陰陽師の修行

2017年12月25日 (月)

良き新年を迎えるためにしておきたいこと

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

2017年もあと僅かです。皆さまはきっと毎日忙しくお過ごしのことと思います。

仕事や忘年会、年末のあいさつ回りなどでこの時期は例年なにかと動き回ることが多い時期ですね。

この時期にやっておきたいことといえば、大掃除です。

会社でも自宅でも、1年の汚れを落とす年末の恒例行事ですが、この時を利用して不要なものはどんどん処分してしまいましょう。

風水的にも大掃除は家の中の御度の回りをよくすることになりますから、良い年を迎えるためには大変役に立つ行事です。

残念ながら縁が切れてしまった相手の思い出の品などは、念が篭っている場合もありますから、心を新たにして次へ向かうためにも思い切って捨てたり、買い取りに出してしまいましょう。

さて、もうひとつ、年賀状は皆さまお出しになりましたか?

今ではSNSやメールで済ませてしまう方も多いですし、プリント年賀状を利用される方も多いでしょう。

陰陽師の立場から言わせていただくと、関係を深めたい相手、親しい相手、尊敬する相手などへの年賀状は、肉筆で一言でも書き加えていただくのが理想です。肉筆は、書くことでひとつの呪となり、良き思いを伝えやすいのです。

忙しくてまだ書いてない方は新年になってからでも構いませんので、必ず一言、相手のことを思って書き添えていただければと思います。

年を超えてからしておきたいことも書き添えておきましょうか。


というのも、わたくしどもは年始はおせちを食べる間もなく、結界を見張り、調子を見るために山ごもりすることになるからです。

「あけましておめでとうございます」をみなさまにお伝えする余裕もありません。逆に、皆さんが安心して新年を迎えることが出来るよう、魔が結界内へ入ることのないよう、しっかり見張り、広い地域を守る結界に破綻がないかも含めて見守らなければなりません。


と、わたくしはそんな年越しをするわけですが、皆さんは年越しで初詣に行かれる方もいるでしょう。

わたくしは神社に参拝する時は、家で塩を入れたお風呂に使って身体を清めてから向かっっています。みなさんも余裕がありましたら、ぜひ参拝前に身体を清めてみてはいかがでしょうか。ただし、湯冷めには十分お気をつけてください。



また、初詣に行かれる際は、地元の氏神様の神社にも忘れずに参拝を。こちらは土着の神様という性格が強いのですが、地元で土地の力が強い場所にあるはずですから、その力の及ぶ地元で暮らしているので、しっかり参拝したいですね。

参拝といえば、去年の御札やお守りも忘れずにお持ちいただいて、1年の役目を感謝してお収めしましょう。

夏や秋などに行った神社のものは、まだいいでしょう。期間はだいたい1年が目安です。できればお求めいただいた神社に収めて炊き上げしてもらうのがいちばんなのですが、旅行で訪れた遠方の神社などの御札ではそうも行かない場合もあります。その場合は最寄りの神社に収めてください。

年越しの楽しみといえばおせち料理です。最近では和風だけでなく中華や欧風など、グルメなおせちも増えましたが、縁起食にはやはりそれならの根拠がありますし、食べることで身体の中に取り込みますから、厄払いや身体を整える役目もしっかりあるのです。

そういう意味では、昔ながらの伝統的なおせち料理をお食べいただくことをお薦めします。


若い方はふだん口にしないものも多いと思うのですが、偏った食生活を正月くらいは正してみるという意味でもよろしいのではないでしょうか。

さて、新しい年がどうなるのか、気になる方がただいま、鑑定所に多くいらっしゃっています。来年のことを言うと鬼が笑うと申しますが、陰陽師のわたくしにとって、鬼は怖くありません。


年明けは、6日の土曜日から鑑定をさせていただきます。

少し早いですが、本年は皆さまにお世話になりました。来年も皆さまが幸せな年を過ごせるよう、お祈りさせていただきます。


それではまた、このブログで鑑定所でお会いましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

※年末年始は12月30日~1月5日は鑑定はお休みとなります。

※予約受付の連絡は12月29日~1月4日までお休となります。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

霊との交流会?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

祖先の魂を迎える行事、お盆がもうすぐやってきます。
そこで今回は死者の魂(霊)について、お話してみることにします。

霊と交信する会――交霊会(降霊会)というものがあります。

これは19世紀にアメリカで始まって、
たちまちヨーロッパでも大流行になりました。

日本でも有名な大学の学者たちが立ち会って、
真剣に交霊会が開かれていた時代があったのです。
これは決して昔の話ではなく、
いまでも青森県の恐山には、イタコと呼ばれる女性たちがいます。

