方法などを先読みからお知らせすることができます。

とはいえ、すべての原因を細かく観たりひとつずつあげていく時間もありませんので、基本的には、重要なことを重点的にお話するようにしています。

すなわち、転換点となっている、もしくはなることについてです。

人生は毎日、瞬間瞬間が選択の連続です。

そのなかには、大きく運命を変える選択がいくつか混じっています。

わたくしが鑑定で主に観るのはその選択点です。

そして、そこで出した答えに鑑定に訪れた方の性格や言動、生き方などが大きく関わっている場合は、その点を指摘させていただきます。

それは、もしかすると、聞かれる方にとっては辛いことかもしれませんので、あらかじめ「ハッキリとご遠慮なく申し上げさせていただきます」と前置きすることもたびたびです。

どうして、鑑定でそんなに辛いことを言わなければならないかというと、その場合、現在のままだと先読みの結果も決して良い方向に向かわないからなのです。

また、小さな選択でも同じ感覚のまま誤った方向へ選び続けると、本来向かうべき良い方向から大きく離れていってしまいます。

そこで、鑑定に訪れた方には、自ら現在の状況にはまっていってしまったことを強く自覚していただく必要があるのです。

ちなみに、何もかもうまく行かず、どうしていいかわからない程の状況に陥ると、人間は誰かのせいにしがちです。

その代表例が、霊ではないでしょうか。

確かに、陰陽師のわたくしから観れば、死霊はそこかしこにおりますし、生霊を背負っている方も少なくなりません。

では、うまく行かない人生はすべて霊のせいでしょうか?

これは、そうでもあるとも言えるし、そうでもないとも言えます。

長くなりましたので、続きは次回のブログでお話いたします。

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、お問い合わせください。鑑定は土日祝日にも行っています。

なお、先にお知らせいたしました通り、12月1日より鑑定所が交通の便利な新宿南口に移転いたしました。ぜひ新しい鑑定所にもお越しいただければと思います。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

公式サイト
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります)

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

|

« 「絶界」「真界」とは、どんな結界か【その2】 | トップページ | 何もかもがうまく行かない時、何が起きているのでしょう?【その2】 »

鑑定について」カテゴリの記事

先読み」カテゴリの記事

厄除け術」カテゴリの記事

開運術」カテゴリの記事

コメント

「〜のせい」にするのは、楽ですよね。自分が抱えきれない重荷を、近くの誰かに持ってもらうことですから。
「私のせい」と自分に引き付けるのも、本当は違う。

「こんなに重い荷を背負ってたんだ、大変だったね」とねぎらってもらいたいのか、「誰よこんな重たい荷を背負わせて!」と一緒に怒ってほしいのか、「よしよし、もう大丈夫よ、あなたは何もしなくていい。私に任せておきなさい」と代わってほしいのか、「いい加減にしろ!お前一人が苦しいのではない!」と叱ってほしいのか…。
一瞬でもその重たい荷物を忘れたい、重い思いをしたくないという逃避術の始まりが、「〜のせい」

本当はその抱えている問題を、抱えておく必要があるのか、手放せないのかからスタートして、重たいという認識が間違ってないか、何か別のこととすり替えてないか…いろいろ検証するチャンスのはずが、「〜のせい」に酔っちゃうと、見えなくなってしまうのですね。

ちょうど成道さんに指摘していただいたところだったので、あれこれ考えていました。
今朝、夫に「私に魅力ないの?」と訊いたら「そんなことないよ」と即答で返ってきました。
たぶん私が答えてほしかったのは、その先の「じゃあ何故?」に対する答。

一問一答で満足せず、対話を問題解決の糸口にする人にとっては探究心や強い好奇心があるのだと思います。
それで、周りの反応や自分に起きている不可解な現象を、「なぜ?」と手当たり次第に投げ掛けるのですが、納得のいく答どころか、対話にすら乗ってこない、最悪無視と放置となるから苛立つ。

では自分は誰に無視、放置されたと感じたのか問うと、かなり身近な家族だったり自分自身だったりします。
それを何かのせいにして、うさ(憂さ)を晴らしているうちは、思い出せない。
そして何をしたかったのか、何を知りたかったのか、自分が忘れてしまう。

鑑定の数日後、私の実家に帰って、二日間過ごしました。
母ととりとめもない話を、山のようにしました。
自分の今の状況、夫とのこと、新しい家の話、夫の実家のこと。
考えたら小さい頃は、父にも母にも話しかけづらく、うっかり声をかけると私が聞かされ役になったり、仲裁をするはめになってしんどかったんだと思い出しました。

いまはめんどくさいので、仲裁はしません。
日本語から日本語への通訳と翻訳ばかりしています。
わかるように話してほしかったから、誰にでもわかるように説明しようと努力して、今の私になれたのですね。
でも、伝えたい意思が見えない場合は難作業です。

