« 社会で悪いことが連鎖して起こる理由は!? | トップページ | 庭にびわの木を植えると病人が出る?【その1】 »

2013年7月18日 (木)

故人の思いが引き起こす祟りもあります

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

前々回から不幸が連続して起こるお話をしていますが、ここではじめに紹介した、鑑定に訪れた奥様のケースに戻りたいと思います

■不幸の連鎖が続くのはなぜ!?
http://onmyozi.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-fbfc.html

お鑑定に来られた奥様を鑑定で見てみると、実家がゴミ屋敷状態でした。そして、そのゴミの山をひとりで片付けている奥様の姿が観えました。

さらに、強い怒りの感情――これは霊のものですが――も感じられます。

当然ですが、ゴミ屋敷状態の家は御度もよどみ、良いことなどひとつもありません。

鑑定に来られた奥様にそれを告げると、「現在の義母をいびっていたという姑さんの位牌がそのゴミの中に埋もれていた」というのです。

奥様が見かねてゴミを整理していた時に発見したそうで、仏壇にもお祀りしていませんでした。もちろん、いびられた怨みからそのように放置していたようで、当然、墓参りもしていないということでした。

義母はその位牌を観るのもイヤだそうで、発見された位牌は台所の隅のジメジメした場所に現在は置かれているそうです。

鑑定で観た光景と霊の怒り、そして奥様の話を聞いたわたくしは顔をしかめるしかありませんでした。

原因ははっきりしています。間違いなく、姑さんの祟りでしょう。

姑さんは49日で成仏したかもしれませんが、死後、こうもぞんざいに扱われては怒るのも当然です。

姑さんにとっては自分が住んでいた家にお盆などに帰って来ますが、これでは気持よく帰ることができません。

お墓は、これも以前お話しましたが、霊たちにとって祭りで集まって騒ぐ場所でもあるのです。祭りと祀りは字こそ違えど、根底にあるのは霊のための場所を提供すると共に、敬う場所でもあります。

鑑定に来られた奥様が自宅で感じた女性の霊は、一族の中で唯一、自分の位牌を見つけて整理してくれた人に、姑が存在を示したのです。そこにすがるしかない霊の哀しみも伝わって来ました。(他の方は誰もその部屋をせいりしようともしなかったようです)

この場合の祟りを鎮めるには、まずゴミ屋敷状態を解消して、姑が生きていた時のようにきれいにすること、きちんと位牌を仏壇に収めること、そして墓参りもきちんとすることです。

それをしてくれそうな人間が唯一、その奥様だけだったので存在を示したり、何もしない一族に不幸という形で自分の存在を思い起こさせようとしたのです。

これは、たとえば祟りを起こしていると言われた偉人などが、その祟りに畏れを抱いた為政者によって丁重にお祀りされ、時代を経て神様になっていく過程に似ていますよね。

きちんとお祀りして霊廟や神社を設けたことで、哀れに思った人々が参拝し、為政者たちも祟りを沈めようと祈りと許しを請うことで、祟り神が善き神へと変わっていくのです。

そういう点では、霊もやはり人間と同じように心を持っていると言えます。

さて、このブログ記事をお読みのあなたの場合はどうでしょうか。ご心配の方は鑑定にお越しください。祟りでもほかの霊の仕業でなければ、それに越したことはありません。

また、不幸が続くと心身が弱っている場合もありますので、式神をお持ちいただくことで身にふりかかる不幸を身代わりとして受けさせて避けることもできますので。

場合によって、住んでいる場所の問題が絡んでいることもございますので、それも含めて鑑定させていただきます。

それでは、またこのブログで、鑑定所でお会いしましょう。

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、お問い合わせください。鑑定は土日祝日にも行っています。

なお、先にお知らせいたしました通り、12月1日より鑑定所が交通の便利な新宿南口に移転いたしました。ぜひ新しい鑑定所にもお越しいただければと思います。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります)

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

|

« 社会で悪いことが連鎖して起こる理由は!? | トップページ | 庭にびわの木を植えると病人が出る?【その1】 »

陰陽師の除霊術」カテゴリの記事

鑑定について」カテゴリの記事

式神」カテゴリの記事

厄除け術」カテゴリの記事

怖い話」カテゴリの記事

コメント

過去の記事を繰り返し読んでいます。お陰様で神社へ行く際、(市内や県内の神社)土地の歴史・神社の意味合いなどを調べる習慣が身に付きました。
有り難うございます。

今回の内容で、10年以上前から起きている事があります。それは『名前を呼ばれる』です。
"何やってるの!!"、"危ない!!" この様な時に掛ける呼び方です。(下の名前で)
一緒に暮らしていた祖母が他界してから始まりました。台所に居るときに限って呼ばれます。(祖母の声で)その後は母(元気です)。
最近は聞き覚えのない『年配の気品が感じる方です』
きっと、事前に注意を呼び掛けてくれていると勝手な解釈をして、感謝していましたが…。
さすがに、聞き覚えがない声には何が違うと感じます。これは何の現象(兆候)でしょうか?