彼女たちは、自分の身体に死者の霊を降ろして、
わざわざ恐山までやってきた家族と会話をしてみせるのです。

彼女たちのように、霊を降ろす(陰陽師は「寄せ」といいます)ことができる人を、
「霊媒」と呼びます。

よく勘違いされるのですが、
霊媒は自分の身体を霊に明け渡してしまうので、
直接、霊と会話をすることはできません。

そこで、交霊会で重要になるのが、霊と会話をする人物です。

これを「審神者(さにわ)」といいますが、

本当に目的とする霊が降りてきているのかを判断し、
もしも動物霊などのいたずらであることがわかれば、
叱り飛ばして追い返すだけの強い力が必要とされるのです。

したがって審神者は、交霊会においては、
霊媒と並ぶ重要な役割ということになります。

ところで私たち陰陽師の修行にも、
自分の身体を霊の容れ物にするという修行があります。

つまり、霊媒になる修行です。

私も昔はずいぶんとやらされたものですが、
何事にも得手不得手というものがあるようで、
残念ながら霊媒の修行はあまり得意ではありませんでした。

理由はおそらく、私の我が強かったせいなのでしょう。
身体を霊にあけわたすことに、どうしても抵抗があったのです。

でも、思えばそれも一理あるのです。

私たち陰陽師であっても、
霊に身体を支配されてしまう危険は常にあるからです。

そこで私たちはこの修行のときには、
あらかじめ霊を閉じ込めるための特別な結界を張っておきます。

「不浄(ふじょう)結界」というのですが、
そうしておけば、もしものときに、被害が外に広がらないですむわけです。

私たちでさえ、そこまで慎重にやらなければいけないもの――。

それが霊との交流なのです。

一般の人が安易に関わるべきでないことは、いうまでもありません。

ちなみに、霊媒になれる人は、
どちらかというと先天的な素質が重要なようです。

霊媒の素質は、
眠っているときの体験で、ある程度の判断ができます。

半分眠って、半分目が醒めているような状態で、
自分が「寝言」のようなことをいっているのに気づいたことはありませんか?

気がついているのに、やめようと思ってもやめられない。

それは、身体に霊を「寄せ」ている状態とよく似ています。

もしもそんな体験が頻繁にあるのなら、
あなたには霊媒の素質があるのかもしれませんね。

それではまた、ブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

お子さんの進路が心配な親御さんへ

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

最近は受験も様変わりして、教育熱心なご家庭では幼稚園から、大学や専門学校では一般受験に先がけてAO入試や推薦入試などもあるようです。

お子さまの受験で悩んだ親御さんが鑑定に訪れることも多いため、わたくしにも現在の受験も、方法こそ変わったものの、どこを選ぶかで親子ともども悩み、意見がぶつかるのは昔と同じということはわかります。

受験をするのはお子さまなので、どの学校を本命にするか、滑り止めをどこにするかを観てほしい、とお子さまをお連れになる親御さんもいらっしゃいます。

鑑定すれば、未来の様子から最終的にどこに行けば幸せになっているかをわたくしは観ることができるのですが、その答えをそのままお伝えすることはできません。

それは運命に干渉しすぎてしまうからです。そして、わたくしに依存するようになってしまいます。これは何度も申し上げてまいりました。

もうひとつ、先読みの結果が必ずしも受験に成功して幸せになっていないこともあるのです。

受験の時、どちらかと言えば熱くなっているのは親御さんです。

我が子には幸せな未来を歩んでほしいから、できるだけいい大学に頑張ってほしいと考えられるのは、親として当然でしょう。

うちは勉強はともかく、小さな頃から陰陽師として父に厳しく仕込まれました。

同じように、鑑定所にお子さまを連れてこられる方の場合、教育に関してはふだんから力を入れていらっしゃるようです。

ところが、お子さまとふたりで鑑定を始めると、親御さんの熱量はどこへやら、お子さまは正直、「今の自分では難しい」とか、「悪いけれど専門学校に進みたい」と、親御さんの熱意とまったく別の方向で自分の進路を考えていたり、分析していたりするのです。