投稿: もとこ | 2013年6月19日 (水) 12時10分

>おかおさん

私で良ければ、会いにいきましょうか。

と言っても、まさかここに住所を書いてもらうわけにもいかないし、私は鑑定も除霊もできないし、医者でもカウンセラーでもありません。
何ができるわけでもないけど、なんとなく、もし私がおかおさんの立場だったら話し相手が欲しいかなと思ったのです。

話し相手って探すとなかなか見つからないですもんね。
私も去年一昨年と荒れましてね。カウンセラーは合わないし、お医者さんは忙しそうだし、友人は忙しそうで声もかけられないし、
それでも夫がいてくれたから、変な方向に走らずに済みましたが。同居家族って話しにくいんですよねー。特に肉親だと、うるさいわうざいわ鬱陶しいわ、話さなきゃ良かったってこともたびたび。

私、一人旅好きなんですよ。どうしようもなくなると、何にも決めずに知らない街にポコッと行って、食べたことないものを食べ、見たことないものを見、動きたければ動き、知らない人に教わって、いつもと違うことをたくさんしてくるんです。別に関係を維持しようとか、仲良くしようなんて考えません。一回ポッキリだからできることです。

いまでも、旅という大がかりなものではありませんが、隣町をぶらぶらしてくることはあります。
お茶代だけで気分が晴れるなら、長い待ち時間と多額の検査費用をかけてわかってるんだかわかってないんだかわからない医者にかかるより、はるかにマシで健康的になります。思いがけず、名医を教わったことも。

ほんと最近、話し相手に事欠いて、神社の神様や、木の上のカラスに話しかけちゃうので、見た目は変かも。
でもこんな私で良ければ、首の痛い者同士、話が合うんじゃないかなぁ。


ってすごく遠くの方だったらどうしようと、内心どきどき。

投稿: もとこ | 2013年6月19日 (水) 13時23分

こんにちは!
私の傍にも人生が上手くいかないのは霊のせいだと思っている人がいます。
それだけが原因ではないよと何度となく伝えているのですが、私が未熟過ぎるからか、身内の言うことを受け入れられないのか、霊のせいだと思っているほうが楽だからか、彼の考え方、物事の捉え方は未だに変わっていないように感じます。
人は承認と称賛が欲しいのはわかっているつもりですし、仕事では、なるべくそれらを取り入れるように心掛けてもいます。
私の全ての愛情を彼に注ぎたいと思い、意識的に彼がやってほしいと思うことを実行し、4~5年前からは罵声を浴びせられながらも、なぜ彼は今、こんな精神状態になっているかを私なりに探りながら愛情を注いできたつもりでした。
でも、今は私がやってきたことは間違っていたのではないか?と思う時があります。
私が初めて先生の鑑定を受けた時は、彼からたくさんの傷を受けすぎて自分はただの肉の塊だと思うほど、病んでいました。
私は長年、彼と向き合うことで自分にたくさんの傷を作り、彼のことを信頼できなくなっていき、心の距離をとるようになっていきました。
私が離れていくことで、彼も楽になり、人生も好転していくのでは?と何度も何度も考えたりもしました。
私は、仕事に打ち込もうとすることで、色々なことをごまかしてはいますが、今のままでは、まずいようにも思います。
彼はまた、先日からテンションが下がっていると言い、私の存在と現状を受け入れられないみたいです。
未熟な私は、今はただ、彼のことを見守ることしかできないのかもしれないと思うのですが、それでいいのでしょうか?
ブログのコメント欄なのに、こんな質問&長文、申し訳ありません。

投稿: piasu | 2013年6月19日 (水) 13時45分

成道さん、今回のblogの内容、今の自分にぴったりな内容なので、続きを楽しみにしています。そして、アドバイスありがとうございます。参考にさせて頂きたいと思います。本当にこの9年間、自分に何が起こってしまったのか早く鑑定して頂きはっきりさせたいのですが、今はまだ体調や状況を考えると当分無理みたいなので、少しずつでも鑑定して頂ける日が来ますよう、気長に待ちたいと思います。

投稿: おかお | 2013年6月19日 (水) 14時08分

人生って難しいですよね。ほんとに嫌になってしまうくらい毎日が選択の連続。ただ生きている以上、選択する事は必須でそれをやめてしまう=命がなくなってしまう事なのかなぁ、私は思っています。私に関してはしょっちゅう間違った選択をしてしまったと思ってしまいます。難しい…。

あと、うまくいかない時は誰かのせいにしてしまう…。私もあります。「あの人のせいだ」とか。けれど実は自分が悪かったりとかするんですよね。重い荷物は背負いたくないと人になすりつけてしまう。私がそうです。なので、霊のせいにするという事も私は嫌いです。そう思わないようにしてます。確かにそれが原因の事もあるかと思います。でも先生がブログでもお話されていたようにメンタル的な事の方が多いのかなと思います。今の時代、いろんな所にストレスの元があり発散もなかなかできないように感じてしまいます。(私が下手なだけかもしれませんが)。霊だって元は悪い人は
いないのではないかと(あくまで私個人の意見です)。だから何かあった時すぐに「絶対霊のせいだ」と言うのは私は違うような気がするのです。。私の人生も過去にも色々あり今もうまくいってません。これもすべて私が過去にしてきた事が原因なんだと思っています。全部自分のせいなのですね、私の場合は…。だからこそ「今すべき事をしなければ」と思ってます。

