先読み

2018年12月24日 (月)

家族の絆は前世から続いています

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

わたくしは小さな頃から父に壮絶な修行を課せられてきました。

小さな子どもの頃はついていくのに必死でしたが、思春期になってくると父に猛烈な反発心を抱いていました。

結局、私はそのとき陰陽師を継ぐことを放棄して世界放浪の旅に出てしまったのですが……。

一子相伝で、安倍成道の霊がついていなければ継げないのですが、ついていても、あの厳しい修行を積まなければ、とても陰陽師の術を使うことも叶わなかったでしょう。死霊や生霊、鬼などと対峙するというのは、自らの命を削るに近く、体力と気力の消耗が激しいのです。

それがわかって、父に感謝したのは青年期になってからでした。

とはいえ、思春期に迷うことはあるようです。

思春期のお子さんは、まだやりたいことも決まっていない、あやふやなうちに、将来の進路を決めなければいけない環境にいます。

親御さんとしては、将来を考えて「できるだけ勉強ができてほしい、いい中学、高校に入って欲しい」という気持ちからお子さんを叱咤激励するしかありません。

鑑定所には、そうしてお子さんと関係が上手く行かなくなった方、また、いじめなどで引きこもりになってしまったお子さんをお持ちの方もおいでになります。

中にはお子さんをお連れになられて、親子で別々に鑑定を受ける方もいらっしゃいます。

鑑定理由はそれぞれなのですが、子どもの進路は大丈夫か、また、幸せになれるのか、などご両親の心配を反映たものが多いように感じます。
 

また、鑑定に来られる親御さんから「子どもをひいきしてしまうことがあります」と悩みを打ち明けられることもあります。そして、さらに「親子の絆はどれくらい深いのでしょう」という問いを口にされる方もいらっしゃいます。

ここで、お子さんは親御さんの心配と別のことを話されることもあります。当然ですが、お子さんの悩みは進路だけではないのです。そもそもの親子関係についてだったり、友達関係だったり、さまざまです。中には「親には言っていないが、本当はこれをしたい」としっかりしたビジョンについて話すお子さんもいらっしゃいます。

親御さんから「子どもをひいきしてしまうことがある」という悩みを持っている方もいらっしゃり、さらには「親子の絆はどれくらい深いのだろう?」と気になってしまう方もらっしゃいます。
結論から言うと、親子の絆は絶対です。

そんなことを言われても、子どもは言うことを聞いてくれないし、逆らってばかりで家の中の雰囲気も悪い・・・・そう思う方、多いはずです。

実は子どもというのは、親を否定するものなのです。特に同性の親とは違う形=違う道を探そうとするのです。

私の思春期がまさにそうでした。

これはなにかといえば、同性の親を超えたいという意識なのです。女の子なら母親を越えようとするはずです。

ですが、子どもが大きくなるに連れて、親を認めるようになってきます。

このあたりは、陰陽道を離れてしまうので、話を陰陽道に戻しましょう。

親子というのは、縁が薄いと感じている家族が合ったとしても、親子という関係でこの世にある以上、いちばん濃い関係なのです。

思春期のお子さんだと、心身のバランスが悪く、ときに、家庭内で暴力を振るうことがあります。昔はこれを「癇癪を起こした」「癇の虫が騒いだ」などと言っておりました。

霊が付いているのでは、とお子様をお連れになる方もいらっしゃいますが、鑑定してみて、霊が付いていたことはほとんどありませんでした。

私が、親御さんとお子さんなど、家族関係でお悩みの方を鑑定する時は、過去よりも未来を見ることにしています。

なぜなら過去に問題があったとしても、それを変えることは出来ないからです。

それよりも未来にどういう関係が気づかれているかのほうが重要でしょう。

家族で笑い合っているビジョンが見えれば、それは時間が解決するということです。ただし、そこに至る道程で、団らんにつながらない分岐はないか、どうすればそうなるのか、人生の中で起こるイベントは何かしっかりと見定めます。

