« お盆の迎え火と送り火には特別な意味があります | トップページ | 秩父の三社で龍脈・地脈の御度をいただきました【第2回】 »

2017年8月17日 (木)

秩父の三社で龍脈・地脈の御度をいただきました【第1回】

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

今回は、ブログをお読みいただいている方々に、一つご報告をしたいと思います。

かねてから多くの方々にご要望をいただいていた神地(パワースポット)へのバスツアーを、先日、実施いたしました。

二十四節気でいうと「小暑」の節気にあたる7月12日、関東地方の梅雨明けも間近に迫った季節に、お申込みいただいた44名の参加者とともに行ってまいりました。

始めにおことわりしておきますと、今回の神地バスツアーについては、私の鑑定を受けたことがある方で、メルマガ会員の方に限って、告知をさせていただきました。ご案内の届かなかった方は、申し訳ありませんが、その旨ご了承ください。

私としては初めてのツアーで、試行錯誤しつつの試みでした。参加希望の方の声が多ければ、もう一度年内にツアーを企画することを検討しておりますので、またの機会をお待ちください。

今回の神地ツアーでは、日本でも有数、関東でも最大級の龍脈・地脈が通る地域を選びました。

埼玉県は秩父にある「三峯神社」「秩父神社」「聖神社」の三社です。

どの神社も、地下に流れる脈の御度(おど)が、豊かに溢れ出している素晴らしい神地です。

特に今回、私がぜひともこのツアーに組み込みたかったのが三峯神社でした。

秩父三社の一つで、奥宮が鎮座する妙法ヶ岳と、雲取山、白岩山の三山が連なる地域にあるこの地は、古くから多くの人々の信仰を集めてきた神地。龍脈・地脈双方のエネルギーが溢れ出ており、皆様ぜひ参拝していただきたいと考えていました。

さて、龍脈・地脈についてはこのブログで何度か説明していますが、知らない方のために、簡単に説明しておきましょう。

神地(パワースポット)がある土地の下やその付近には、"大地の脈"ともいえる御度(気)の流れが存在します。それが、「龍脈」と「地脈」です。

日本列島を人の身体に例えていうと、龍脈は動脈、そして地脈は静脈のようなもの。

龍脈と地脈はエネルギーの流れが逆になっており、龍脈は勢いが強く、熱いエネルギーを放出しており、地脈は穏やかで冷たいエネルギーを放っています。

どちらが「良い」「悪い」というものではありません。真逆の、強い力をもつエネルギーだと思ってください。

龍脈と地脈はうねるようにして日本列島を縦断しており、それらの脈上には古から聖地と称される神社仏閣、聖域などが散在しています。

今回の神地巡りでは、そうした龍脈・地脈のエネルギーを強く感じられる秩父の地を選び、皆様と一緒に巡らせていただきました。

また今回の神地ツアーでは、参加者の皆さん全員に、私が特別に力を込めた石を進呈いたしました。

この石には、当日に巡る神社の御度と同様の御度を込めており、ご自宅に置いておくことで、その空間に神地のパワーを再現できるよう術をかけています。

最初に向かったのは聖神社です。

行くまでの車中では、私がバス内を移動して参加者の方々と談笑し、これから向かう神社についてお話ししたり、日頃の陰陽師の暮らしぶりや、私が体験した修行などについて説明したりという機会を設けさせていただきました。

これだけ大勢の方々と、近い距離でお話しする機会はこれまでなかったので、私としてもとても有意義な時間をもつことができたと思います。

さて、目的地に到着すると、参加者の皆さん一人ひとりに石をおわたしし、全員で聖神社に向かいました。

日本で初めて自然銅(ニギアカガネ、和銅)を産出した土地が近隣にあり、日本で最初の流通貨幣である「和同開珎」鋳造の契機となった神社とされている聖神社。

地元の人からは銭神様と呼ばれており、
金運を向上させるのに良いとされています。

この神社が建つ地に流れているのはどのようなエネルギーかというと、実は地脈です。

静かな佇まいの神社で、境内には落ち着いた、
穏やかな御度が流れています。

多くの場合、仕事での成果がその人の金運を左右します。

地脈のエネルギーを受け、沈着冷静な判断力が高まることで仕事上の実績も挙がり、結果として金運が向上する。そうした効用がこの神社にはあります。

そのような地脈のパワーをよく感じられるのは拝殿付近ですが、実は他の空間に、もう一カ所あります。

それは、拝殿の向かいに立つ御神木です。

この付近には特に、心を和ませるような優しい御度が流れています。寄り添うようにして立つ二本の御神木が象徴していますが、この付近には恋愛成就にも効果の高いエネルギーが溢れているのでした。

このように、同じ神地内でも、
異なったご利益を得られる神地は少なくありません。

穏やかに包み込むような地脈のエネルギーを受け、より和やかな雰囲気になった参加者の皆様と一緒にバスに戻り、私たちは次の目的地である秩父神社に向かいました。

続きは次回のブログでお話しさせていただきます。

それでは、また。このブログでお会いしましょう。

8月の鑑定日を追加しました※

追加日は10日(木)23日(水)、28日(月)になります。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

※なお、8月12日(土)~18日(金)までは成道氏が修行で帰省のためお休みとなります

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« お盆の迎え火と送り火には特別な意味があります | トップページ | 秩父の三社で龍脈・地脈の御度をいただきました【第2回】 »

厄除け術」カテゴリの記事

開運術」カテゴリの記事

金運」カテゴリの記事

パワーアップ」カテゴリの記事

パワーストーン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1470963/71445475

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父の三社で龍脈・地脈の御度をいただきました【第1回】:

« お盆の迎え火と送り火には特別な意味があります | トップページ | 秩父の三社で龍脈・地脈の御度をいただきました【第2回】 »