投稿: 沙耶香 | 2013年6月19日 (水) 18時17分

 はじめまして。初めてメールさせていただきます。梅雨が本格化してまいりました。おからだは大丈夫でしょうか?初めてなの方にこんな書き出し申し訳ありません。ですがふとそう思ったのですこの時期に霊的な感情で体調を崩される方は多いのでしょうか?私も自分がパソコンなどをしてる影響からかよく肩が凝ります。それは最近なかったのですが。今日人の集まるところでパソコンを開いていると肩が凝ってきまた。電磁波のせいなのでしょうか?それともただの?時々寒気も感じるようです。成道さんはどう思われるでしょうか?冷房の効いていないところです。私は時々おなかが痛くなる時があります。そんな時手術後のがおおいのですが痛くなくなる痛くなくなる・・・と自分に言い聞かせますそうすると痛みが消えます・・・やはり霊的な何かなのでしょうか?一度自分の生活習慣と食事習慣を見直してみたいと思います。成道さんアドバイスありがとうございました、それでも痛い時は鑑定お願いしてもよろしいでしょうか?お願いできるときを願いまして失礼いたします。
長文での質問失礼いたします。 

投稿: てまり | 2013年6月19日 (水) 21時13分

人様のブログで勝手にいろいろ話してしまって申し訳ないと思いつつ、また書きに来てしまいました。しかもブログとは関係ない話…。すみません。

おかおさん、
昨日の運転のお話、読んだ瞬間に「きゃー!! そんな体調で運転なんかしたらいつ事故を起こしてもおかしくないのよーぉ(。>д<)」と、思わずダッシュでおかおさんの所には駆け寄って、無事に生きているおかおさんを、ギュって、抱きしめたい気持ちで一杯になりました。

確か遠いところにお住まいでしたよね。
でも気持ちでは「無事でよかった」とギューっと抱きしめさせていただきました。

体調が落ち着くまでは運転はしない方が良いのですが、たぶん、生活する上で必要なのでしょうね。

さんざんな日、というよりはその状態で運転して無事でよかった♪な1日です。

めまい、いつでも容赦なくなのですね。

数年前に立ちくらみが酷く、自分が頭をうって倒れた音で、自分が倒れた事に気づいた頃がありました
確かその頃横になっていてもまわりが、回りがだす感覚もあったと思います

役に立つかどうかわかりませんが書きますね
(その時は私も病院に行っても、血液検査しても原因が見つからず、本当に悲しくて情けない気持ちでいっぱいでした)

したにある物をとるとき
頭は下げずに、体を真っ直ぐに顔も出来るだけ正面を向いた状態で、ゆっくりしゃがんでとるようにしてください

立っているときにめまいがしたら
とにかく直ぐにしゃがんでください
何よりも倒れたら危険ですからね
落ち着くまでは頭を下げずに目を閉じてじっとします

寝ているときにめまいがしたら
仰向けの状態になって、目を閉じて額に手を当てて、意識を額に集中させて、ゆっくりと深呼吸を繰り返します。
手を当てる額の位置は、眉間にシワが寄った時の眉間の辺りです。額に当てる手は、掌でも指先でも、自分か楽に感じる方法で大丈夫です
目に力をいれないように気を付けます
リラックスしながら、意識だけ集中

寝ているときにのめまいについては、これをベースに、仰向けより横向きのが楽なら横向きで、意識の集中がめまいを酷くするようなら、意識を楽にしてら、目を開けていた方が楽なら目を開けて、起き上がった方が楽なら、ゆっくりと体を起こして座った状態で
など調整します

急に体制を変えないでくださいね。
そして、必ず倒れる危険のない姿勢でいてくださいね

既にいろいろ試されているとは思いますが、
上記をまだ試したことがないようであれば是非(^^)d

あ、あと耳の後ろ(頭と首の境あたり)から首の後ろ、肩周辺のリンパマッサージも役に立つかもしれません♪

投稿: 雪守 | 2013年6月19日 (水) 23時20分

こんばんは!
仕事の合間に書いてます(笑)
やっぱり私には、黙って見守ることはできなくて、仕事前に一時間ほど話し合いをしました。
互いに自分の思いや考えを言い、時間が無くなったので、話し合いを終えました。
もう、8年ほど一緒にいますが、いつになったら、落ち着いた関係を築けるのかしら( p_q) 

投稿: piasu | 2013年6月20日 (木) 00時57分

こんばんは

自分は岡山県に在住なんですがよくこのサイトをあてにして探索しているのですが、次は由加山のお札の家にいく予定なんですがもう結界はられたとか聞いていませんか?
少し遠いので行ったら何もなかったなんて、嫌ですから^^;
(★staffより★サイトのURLは掲載を見送らせていただきました。特定サイトへのアクセスは事故につながる場合や、広告になってしまいますので、ご了承下さい)