その考えをふだんから話し合っている親子の場合は、私の前で口論が始まったりする場合もあります。

これは珍しいことではありません。親の熱意は、現実を見えなくさせてしまい、お子さまの気持ちがないがしろになってしまうのです。

わたくしも小さな頃から厳しい修行を積まされてきました。言うまでもなく、立派な水の家系の陰陽師を継ぐためです。

しかし、わたくしは実家を出て世界放浪の旅に出てしましました。

窮屈で仕方なかったからです。

ところが、今は父に課せられた修行で陰陽師として術を使うために必要な心身を作り上げ、陰陽師として皆さまのお役に立っています。

親御さんとしては、お子さんの進路の確実な方向へ進む未来を先読みしてもらいたいというお気持ちは痛いほどわかります。

しかし、実際は親御さんの希望通りとは限りません。

それでも、ご本人が幸せで、親御さんも笑っている未来が先読みできれば、その方向へ進むのがいちばんなのです。

最近では大学に入っても辞める人が多いそうです。つまり、入学してもそこから先は別の道を選ぶことになるのです。

運命はどこかに合格すれば成功、ではありません。むしろ、そこからです。

先読みでは、受験結果次第でみなが暗い顔になる分岐も見える場合もあります。その場合優先するのは、お子さんが納得してよりより道に進むことです。

それ以上の細かいことはお教えできません。ただし、受験を後押しする式神を授けることはできます。

進路の鑑定は、親御さんの未来を観ることでお子さまを間接的に観ることができますので、親御さんだけで起こしいただければと思います。

そろそろ受験準備が始まっているようで、相談も増えております。

まず、親子の歩調を合わせてあげること、お子さまの意見も聞くことも大事ですよ。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************


にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

新年を前にしておきたいこと

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

2016年も、もうすぐ残りわずかですね。

この時期は仕事も忙しく、受験生の方は最後の追い込みにかかっている頃と思います。

今年、いいことがたくさんあった方も、そうでない方も、年末にはこれまでもブログやメルマガで書かせていただきましたが、いろいろな面で大掃除をすることをお薦めします。

まずはお部屋の大掃除を

普段、手の届かないところのすす払いなどぜひしてみてください。散らかったものや汚れは御度の流れを妨げ、運気をもたらしません。

つぎに、身の回りの品々の整理を。
人からの贈り物や、昔の恋人の思い出の品などはなかなか整理しずらいかと思いますが、その方の念が籠っていることもあり得ますので、その場合、あなたにとっての新しい出会いを妨げることもあるでしょう。それを考えると、捨てるということも選択のひとつかもしれません。

そのほか、使わないのに場所を占領している家具や洋服なども整理してみてはいかがでしょう。どれを残し、どれを捨てるかは、あなたの直感を信じてみるのも悪くはありません。心のどこかで決めていることも多いいのです。

このようにお部屋の大掃除や身の回りの品々の整理や処分も、ひとつの開運術です。

さて、部屋の片付けがおわって12月31日の大晦日。

夜半から年越しで初詣に行かれる方もいらっしゃるでしょうが、その前に忘れずにしておいていただきたいことがございます。

それは“禊ぎ”です。

禊ぎといっても、冷水で身を清める必要はありません。お風呂にお酒と塩を入れていただき、その中にしばらく浸かっていただければ大丈夫です。

禊ぎの際は、基本的に今年1年、自分のしてきたことを振り返り、良かったこと、悪かったことを思い出して正すべきところは反省しましょう。

その時、できれば1度は頭までざぶんと潜って全身をお清めしてください。

着物をお正月に着られるときも、まずこの禊ぎを終えてからにしたいものです。

初詣に行かれる方は、この禊ぎを必ずしてください。
去年の御札などもお忘れなく。

私どもは正月は祈りと鍛錬のために山の中へ入りますが、その前に汚れを落とすために禊ぎをいたします。これは、聖なる場所へ悪い気を持ち込まないためでもあるのです。

それではみなさま良いお年を。

それではまたこのブログで、鑑定所でお会いしましょう。

****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

12月28日(水)~1月4日(水)

