« 過去にとらわれず、この先を光明に導く──それが陰陽師の鑑定です | トップページ | 暑い夏に陰陽師は何を食べていたのでしょう【第一回】 »

2016年8月23日 (火)

擬人式神と陰陽字について

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

私の鑑定室で鑑定をされた方には、式神を差し上げています。

式神には「思業式神」「悪行罰示式神」「呪実業式神」ほかいろいろな種類がありますが、鑑定室でお渡ししているものは「擬人式神」といわれるもので、ご当人の身代わりとなって災厄を受けとめるという役割を持たせています。

どのようにつくるかというと、相談者の御度(気・オーラ)を少しいただいて、人形(ひとがた)に切った紙に移し、ご本人の身代わりになるよう呪(しゅ)をかけてつくります。

その擬人式神をカバンや財布、手帳などに入れて常に携帯していると、その人に起こる災厄がご本人の分身である擬人式神に引きつけられ、災いを受けとめてくれるのです。

身代わりとなって災いを受けとめた擬人式神は、紙に負担がかからないようなところで保管していたとしても破れます。

紙の劣化によって、折り目や角が切れるのとは、明らかに異なる破れ方をしていたり、時には焦げたような跡が残っていることもあります。

さて、この擬人式神に呪をかける際、人形に書くのが「陰陽(いんよう)字(じ)」です。

この陰陽字を始めて見る方から、「それは梵字ですか?」と聞かれることがありますが、そうではありません。

陰陽字は私たち六家の陰陽師のみが使用している呪術的な文字です。

一文字ごとに意味があり、術の媒体にするためのもので、記したところに術の効果が及びます。

私は相談者の方の御度を読み取り、その方に合った陰陽字を擬人式神に記し、呪(しゅ)をかけています。

六家の陰陽師が術をかける際には、必ずといっていいほど、この陰陽字を使います。ちなみに手で組む「印」には、この文字を象ったものがあります。

結界を張るときなどは、地面に足で陰陽字を書いて術を施します。陰陽字は術を施す際に欠かせないものなのです。

鑑定室でお渡ししている擬人式神は、この陰陽字が大切な意味をもっています。

実は擬人式神が身代わりとなって破れる際には、人形の紙が切れるのではなく、文字から破れていきます。つまり、呪(しゅ)を込めたところから、破れていくということです。

人形の足に書いた陰陽字が切れていたり、肩の陰陽字から始まって袈裟懸けに敗れていたり、時には心臓の場所の陰陽字に穴が開いていることなどもありますが、陰陽字がその人の「どこ」を守ったかということは、その破れ方が如実に示しています。

月に一度は式神を取り出して、破れていないか確認してください。

破れた擬人式神はご自身の身代わりになってくれたものなので、感謝の気持ちを込めてお焚き上げを行なうようにしましょう。

もちろん鑑定室に持って来ていただいてもかまいませんが、特に儀礼的なことをする必要はありません。ご自身で焼いていただいてけっこうです。ただし火の取り扱いには十分お気をつけください。

お財布やカバンなどに入れている場合、擦れなどによって破れることが多いものですが、「劣化によるものではない・・・」と思うような切れ方をしていて不安な場合には、その擬人式神を持ってぜひ鑑定にいらしてください。

状態を見てアドバイスをいたします。そして鑑定後には、また新しい式神を差し上げます。

最近、式神を手に取って見ていないという方は、ぜひ一度ご確認ください。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとな

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« 過去にとらわれず、この先を光明に導く──それが陰陽師の鑑定です | トップページ | 暑い夏に陰陽師は何を食べていたのでしょう【第一回】 »

陰陽師について」カテゴリの記事

陰陽師の除霊術」カテゴリの記事

結界」カテゴリの記事

式神」カテゴリの記事

厄除け術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470963/67142744

この記事へのトラックバック一覧です: 擬人式神と陰陽字について:

« 過去にとらわれず、この先を光明に導く──それが陰陽師の鑑定です | トップページ | 暑い夏に陰陽師は何を食べていたのでしょう【第一回】 »