投稿: 白夜&さかがみ | 2013年6月20日 (木) 00時57分

もとこさん、ご心配ありがとうございます。遠いど田舎ですし、この間行った総合病院の耳鼻科で出た薬で、余計めまいや吐き気がひどく、歩く事も困難な状況になり昨日一日中寝ていました。お礼のお返事遅れてしまってすみません。とてもお気持ち嬉しかったです。

雪守さん、いつもアドバイスをしてくださって心配してくれて、ありがとうございます。アドバイス参考にさせて頂きますね。仕事はもう、これだけ休んで迷惑かけて体調も戻らず、復帰は無理かと。。。
去年は面接で採用になり行く手前で原因不明の立ちくらみで仕事を泣く泣く断り、とても優しい方々だったので「今回は縁が無かったという事で」となった時、凄いショックだったのに、今年また、5月からめまいがひどく、今回も優しい方々が沢山いる職場だったのに…。

辞めたくありません。

前に成道さんにアドバイスされた部屋の段ボールなのですが、もちろん片付けた方が部屋の気の巡りがよくなるのは分かっていますが、やはり段ボールに磁気をはったのを後ろの家の方角に向けて自分を囲っていないと、携帯も触れないし床にも座れない程感電するので、片付けたくても片付けられません。鑑定して頂き結界を張って頂ければ安心して外せるのですが。。。
本当は胸の検査も一年経ち、胃の検査も一年経ったので検査しなければいけないのですが、治療費と体力がありません。両方時々痛いのですが、やはりめまいの方が日常生活に支障がある為そちらが優先になって。

成道さんの次のblogの続きを楽しみにしております。お体にお気をつけて(私がいうなという感じですが)お仕事頑張って下さい。お会い出来る日を楽しみにしております。

投稿: おかお | 2013年6月20日 (木) 09時53分

成道さん、まさに私が成道さんが話すべきだと思っていた内容です。霊の影響はあります。他人から思考をもらったりすることもあります。
でも、人はそれぞれ役割を果たす力を与えられていると思っています。
続編を楽しみにしています。

投稿: つかさ | 2013年6月20日 (木) 11時48分

成道さん、はじめまして。半年前このブログに出会い、本の付録の式神、そして待ち受け試させて頂きました。その効果は目には見えませんが、護られているような、自分ではどうする事も出来なかった問題が日に日に解決しています。成道さんのお力の強さ、そして過酷な修業をされこうやって色々な人を助けるお役目をされている事に御苦労様ですとお伝えしたくてコメントしました。事情あって鑑定に伺う事出来ませんが、ブログでヒントを頂きながら頑張ってみようかと思います。そして、コメントで交流の場になってるのは素敵な事だと思います。人間味のある方々がいて世の中捨てたものではないなぁと。コメントでもヒント頂いてます(^-^)

投稿: ゆり | 2013年6月20日 (木) 12時15分

成道先生

こんばんは
最近また仕事が忙しく(ややこしくなったものに巻き込まれぎみ)で、疲れぎみ。
そして、旦那さんの仕事も休み返上になることが多く、結局なかなか伺えそうにありません。
旦那さんがちょっと先生のところに行くのを怖がっているというのもあります…

早くつれていきたいとちょっと焦りぎみでしたが、仕事に忙殺されて、ゆっくり眠れなくなっている旦那さんを今は暖かく見守りつつ、しっかり支えて行こうと思います。

相当長い間憑かれていた私だって、いつも不幸だったわけではないし、振り回されることなく楽しく明るくしっかり生きていた時期も半分くらいはあったのです。

心のケアをしっかりしていれば、仮に旦那さんに何かが憑いていたとしても、きっと大丈夫!!
と、前向きに!!

そう言えば、果物がおいしく食べられます♪
嬉しいです♪
そして、今日新しくお友達が増えました。
もうここ何年も自分から誘うという行動をしていませんでした。でも、迷わず行動できたし、よい結果でした。

本当にここ数年、どれだけマイナス思考になっていたのでしょうね
いまでも、家に帰ったらまずシャワー!!続けてます。

色々連れて来てしまったかもしれない何かは洗い流してさっぱりです♪

投稿: くまごん | 2013年6月20日 (木) 23時02分

>おかおさん

お返事を有り難く拝見いたしました。
おかおさんは、ずいぶん明るくなられましたね。
痛みや苦しみはまだおありのようですが、最初の頃の印象とずいぶん変わってきたように感じます。視線が、おうちのお部屋の中から、遠くの目標に向いてきたような。

私はおかおさんが強い力をおもちなのだと思います。成道さんが過去に記事にしていらした、「力の強い人は、よからぬものも寄せてしまいやすい」という話が、おかおさんの姿を通して学べた気がします。
それでも、ご自身で乗り越え、対処できるから、そのような試練が与えられるのでしょうね。