の期間、

電話受付をお休みいたします。


上記期間でもメールは受付出来ますが、

返信などの対応は

年明けになりますのでご了承ください。


鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

あなたの集中力が、「予知能力」を呼び覚ます

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

皆さんには、こんな経験はありませんか。たとえば──

■スポーツをしているとき、自分や相手のプレイが先の先まで動画のように頭に浮かび、実際にその通りの展開になる。

■仕事で交渉相手の手の内や、先々の行動が手に取るようにわかり、思い描いた通りに事が運ぶ。

■将棋やマージャンなどの勝負事をしていると、相手の次の一手、さらにその次の一手が手に取るようにわかり、その通りの流れになる。

そのようなとき、実は瞬間的に“予知能力”が生じていることがあります。

もちろん、すべてのケースがそうではありません。言うまでもないことではありますが、過去の経験や知識の集積から、先々に起こることを瞬時に予測する能力が、人にはあります。

先に挙げた例も、「経験知からくる予測」であると説明することもできます。ですが、ときには知らず知らずのうちに人の潜在的な能力が呼び覚まされて、予知しているというケースもあるのです。

そうした能力を目覚めさせるトリガーとなるのは、「集中力」です。

そしてそれには、御度が大きく関係しています。

人が集中する際、どのようなことが起こるのかということから、説明していきましょう。

人は集中力を高めると、その際に使う身体の部位に、自分の身体を流れる御度が集中します。

たとえば、プロの調理人が料理を拵えているような時には、全身の御度が手や指先に集中します。また彼らが味見をしているときには、舌に御度が集まります。

音楽家が楽器の調律をしているときには、御度は耳に。調香師が香りをかぎ分けようとしているようなときには、御度は鼻に……。

そのように、人が特定の行為や作業に意識を集中させるとき、それに欠かせない身体の部位に、御度が集まるようになっています。そうすることで、その行為や作業の質が格段と高まるのです。

日本語には「手当て」という言葉があり、病気やケガを治療するという意味で使われています。

辛さを取り去りたいという思いを込めて、自分や他者の患部に手を当てていると、実際に痛みがやわらぐことがあります。その際にも、効果を高めるために御度が一役買っています。

たとえば、お腹が痛いと訴える子どもの腹部に母親が手を当て、治してあげたいという気持ちを込めてさすっていると、母親の御度が手に集中します。そして、実際にお腹の痛みをやわらげるように働きます。そのような効果があるということを、人は心のどこかで知っていて、自然と患部に手を当てるのでしょう。

さて、では冒頭の事例のように先々のことを見通そうとした場合、どこに御度が集まると思いますか?

それは、眉間です。

先のことを読もうとすると、眉と眉の間の部分に御度が集まります。

そして他のことに意識が向かないほど極度に集中力が高まると、一瞬、予知能力が目覚めることがあるのです。

ですが、こうした予知能力を継続的に使えるかというと、そのようなことはありません。極度に集中した際、ごくまれに、瞬間的に生じる能力だと思ってください。

先に述べたような「経験値からくる予測」は、蓄積した知識や過去の経験に照らし合せて、思考することで先々のことを判断します。それに対して「予知」は、思考することなく、直感的に未来のことがわかります。ときには鮮明な映像として、先々のことが頭のなかに映し出されることもあります。

このような瞬間的な予知能力は、私が鑑定の際に行なっている先読みの術の、ごくごく基本的なものだといえます。この延長線上に、陰陽師が使う先読みの術があります。

そしてこうした予知能力は、陰陽道の修行に基づいたトレーニングを行なうことで、ある程度高めることができます。もちろん、陰陽師が使うレベルに到達することはできませんが、将来のことに対して感覚を鋭敏にしたり、好機を見逃さないよう感性を磨くことは可能です。

9月に発売した3冊目の書籍、『水の家系第27代陰陽指南 念』では、そのようなことにも触れ、誰でも手軽にできる九つのトレーニングを紹介しました。興味がある方は、ぜひご一読ください。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとな

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

暑い夏に陰陽師は何を食べていたのでしょう【第ニ回】

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。
今回も前回に続いて、陰陽師が食べていたものについてご紹介いたしましょう。