投稿: 日々勉強中!! | 2013年7月18日 (木) 10時53分

日々勉強中!!さんへ

私もつい最近、同じようなことがありました。
休日に2度寝してウトウトしていたら
寝室には誰もいないのに右側から
「み…ゆ…」って苦しそうな女性の声が聞こえてきました。
自分を下の名前で呼ぶのは親族以外いないけど、
あのような声は聞き覚えがないので不気味でした。

あと、家に一人でいる時に誰もいないのに階段を昇り降りする
音が聞こえることが何度かあります。
それはご先祖様が墓参りを催促しているしるしだと
噂に聞いたことがあるのですがどうなんでしょう。

投稿: みゆ | 2013年7月18日 (木) 18時30分

日々勉強中!!さん>こんにちは。

ブログご愛読ありがとうございます。もうだいぶ記事の数もあるので大変かと思いますが、参考になれば幸いです。

名前を呼ばれる件は不思議ですね。台所にいるときということで、おばあさまの声でついおせっかいを焼いていたのかもしれません。

声が変わったのは、さらにひいおばあさまがその役を買ってでたのかもしれません。

詳細は鑑定しないと確定はできませんが、機会があればお越しください。

投稿: narimichi | 2013年7月19日 (金) 10時23分

みゆさん>こんにちは。

それは少し不気味ですね。家の中に出没するのは必ずしも先祖の霊だけとは限りませんので。

まずは、実際にご先祖のお墓に参られてみて、それでも収まらない場合は鑑定所にお越しください。

投稿: narimichi | 2013年7月19日 (金) 10時26分

先生こんにちは。

私も日々勉強中さんやみゆさんみたいに誰かに名前を呼ばれた事があります。最近はめっきりないですがかなり前に男性とも女性ともわからない声ですが耳にはっきり残ります。夜中と朝でしたが朝の時は名前を呼ばれ目を覚ましたら起きなきゃいけない時間だった事があります。(ちなみに唯一の家族の母は寝てました)。誰かに起こしてもらったと勝手に解釈し心の中でお礼を言ってみました。

あと前回のコメントのお返事ありがとうございます。
実は父・父方の祖父・ご先祖代々は墓は一緒に入ってますが山形にありここ10年くらい行けてません・・。田舎には祖母がおりその家に位牌・仏壇もあります。毎日かかさず祖母はお墓に行っていたようです。ただ2年くらい前に祖母が骨折し入院してから恐らく誰も行っていないと思われ、仏壇もどうなっているかもわかりません。祖母は現在も入院中なので・・。やはり呼んでいるのでしょうか。6月に行く予定でしたが行けなくなってしまったのですが、やはり1度行かなければいけないかもですかね。最初に書いた名前を呼ばれた件も祖母が入院して半年か1年後の昨年だったもので・・。
ちなみに今抱えている悩みを父がどう思っているか、聞きたいというのもあります(^-^;ですが以前見ていただいた時は「近くにはいないのでお言葉を伝えることはできないがすごく心配している強い想念は感じる」と言っていただいたのですが、想念だけでももし何か訴えていた場合はなんとなくでも何かわかりますか?わかるのであればまた聞きたいと思っています。

投稿: SAYA | 2013年7月19日 (金) 12時32分

こんにちは。
以前、鑑定を受けた時に確認したのですが、わからなくなったので再度、確認させてください。
もし仮に私に何体か憑依しているとして、除霊や結界を張っておらず、自宅のみに結界を張っていただいた場合は、憑依している霊は結界内に入ることはできますか?
憑依している霊は結界内に入ることはできても、憑依ではなく、ついてきた霊は結界内に入ることができない・・とかなのかな?と、わからなくなったので教えていただきたいです。

投稿: piasu | 2013年7月19日 (金) 14時37分

すみません。ひとつお尋ねしたいのですが、鑑定の予約を予約専用フォームから携帯で三回ほど送信しているのですが、うんともすんとも返信がございません。営業時間外に送信しているからでしょうか?

投稿: のーにん | 2013年7月20日 (土) 01時59分

成道先生へ
お返事ありがとうございます。
来月、お墓参りへ行こうと思います。

お忙しいところ申し訳ありません。
もう1つ質問なのですが、成仏された方が
生きている方に霊障を引き起こすとか
憑依するということはあるのでしょうか?

私の中で成仏というのはこの世に対する執着を捨てて
次に生まれ変わる準備をするという解釈なので
今回のブログの姑さんの状況がよくわかりません。

先生は上記の場合、どのような対処をされるのでしょうか?
一旦、成仏した霊でも除霊することはあるのですか?

故人に対して失礼かもしれませんが、
ブログの姑さんは生前の行いが原因で
このようなぞんざいな扱いを受けているのですよね?

あの世に行ったときに(閻魔様の前で?)
生前の行いを全部見せられて
反省しなかったのですかね?