雪守さんの身体面や気の持ち方のアドバイスは、私も参考にさせていただいています。
こうしたありがたい学びができるのも、おかおさんがお辛い中、率直に、ご自身の思いや状態を綴られてきたからでしょう。

しかしこうやって、誰かのことを心配しながら、ああしたらどうか、こうしたらと我がことのように考え意見を交わすのもいいことかもしれませんね。
いずれ、おかおさんも、誰かを励ます側になられるのでしょう。

今回は、私が、ここで、学ばせていただいて、励まされているんだなあと感じました。

投稿: もとこ | 2013年6月20日 (木) 23時34分

こうして見ていると、皆さん色々なご意見や体験があるのですね…。毎回見る度に思います。私の悩みなんて小さく思えてしまい、こんな事でご相談にお伺いしていいのかと感じる事もしばしば…。でも以前のブログで相談内容に優劣はないとおっしゃっていたのでそのお言葉を支えにしてます。
私の場合は同じ間違いの選択はもうしたくないと、数々の占いサイトを使い結果がみなバラバラで余計悩んでしまい鑑定へお伺いしました。結果、よいアドバイスをいただきお伺いしてよかったです。ですがまだまだご相談したい事もあり、自分自身追い込まれております…。次回お伺いした時お話できればと思っています。今月の鑑定はあいにくいっぱいと言われ取れなかったので来月お伺い予定です。よろしくお願いいたします。

投稿: 沙耶香 | 2013年6月21日 (金) 08時54分

おかおさん、こんばんは。

新しく生まれたおかおさんの命、ちょっとずつ、少しずつ生きていますか?
後ろに下がる時もある。それでもゆっくり、生きていますか?

今の自分を、
「そのままでよいのだ。いろいろできない自分でも、それが自分がこれから少しずつ育てて行く自分なのだ」と、愛情を注いであげていますか?

1日を無事に過ごせたらよかったと喜んで、自分を誉めてあげていますか?

せっかく出会えたお仕事辞めたくないですよね。
優しい人たち…

でも、焦ってしまったら、どんどん後ろにさがって行ってしまうと言う事も忘れないでください。

前回のおかおさんのコメントにありましたが、その人たちは「今でも優しい人たち」ですか?
「働き始めた頃は優しかった人たち」になってしまっていませんか?

いま直ぐにその職場に戻ると言うことは、その人たちの自分を見る目を変えさせるほどの気持ちと気力が必要になるかもしれない。

もしかしたら、また自分には声をかけてくれずに皆で出掛けてしまうかもしれない
もう優しくしてくれないかもしれない

そんな事があっても心が折れていたらまた同じことの繰返し
それに立ち向かう覚悟はありますか?

それでも耐えて頑張る強さが必要になるかもしれません
収入の為と割りきる強さが必要になるかもしれません

おかおさん、
本当はその事に気づいていらっしゃるのではないですか?

いまの職場に今の契約内容で戻るという選択をするのであれば、皆と仲良くする事まで望んではダメですよ。

どんなに望んだとしてもそれが叶うかどうかは、自分が 決める事はできないからです。

うまく行くかもしれない、けど、うまく行かないかもしれない

なるようにしかならない
のです

叶えられる事は一つずつです

体調、仕事、交遊関係、一つずつ順番に

私は思うのです
今までも優しい人たちのいる会社に出会えたのであれば、今の会社ではなくても、これからも出会える
と信じて、「今にしがみついてしまわない」事も大切なのではないかと…

投稿: 雪守 | 2013年6月22日 (土) 00時01分

もとこさん

実は私はもとこさんのコメントで驚いた事があるのです
小さい頃から不仲な両親の通訳をしてきた事

泣いたり怒ったり責めることばかりの母と、飲んだくれてなにも聞こうとしない父の間に、物心がついた頃からたっていた自分を思い出してしまいました

きっと自分を責めてしまったこともいっぱいあったでしょうね

私は、寧ろもとこさんのコメントに心動かされています。私こそ勉強させていただいています

投稿: 雪守 | 2013年6月22日 (土) 00時12分

もとこさん、コメントありがとうございます。もっと強い人間になりたいです。どちらかと言うと、母や姉の方が強い気がします。何かあっても二人とも、すぐイビキかいて寝てるし、何かあっても動じないし。でも、自分にも、そういう所が少しでもあったらいいなと思います。
雪守さん、おっしゃる通りで驚きました。本当に人生色々です。ただ波乱万丈でなく、人並みな生活がしたいんですけど、次々何かあって。でもみんな色々悩みはあって、言葉や顔に出してないのかもしれませんしね。自分だけが辛いのだと思わないようにしなければいけませんね。

投稿: おかお | 2013年6月22日 (土) 10時52分

雪守さんのお言葉、大変心に染みました・・。私もおかおさんと同じようなことが過去にあったもので、当時の自分を思い出しながら拝見しました。私も体調面から辞めざるおえなくなった時この職場から離れたくないな、と思った事があります。でも私には雪守さんがおっしゃる自分を見る目を変える強さはないと思い割り切りました。その後良くなり違う職場に行ってみたらそこも皆さんいい方達でした。そこで「環境を変えるのも悪くない」と思え、前向きになれました。そんな経験があったのでつい投稿しました・・・。