夏といえば、少年時代から鯉を食べていました。洗いにしたり、鯉こくに佃煮。。。滋養強壮に最適なのでキモも食べます。

自分で釣り上げた鯉をしばらく真水の中で飼ってからいただきます。

ちなみに、晴明が鯉を食べていたという記述を、今も伝わる日記で読んだ記憶があります。

鯉はいまだに湖沼や河川の多いエリアでは食べられています。貴重なたんぱく源として、昔から食べられていたわけです。

ご自分で釣って料理されるのも慣れないでしょうし、なにしろ大きな魚ですから、川魚専門店などでお召し上がりになることをお勧めします。

たんぱく源といえば、山で取れる動物や鳥類なども陰陽師は食してまいりました。とはいえ、そうそう毎日食べられるものではありませんでした。

ふだんはといえば、かなりの粗食です。

修行時代に、昔ながらの陰陽師が食べていた食事で2週間過ごしたことがありました。

主食は米ではなく、ひえやあわです。ふっくらしないので、いまひとつ食い足りません。

そして、おかずは、「曽」のみ。

これは、味噌を固く干したようなもので、あまり味がありません。量もほんの少しです。

まだ若かったので、とても満腹になる量ではありませんでしたが、毎日食べていると不思議なもので、ひえやあわのあじわいをありがたく感じるようになり、「米よりもうまいのではないか?」と思い出しましたが、修行が終わって白米を食べたら、やはり白米のほうが断然おいしく感じられました。

現在は五穀米など、雑穀を米に混ぜて炊きあげていただきますが、米に混ぜない状態でいただくと、昔の食事が分かっていただけるとかと思います。

しかし、これはあくまで修行食です。ふだんはたんぱく源を適度に摂ったりしておりましたので、一度くらいならかまいませんが、日常をこの食事で過ごすことはおやめください。
現在のわたくしはといいますと、みなさんと同じように食事をきちんと摂っております。唯一、実家に帰って山の結界を張るためにこもる時だけ、昔ながらの自然薯団子を持って入ります。

その結界張りに手間取ると実家の料理がなくなってしまい、わたくしは帰省した時よりも痩せて東京に戻ることになります。

やはり陰陽師は術を使っている時がいちばん手が離せず、食事もおろそかになってしまうのです。そのため、ふだんはできるだけ海の幸・山の幸をふんだんに摂っておくことが必要なのです。

秋は実りのシーズンでもあり、果実も実りますね。

夏の疲れを取るのでしたら、旬のものをできるだけまんべんなく摂ることです。

そして、大地を循環する御度をしっかりと体内に取り込みましょう。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとな

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************



にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

陰陽師と体幹

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

最近は、漫画原作のTVアニメ「双星の陰陽師」なる作品が放映されているせいでしょう、鑑定に来られている方が「陰陽師さんなら知ってるよ」とお子さんを鑑定所に連れて来られることがたまにあったりして、少し驚きます。

お子さんはアニメのような若くてかっこいい陰陽師を期待して来られたと思うのですが、目の前にいるのは自分で言うのもなんですが、いかつい体格の成人男性--。目の前で式神を操るわけでもありませんし、目には見えないでしょう。

ということで、たいがいはきょとんとされて、鑑定中は別室で待機いただいています。

実は、最近、わたくしの筋肉が特に何もしていないのに日々盛り上がっていきます。

太った、というのではないのです。インナーマッスルを鍛えているからなのです。

実は陰陽師は術を使う中で、身体の中心線をぶらさず、保つことで神経を集中しています。

結界も除霊も、よろよろした態勢では使い物になりません。

軸をぶさらず、狙った位置を踏み、手刀を放つ。これがきちんとできないと、術が台無しです。除霊の場合などは、魔に付け入られる可能性すらあります。

除霊はさほど長い時間をかけていませんが、短い時間でもその間は全身の筋肉が緊張しています。

結界も、場所に貼る場合は広い範囲を清めて、次に結界の線をはっていくので、けっこう長い時間がかかります。

今日のわたくしの身体を作ったのは、幼少の頃から父に無理やり仕組まれた数々の厳しい修行でした。夏休みなどの長い期間はもちろん、土日も山奥へ連れていかれ、サバイバルに近い修行を積まされたものです。

また、術で使うこともあるため、居合抜きも習わされました。

これは背筋がピンと伸び、瞬発力も身につくので、護身術のひとつとしてもお薦めです。呼吸も大事ですので、合わせて会得するといいでしょう。

考えてみると、いかなる時でも体幹がぶれない、臆しない心を鍛えられてきたように思います。どちらも術を使うに当って欠かせないものです。

わたくしが鑑定で眼鏡を外した時、いかなるものを観ても動揺しない心、負けない心は、過酷な訓練に比べればなんてことはありません。腰が引けず、踏ん張っていられれば、術を正しく使えます。

よく、陰陽師になるためにどんな修行をすればいいでしょうかと訊ねられますが、残念ながら厳密な意味での陰陽師になることは一般の方では叶いません。

また、インナーマッスルを鍛えることで、病気などで万一お休みすることになっても、回復も早く、すぐに復帰できるようにしているのです。

密教僧の修行などは近い部分がありますが、ほかに会得すべき知識や能力が異なります。

まずは、体幹をすっと伸ばすために武道や居合い抜きなどはいかがでしょうか。正しい姿勢でうつむいて歩かなくなるだけでも、運勢は上向いてくると思います。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとな

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************


にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

人生の中で危険な予兆を読み取りましょう

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

毎日生きている中で、「今日はやけに車がスムーズに運転できないな」とか、「このところよく忘れ物をするなあ」と思うことがありませんか?