そして、今がぎくしゃくしているなら、せめて笑顔で「いってらっしゃい」「おかえりなさい」を言ってあげてください。

お子さんは、親が思っている以上に敏感で、特に感受性の鋭い子は、色々なことをわかってしまっていても、それを伝えられずにもどかしい思いをしていたりするのです。

そんな時は、話す力がつくまで、親としてしっかり見守ってあげましょう。

親と子は、輪廻転生のサイクルの中で、親と子の立場を入れ替えながら(時に夫と妻)何度も生まれ変わって関係を続けていたりします。

少なくとも、深い縁が前世にもあったグループだと思ってください。

次に生まれ変わった時、もしくは数世代あとになるかもしれませんが、そこでもまた家族になることでしょう。

そんな関係の中で学んでいくものなのです。

それでも今が辛い、子どもが悩んでいる姿を見るのが忍びないというのであれば、ご遠慮無く鑑定所においでください。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、

もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

****************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

「宿縁」の間柄とは?不倫と腐れ縁について

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

鑑定では、恋愛の相談で来られる方も多くいらっしゃいます。特に女性の相談者に多く見られます(男性の恋愛相談も少ないというわけではありませんが……)。

何度かこのブログでもお話していますが、お相手が前世から強い縁のある方である場合、そのご縁は「宿縁」です。

お互いに相手が自分にとって大切な相手だと自覚した時はうまくいきますが、気が付かずにすれ違ってしまう場合もあります。

今回は、その「宿縁」についてお話ししたいと思います。

前世からの結びつきである縁。

腐れ縁、良縁、悪縁、さまざまなものがあります。

「つき合っている男性と、本当に結婚して良いものかどうか」というものから、
「運命の人は本当にいるんでしょうか」というものまで、恋の相談は沢山受けます。

恋愛とは、本来とても楽しいものです。

極端な話ですが、恋というものを全く知らないまま生涯を終える方もいらっしゃることを考えると、どのような形であれ恋愛ができるということは、その方の人生にとっては嬉しいことなのです。

うまくいかなかったりすることも含め、それは恋の醍醐味でもあります。

苦しさを伴っている時には、他人にその胸の内を打ち明けたくなります。鑑定所に来られる方は、重く苦しい恋を煩っています。その悩ましい恋の代表選手は「不倫」です。

ある脳科学によると、人類は一夫一婦型の結婚には向いていないといわれており、人口の約5割は不倫型の遺伝子を持っているそうです。一説には幼少期の母子関係に問題があると不倫体質になりやすいともいわれています。

一般論として、「不倫は人間に本来備わった本能として起こりうる」と、理解できるでしょう。

しかし、いざ自分が不倫の渦中にあると、多くの方が相手に振り回されます。夫婦どちらかが不倫をしていて、そのことで悩んでいるという方も珍しくありません。独身で恋人が既婚者の不倫関係という方や、なかには既婚者同士の不倫関係、いわゆるダブル不倫のご相談もよくお聞きします。

ではそうまでして悩んでいる相手は運命の人なのでしょうか?

実は良縁、宿縁の相手は人生に一つではないのです。

しかし「宿縁」の相手には、いつ出会うかわかりません。

もちろん、幼馴染や学生時代の間に前世から深い縁のある「宿縁」の相手と巡りあっていれば話は別です。結婚して何年経っても仲の良さが変わらない方というのは、前世からの縁を今世でも見つけるけることができた喜びからなのです。

では前世から宿縁の方と、不倫というかたちで出会っていたらどうなるでしょうか?