自分の生前の行いを棚に上げて、生きている人に迷惑をかけたら
この姑さんの霊にも何らかの天罰が下りませんか?
この姑さんの霊がこの世でやりたい放題なのは
納得いきません。

私には霊は見えないので、あの世の事や
あの世のシステムがどうなっているのか
わからないので教えてください。
よろしくお願いいたします。

投稿: みゆ | 2013年7月20日 (土) 20時34分

先日は鑑定いただきありがとうございました!
その時にうかがえばよかったのですが改めてご質問させて下さい。
亡くなった家族やご先祖様、例えば親などですが、生前その故人が知らなかったことは死後の世界に行くと全てわかってしまうのでしょうか?例えばですが、子どもの過去や現在の所業(良いこと悪いこと共に)は生前には親に知れる事がなくても親が死後霊的な存在になれば全てお見通しということになるのでしょうか?またそれは身内以外、知人、友人が故人となった場合はどうなのでしょうか?
いずれにしても改めてご先祖様への感謝を忘れないようにしないといけませんね。

投稿: キングフィッシュ | 2013年7月21日 (日) 10時58分

みゆさんの質問は自分も気になります。

ブログの姑は生前
家族に恨まれるようなことを
やらかしてたものの
普通の人間で
なにかしら不思議な力を
生前から持ってた訳ではないですよね。

なのに
死者になったとたん、
生きてる人間に祟りを
及ぼすほどの力を発揮するなんて
死ねば誰もがそんなこと、
できちゃうもんなんですか?

投稿: りかりか | 2013年7月23日 (火) 19時51分

みゆさんの質問は私も同じでした(^_^;)コメントを書いては消しの…繰り返ししてました。

成道さんか伝えたい事は、そこ!じゃないんだろうな…とか考えて。
死者は不満があっても、現実の掃除は出来ませんしね(>_<)

逆に、生きてる人が持つ…死者への恨みや怒りで、
死者が苦しむことってあるのでしょうか?

感謝や大切に思う心が無くて、形式的な供養でも意味があるのでしょうか?

質問ばかりですみませんm(_ _)m

投稿: かおり | 2013年7月24日 (水) 22時44分

SAYAさん>こんにちは。大変お待たせいたしました。

なるほど、先祖のお墓はそういう状態ですと、動ける子孫の誰かに来て貰いたいという気持ちから呼ばれたのかもしれませんね。

お父様は、前回の鑑定時にはお近くにおりませんでしたが、霊も動きますし、より心配であれば想念が強まっている可能性もあります。

投稿: narimichi | 2013年7月31日 (水) 22時00分

piasuさん>こんにちは。

簡単にお答えすると、人間に憑いている霊は結界内に入ることができます。これは、憑かれている方が結界を張ってあるわたくしの鑑定所に入ってきて祓われることでお分かりかと思います。

詳細については長くなりますので、メルマガで近々解説させていただきますね。

投稿: narimichi | 2013年7月31日 (水) 22時02分

のーにん様>お世話になります。

その後、返信はありましたでしょうか? コメントにメールアドレスの記載が無かったので照合ができませんでした。

こちらもシステムの変更などがあり、設定に不備があったかもしれませんので、ご不安なときはお電話で平日にご連絡いただければ確実かと思います。

お手数をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願い致します。

投稿: STAFFより | 2013年7月31日 (水) 22時05分

みゆさん・りかりかさん>こんにちは。

同様のご質問でしたのでまとめてお答えさせていただきますね。

霊になった途端、すごい力が得られるわけではありません。この場合は、姑さんの念が強かったのです。

また、納得が行くいかない、の世界ではないこともご理解ください。霊のいる世界に関してはわたくしでもまだわからないことだらけなのです。

投稿: narimichi | 2013年7月31日 (水) 22時08分

キングフィッシュさん>こんにちは。

そんなに亡くなったからすべてお見通しになるというわけではありませんよ。

背後霊としてずっと憑いていれば、憑いている間の行動はわかってしまいますけどね。

先の質問の答えと同じで、死後の世界にいる霊たちがどう過ごしているかは謎が多いのですが、さほど気になさる必要はないと思いますよ。

投稿: narimichi | 2013年7月31日 (水) 22時11分

かおりさん>こんにちは。

実は、かおりさんのおっしゃることが、姑の霊の行動を引き起こしたのです。

怒りと言うよりは、悲しみに近い感覚です。成仏された霊が人に影響を及ぼすときはそうしたケースが多いように感じます。

それと死者を恨んでも、おそらくは苦しむことはないと思いますが、あまり良いことではありません。

形式な供養でも、足を運んだり、お供えしたり、掃除したりと、それだけでも立派に故人を偲んでの行為ですよ。

投稿: narimichi | 2013年7月31日 (水) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470963/52499588

この記事へのトラックバック一覧です: 故人の思いが引き起こす祟りもあります:

« 社会で悪いことが連鎖して起こる理由は!? | トップページ | 庭にびわの木を植えると病人が出る?【その1】 »