いちばんコワイのは、「もうちょっとで大怪我だった」という危ない場面に何度となく遭遇してしまうことです。

これはいったいなんでしょうか?

わたくしは先読みで、この先に起きることが分かります。

しかし、普通の方にはそうした能力はありません。

ですが、同じような種類のトラブルや、危ないことが続くことで、あなたや、あなたの身近な方に迫っている危険を予兆として明示しています。

結果として、そういうことがあっても何も起こらない時が多いのは、その予兆のせいで行動に気をつけるようになるからなのです。

なので、そうした予兆があった時は、あなたの回りの方にも話して聞かせると良いでしょう。「そんなこと考え過ぎだよ」と言われても、話を聞いた相手もその手のことがあれば自然と気をつけることで最悪を回避できるのです。

ただし、突発的な内臓系の病気は予兆があってもすぐに回避できるものではありません。

それは陰陽師の私とて同じこと

いえ、むしろ、術を使うたびに命を削るようなものですから、日々ダメージとの戦いです。

だから陰陽師は厳しい訓練を耐えぬくのです。

そういうわけで、わたくしの身体は特にトレーニングをしていませんが、日々、筋骨隆々育っております。

除霊や結界を張る時、独自の呼吸を行うとともに瞬間的に気合を込めて念を飛ばすことが、自然とトレーニングになっているのかもしれません。

内臓へのダメージをわたくしは筋肉などで守っている感じです。

一般で言うなら、体幹トレーニングをすることで、内臓の病気にかかっても回復が早くなることはあるかもしれません。とはいえ、私は幼少の頃から鍛えられたので年季が違うのですが・・・

話がそれてしまいました。

元に戻すと、普通の人にも、それとなく予兆が示されていたり、一連のことを疑問に思える力はあるのです。

それを示しているのは守護霊かもしれませんし、その方の持っているいわゆる"第六感"かもしれません。

「これは予兆かも」と感じたのなら、いつもより慎重に。

そうすることで、平和な毎日を過ごしましょう。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

****************************************************
■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります)

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************


にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2015年4月30日 (木)

幸運を呼ぶ、夢のなかの老人③~ 幸福の兆しを察知して逃さない、陰陽道の修行法を紹介 ~

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

前回のお話の続きです。

人は知らず知らずのうちに、先々に起こる幸・不幸の"兆し"に、接していることがあります。

そうしたことに気づくか否かで、人生が大きく変わることもあり得ます。

事故や災厄の気配を感じとることができれば、心の準備ができますし、何らかの策を講じることもできるでしょう。

良い出来事の前兆を察知できれば、チャンスを逃しにくくなるはずです。



では、そのような感覚を鋭敏にするにはどうしたら良いのでしょう。

もちろん、先天的に感性が豊かな人もいますが、訓練によって感覚を研ぎ澄ましていくことも可能です。

今回はそうした修行法を一つ紹介させていただきましょう。

次の修行法は陰陽道の理論に即したものですが、一般の方でも気軽に取り組めるものなので、ぜひ試してみてください。

これは御度(気・オーラ)を活用した、感覚を鋭くするためのトレーニングです。


まずは、自分の御度を感じてみましょう。

両手でソフトボールくらいの大きさの球を持つような形をつくって、両手の間隔を近づけたり、遠ざけたりしてみてください。

手のなかに温かさや、磁石が反発するような感覚、ピリピリとしびれるような感覚などが生じたら、それが御度です。



続いて、手のひらに感じた御度の球を右手で持ち、球の温かさを意識しながら、それをイメージで移動させてください。

右の掌から腕、肩、首、頭。そして左の肩、腕、手のひら、腋、胴、腰、足……というように、温かい御度の球を身体の表面を移動させてください。


そして最後に右の腋から御度の球を身体の中に入れ、さらに御度の球を鼻のあたりまでもち上げてください。

御度の温かさを鼻のあたりで感じられますか? 