何度も失礼いたしました(^-^;たくさんの良いコメントがあり本当に毎回丁寧に拝見しています。ブログのコメント欄の他に皆さんが交流というかお話をできるようなBBSページみたいなのがあったらいいなぁ、と思いました。皆さんすごく良いお話されてるので(o^-^o)

投稿: 沙耶香 | 2013年6月22日 (土) 11時26分

成道さんそっちのけで話が進んで申し訳ないです。

きっと、おかおさん以外にも、様々なご事情で成道さんのところに行きたくてもいけない方がいらっしゃると思うのですね。
私や雪守さんが味わったような、誰にも声をかけることができず、たった独りで悶々としている方が。

私はそういうどうしようもない苦しみを味わっている方に、何がなんでも働けとか自立しろというのは酷だし、ましてや無視するのも違うと思ったのです。
私自身がそうだった時に嫌でしたし。
では、私はどうして欲しかったか考えたら、何かしら考えるのを手助けして欲しかったのです。
悶々状態にあると、自分では同じ考えばかり浮かんで、出口が見えません。そこに水を注すなり火をつけるなりして、発想の転換をはかりたかったんです。

私、おかおさんには、まさにその転換が必要だと思いました。
成道さんが投げたロープでもなく、雪守さんが渡そうとしたものでないなら、私はおかおさんに直接「何が必要?」と訊いてみようかと思いました。
でも、おかおさんは既にご自身で何とかする意欲と自信をチラリとですが、示されました。
ならばもう、軌道に乗せるだけ。

雪守さんがいままでずっと諦めずに、次々に提案していかれる姿には感服しました。その気迫だけでも、変なものは近づけなくなったでしょう。
でも既にたくさんの対処方法が示されて、おかおさんの選択肢としてはもう十分でしょう。
って思いました。

ちなみに結婚を期に、私は両親の通訳はやめました。私抜きの二人で暮らしていくんだから二人でうまくやって、と丸投げです。
両親間の通訳活動は、私自身を納得させるためにやっていたみたいです。おかげで、いろんな方の言葉を翻訳(日本語から日本語へ)できるようになりましたし、自分の考えを変えるネタにはこと欠かなくなったので、両親の不仲に感謝です(笑)。

投稿: もとこ | 2013年6月22日 (土) 13時11分

おかおさん、
ゆっくり、一つずつ 、のんびり頑張ってください
おかおさんならきっと大丈夫です
だって、自分でちゃんときづいているのですもの

先生の以前のブログにもあったように、心の声をしっかり聞いてあげてくださいね
本当の声に気づかなかったふりりをしないで…

もとこさん、
本当にそうですね。いつもありがとうございます。そして。またいつかお話しできたら嬉しいです

沙耶香さん
お互い頑張りましょうね♪

そして 先生、
先生のブログで勝手にいろいろ話してしまって申し訳ありませんでした
いつも先生の記事や、先生の思慮深いコメントから多くの事を学ばせていただいております
そして、これからも楽しみにさせていただきます。
いつもお元気でいていただけるようお祈り申し上げます

投稿: 雪守 | 2013年6月22日 (土) 21時06分

成道さん

本日は家族3人で伺い、鑑定して頂きありがとうございました。

すっきりした事もあったのですが、帰ってからどうしても疑問が残ったので教えて下さい。

家族(子供まで)を置いてまで好きになってしまう人ができて、でもその人ともうまくいかず、元の家庭にも戻れずその後の人生は辛い事ばかりになる。。事は
今回避できたようなのですが、そちらを選ぶと明らかに私の人生は辛く大変になっていたという事ですよね。

友人はいついつ悪縁の男性と出会うが悪縁なので気をつけて下さいと、内容まではっきり教えて頂いていたのですが、私の場合も明らかにそちらを選択すると人生大変な事になっていて避けなければいけない事だと思うのですが、前回の鑑定で具体的な内容をお話頂けなかったのは何故でしょうか?
むしろ、そういう最悪の事態にならないよう旦那さんとの関係を良好にしていって下さいと言われた方が納得がいくというか・・。

文字なのできつい感じに読めていまうかもしれないのですが、前回ではなく今回事態を避けられてから教えて頂いたのは何故かなという単純な疑問でした。

投稿: MIYO | 2013年6月23日 (日) 22時37分

もとこさん>こんにちは。

いろいろコメントありがとうございます。

まずはもとこさんご自身のことについてですが、家族というのは身近なようでいて、実は相手についてよく知らなかったり、空気のような存在になってしまったり、”家族”という形態でつながっているだけの場合もあります。