その御度を鼻の位置にしばしとどめることで、危険察知能力が高まります。


また、御度をさらにあげて眉間の位置にとどめてみましょう。

御度を眉間のあたりでとどめると眼力が高まり、好機を見極める力が上がります。


もちろん、御度はずっとそこにとどまっているわけではありません。

特定の部位へ集中的に集めたとしても、しばらくするとまたそこから散り、通常どおり全身を時計回りに巡っていきます。

しかし日頃からそうした部位に御度を集中させる機会を増やすことで、感度がしだいに高まるようになるのです。

ただし、一度に二度試しただけでは、たいした効果はありません。

日々、継続的に実践することが大切です。



ご自身の感覚をもっと研ぎ澄ませたいと思っている方は、一度鑑定室にいらしてください。ご当人にいちばん合う方法をお伝えしたいと思います

さて、宝くじが当たり続けているという知人Kさんの体験をもとに、3回にわたってお話をしてきました。

世の中には一般的な常識だけでは理解できないことが、多々あるものです。

皆さんにも、幸運な出来事が訪れる良いですね。

陰ながらご多幸をお祈りいたします。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は土日祝日にも行っています。

※GW中も鑑定を行います。

鑑定所は交通の便利な新宿南口です。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります)

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

【新しい著作、好評発売中です】
すでにブログでも紹介のとおり学研より安倍成道2冊めの著作「現代の陰陽師 安倍成道」が発売中です。

今回は前回よりもぐっと現代の陰陽師たちがどうあるのか、安倍晴明からのつながりについても詳しく踏み込んだ内容となっています。

ぜひ、書店、ネット通販などでお買い求めください。

なお、鑑定所でもお求め頂けます。
鑑定のあとでお求め頂きますと、成道師よりサインを入れさせていただきます。

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

理にかなったお正月の過ごし方

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

お正月の初詣に行かれた方も多いことと思います。
新年を迎えてわくわくしている方、「今年こそは」とお祈りしたい方とたくさんの方でごった返していて、賑やかですよね。

陰陽師としては、お正月にこういう賑やかな場所で期待に満ちた人々の気=御度の中に入ることは良い影響をうけることができますので、お勧めできます。

同じことは、新年早々のお正月バーゲンなどの会場でも言えます。

集まっている方の生命力と陽気な御度が満ちているので、そのなかにいると、ご自身も気持ちが高ぶってくることと思います。

これはとても良いことです。

ひとり家にこもって寝正月というのも、ふだんお仕事が忙しい方にはたまらないことと思いますが、できるだけ人の多い場所にお出かけすることをお勧めいたします。

家にこもると、御度も淀みますし、どうしてもマイナス思考に支配されがちです

初詣は節分まで。その間に「どんど焼き」などを行う神社もありますから、ぜひお出かけ頂くとよいでしょう。

それと、新年には昔から理にかなった習慣があります。

「書き初め」です。

背筋をピンと伸ばして、今年の目標でも、座右の銘でも構いません。頭に浮かんだ言葉を墨と筆で丁寧に、しかし力強く描くというのは、念を具体化する行為でもあります。

口に出してもよいのですが、体を使って描くということで、より念を込めることができるわけです。

背筋を伸ばして紙に向かうというのも、儀礼的で良い一面です。

また、お正月には地方にもよりますが、寒中水泳や裸祭りなどを行うところもございます。

これなどは、荒行の一種といって言いでしょう。

実際、わたくしたち陰陽師も正月は一族で集まっておせちを楽しむなどということもなく、荒行をこなして心身を鍛えることで新年を迎えています。

身体に負荷をかけるので、みなさんはそこまでのことをすることはありません。

普通に自然の中を散歩したり、凧揚げを楽しんだりというだけでも、自然の御度を全身で受け止めて吸収することができるのです。

お正月に食べ過ぎてしまった方、不摂生をした方は、お仕事や学校生活が始まることでまた規則的な生活に戻ることと思いますが、リズムを元に戻すことで自然とだらけた心身も引き締まってくることでしょう。なので、ご心配なく。

ということで、正月にしっかり鍛えなおして参りました。

それでは、また。このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、お問い合わせください。鑑定は土日祝日にも行っています。

鑑定所は交通の便利な新宿南口に移転いたしました。ぜひ新しい鑑定所にもお越しいただければと思います。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります)

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)