そのなかで奮闘されたもとこさんですが、現在のスタンスでもうよろしいと思います。

お疲れ様でした。

一人旅も誰にも気を使うことがなく、いい気分転換でリフレッシュするには良かったのでしょう。

おかおさんについてですが、プライバシーをお教えするわけには参りませんので、その気持ちだけでおねがい致しますね。

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 09時30分

piasuさん>こんにちは。

彼はあれこれ考えてくれるpiasuさんに甘えている部分もあると思いますね。

未熟どころか、piasuさんはすごく生真面目に彼のことを考えすぎていると思いますよ。

衝突はあるかもしれませんが、時に突き放すことも必要です。

鑑定に来ていただいたほうがよろしい時期かもしれません。

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 09時35分

沙耶香さん>こんにちは。

6月は早めに予約が埋まってしまいまして、申し訳ございません。

「その2」で書かせていただいたことも合わせてお考えいただければと思います。

霊のせいの場合だけでなくご自身のもっているものが影響する場合もございます。

詳しいことは鑑定の際にお伺いして、先読みからアドバイスさせていただきますね。

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 09時39分

てまりさん>こんにちは。梅雨時は、じめじめしていて体調を崩しやすいのは事実ですが、そこはできるだけ気をつけております。

お気遣いありがとうございます。

さて、肩こりの件ですが、一日パソコンに向かっているstaffさんに聞いてみたところ、電磁波というより、同じ格好でいるので凝ってしまうようです。

妊娠を考えてる女性の場合は、専用の電磁波遮断エプロンなどもあるようですね。

霊的な何かで寒気や痛みを感じているのかどうかは鑑定させていただければと思います。

特に痛みを感じていない時でも(むしろ、そういう時のほうがお越しいただきやすいとおもいます)お気軽においでくださいね。

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 09時45分

雪守さん>こんにちは。

すっかりわたくしのお株を奪われてしまった感じですが・・(笑)。

これも雪守さんの貴重な体験からの良いアドバイスになると思います。

なにより、現在は力を取り戻されているのですから。

学んだり、学ばせられたり、気付かされたりと、人生にはまだまだ知らなければいけないことがたくさんありますね。

明日が今日よりよくなることは、確実にあるのです。

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 09時49分

白夜&さかがみさん>こんにちは。

何度も申しますが、本当にどういう理由であれ、心霊スポットへ近づくことはできるだけおやめください。

また、わたくしども陰陽師はそういう場所の除霊をしたり結界をすることが主ではございません。(持ち主の方から依頼があれば別ですが)

むしろ、もっと万人の集まる場所、昔から張られている結界の補修などはしておりますが・・・

繰り返しますが、取り返しの付かない状態になる場合もありますので、本当におやめいただきたいと思います。

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 09時53分

おかおさん>こんにちは。

ということで、おかおさんを中心に皆さんがいろいろなアドバイスをされてくれております。

参考になりそうなことは取り入れていただくと良さそうですね。

皆さん、立ち直っているのですから、おかおさんもきっと抜けだしていけるはずです。

会社も、変わることになっても、いまは、色々な場所を見て勉強する時期なのだ、と思うこともできるでしょう。

ブログを更新しましたので、そちらもご参照くださいね。

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 09時57分

つかささん>こんにちは。

おっしゃるとおりです。人は、影響を受けやすいのです。

ブログを更新しましたので、よろしければ感想をお寄せ下さい。

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 09時58分

ゆりさん>こんにちは。

ブログや書籍などもご愛読いただきありがとうございます。

深刻な悩みを抱えている方には実際に鑑定させていただいて、その方にいちばんあったものをお渡ししたいのですが、ご事情があるとのこと。

事情が赦すようになりましたらおいでいただければと思います。

コメント欄もヒントになっているとのことで、嬉しい限りです。メルマガでもコラムを連載しておりますので、そちらもよろしければお読みいただければ幸いです。

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 10時02分

くまごんさん>こんにちは。

旦那さんも、来られるときにはあっさり来られるようになることでしょう。

焦らずに、その時を待ってみて下さい。

現在はくまごんさんも調子が良いようで安心してあります。その心の透き通っていく感覚をしっかり覚えておいてください。

人生には波がありますから、うまく行かずに凹むときもありますが、そんな時はうまくいっていた時の感覚を思い出すことも効果がありますよ。

旦那様とおいで頂ける日をお待ちしております。

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 10時07分

MIYOさん>こんにちは。こちらこそ、ありがとうございました。

最近はMIYOさんのように夫婦やご家族で訪れる方も増えていて嬉しい限りです。

さて、疑問に思われた件、ごもっともですが、結論から申しますと、わたくしには、MIYOさんが悪い方の選択をしないことがわかっていたので、あえてお伝えしなかったのです。

もうひとつ、家庭を置いてまで好きになってしまう人がいる状態のMIYOさんに「旦那さんとの関係を良好にしてください」とお伝えした所で、それは届くような状況ではありませんでした。

むしろ、意固地になって逆の方向にはしってしまう可能性があったのです。

というように確信がある場合、わたくしの言動で悪い方向に走ってしまう場合はわたくしもあえてそれに触れません。

納得いただけましたでしょうか?

投稿: narimichi | 2013年6月24日 (月) 10時13分

>おかおさん
いびきは、、、我が家もヒドイです。今は夫が、以前は両親がゴーゴー。
ただでさえ寝不足+寝付きが悪い+眠りが浅いところにゴーッと来ると、「ねかせてくれぃ」と腹も立ちます。でもどうやっても、夫が先に寝ちゃうんです。

そこは職に就いてない者の特権を取り出し、私は夫のいない昼間にちょこちょこゴロゴロ寝て、どうにか補っています。

夫に言わせれば、私みたいな生き方が羨ましいそうです。
深く考えてもお腹壊さないし、悩んでもご飯が食べられる。なんだかんだと解決していっちゃうことも、成道さんのような強力助っ人を見つけてくることも、あちこちで、おかおさんや雪守さんのような、どこか自分に似た人とお友だちになっていくことも、昼寝も(笑)、「自由に生きられていいなぁ」だそうです。

ほんとにものは考えようかもしれません(笑)。

投稿: もとこ | 2013年6月24日 (月) 15時19分

沙耶香さんのおっしゃるBBS的なものも、一つの形として、ありだと思いました。

今回やりとりさせていただいて、もし、ここにいらっしゃる方に、普段ふらっと訪ねて愚痴をこぼしたり、弱音を吐いたり、軽くおしゃべりする場があったなら、もう少し楽に生きられるかなと思ったのです。

リアルでも、成道さんを囲んでの茶話会みたいな感じで、「私の時はこんな感じだったよ」的なごくごく軽い話が聞ける場があったら、とか

ぼやっとしていますが、…

投稿: もとこ | 2013年6月24日 (月) 15時38分

先日はありがとうございました。
私自身にはまったく問題がないときっぱり言って頂いて
とても救われました。

そして、絶対に鑑定にいくことはないだろうと諦めていた彼が
鑑定の予約を取らせて頂きました。

本当に万策尽きて、痛みは増し悪化しています。
当日タクシーでお伺いできたとして
座ることが出来ない状態なので、失礼な体勢になってしまうと思います。
大変申し訳ありませんが、
私も付き添ってお伺いしますのでよろしくお願いします。
席を外した方が良ければ外して
終ったら迎えに行かせて頂きたいと思います。

こんな状態ですが、二人でお伺い出来ますこと
何か見えない力に後押しされているようで
神様に感謝したい気持ちでいっぱいです。

とてもとても大事に思っている人です。
先生と初めてお会いした時からずっと
自分の事よりも彼のこと馬のことばかりでした。
馬を彼を守りたいと一心に思い続けていること
先生はすべておわかりでしたよね。

当日は必ず無事に彼を鑑定室に連れて行きます。
どうぞよろしくお願い致します。

投稿: りか | 2013年6月26日 (水) 21時27分

もとこさん>こんにちは。

BBSは管理上の問題もありますので、こちらでは検討しておりません。

申し訳ございません。

お茶会についてですが、それぞれの方のプライバシーもありますので、そこが難しいところですね。

いちおう検討はさせていただきます。

ご意見ありがとうございました。

投稿: narimichi | 2013年6月28日 (金) 00時40分

りかさん>こんにちは。

彼の状態が心配ですね。ですが、来ていただける決心をされたのであれば、体調が悪いことを言っていただければ楽な格好で鑑定をさせていただきます。

鑑定時は、基本的には席を外していただくことになると思いますのでご了承下さい。

おふたりでお越しいただく日をお待ちしております。

投稿: narimichi | 2013年6月28日 (金) 00時43分

いえ、そこは謝られるところではないと思いますよ。
あくまでこのブログの主体は成道さんですから(と私も気安く呼べる立場でもなかったですね)、どうぞお気になさらないでください。

ただ、少なからず、コメントに現れないだけで、雪守さんのような親身のアドバイスやその姿勢から、学んで立ち直られた人がいたであろうことを私も感じたので、沙耶香さんのアイデアを推させていただきました。

本音を言うと、早いうちに霊能者という言葉が死語になるくらい、霊も含むみんながみんな、自分のことくらい自分でどうにかできる世の中になったらなぁとおもっています。私がなってない(笑)

投稿: もとこ | 2013年6月29日 (土) 22時30分

もとこさん>こんにちは。

自分で自分のことをどうにかしようとしても、それはうまくいかないことが大半です。

だから人間は集団を作って生きているのではないでしょうか。

そして、別の人の知恵や意見を参考にして立ち直っていく。それはそれで、素晴らしいことと思いますよ。

投稿: narimichi | 2013年7月 3日 (水) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470963/52097358

この記事へのトラックバック一覧です: 何もかもがうまく行かない時、何が起きているのでしょう?【その1】:

« 「絶界」「真界」とは、どんな結界か【その2】 | トップページ | 何もかもがうまく行かない時、何が起きているのでしょう?【その2】 »