おそらく、その相手とは最初、ごく自然に接近し、惹かれ合い、いつの間にか結ばれていたはずです。
不倫なのはわかっていても、好きだから仕方ない。肉体だけの関係だと割り切って考えようとすればするほど、その何の確約もない関係に苛立ち、喧嘩も多くなってしまう。伴侶と別れてほしい、別れられない等々。

多くの方が、そんな混沌とした状態の時、鑑定にいらっしゃいます。
観せていただくと、別れたほうがいい悪縁の相手と付き合われている場合もあります。

かと思うと、先読みでは離婚やどちらかの伴侶が浮気をはじめ、黙認で関係が良好になっていたりと、昼ドラ顔負けの展開も珍しくありません。

中には本人たちが「これは腐れ縁だ」と、相手のことを悪く言いたくなるような関係もあります。

本人たち同士も不思議なほどの間柄、憎しみ合って別れたのにまた惹かれあって元のさやに納まる場合や、一度分かれたのに、また同じ人と結婚する人、離婚した人と別れてからのほうが良い関係でいられるなど様々です。
「腐れ縁」は恋愛に限らず、何故か偶然一定の周期の年月が経っても偶然どこかで頻繁に再開してしまう幼馴染なども含まれます。

実は、いわゆる腐れ縁は良縁中の良縁の場合があります。ご本人は認めたくないと思いますが、鑑定させていただくと腐れ縁=良縁の場合が多いです。

冒頭ご説明しましたが、縁は前世からの結びつきです。
先読みして見えることがあっても不必要に干渉することは陰陽師としてご法度です。たとえ、大悲恋がその方の未来に見えていたとしても口にはしません。

私のご先祖である陰陽師・安部晴明は恋多き男としても有名でした。しかし人を引き付ける魅力をたたえ、先読みもできる人物だからこそ、過度に人の運命に干渉することは避けていました。

これは私たち陰陽師に引き継がれた教えの中で重要なことのひとつです。

私が結論を下して一定の方向に導くのではなく、より良い人生になるようアドバイスしたうえで、相談者の方が私との会話の中で良き方向に進んでいただけるようにしています。

恋愛は本来、主体的に楽しむものです。

その源へご自身の力がそそがれるよう、私たち陰陽師を頼ってください。先読みでは、こうした宿縁の相手と理想的な、相談に訪れた方にとって運気をあげていくタイミングを見通すことができます。

直接お会いしして観せていただき、お話できければと思います。
是非鑑定所にお越しください。お待ちしています。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、

もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

****************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

恋人の呼び名と言霊

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

これまでに何度かブログで書いていることですが、
日本には古くから言霊(ことだま)という考え方があります。
言葉には霊(たましい)が宿っているというものです。

良い言葉を使えば使うほど、その場のエネルギーも良くなるというものです。

また、これとよく似た思想がもうひとつ、古神道の世界にはあります。

それが音霊(おとだま)です。

これは音そのものに霊力が宿っていると捉え、言葉はもちろん、声に出して発したときの音にも、同じように霊力が宿っているという、同じくすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方で、音霊も言霊と同様に、とても大きな力を持っています。

当然、あなたの日々の暮らしや運勢にも大きな影響を与えています

そこで注目していただきたいのが、人の名前の呼び方です。

あなたはご自身の恋人やパートナーとどんな風に呼び合っていますか?

ニックネームや略称、苗字や下の名前、はたまた、お互い呼び合うことはほとんどなし、阿吽の呼吸で過ごしている、という場合もあるでしょう。

2人の付き合ってきた月日によっても、変化しますね。付き合い始めの頃は、相手の態度に一喜一憂し、ちょっとした不満が、大きな不安を招くこともあります。

鑑定所に恋愛相談でいらっしゃる方から、
「彼から名前で呼んで欲しいのに、全く呼んでもらえず、不安…」
というご相談を受けることがあります。

しかし、お相手が年上だったり、恥ずかしがりで名字で呼ぶのがやっとなど…
さまざまな理由で願いが叶わぬ方も多いのです。

男女の仲では、自分のことを名前で呼んでほしいと願う女性は多くいらっしゃいます。
それは、愛情をより深く感じられるといった理由からです。

しかし、名前を呼ばれないということは、必ずしも悲しいことではありません。

冒頭、言霊や音霊について申し上げましたが、たとえば日本の古文献を見ると、女性の名前はほとんど記録されていません。

なぜなら古代においては、貴い身分の女性が自分の名前を、父親や兄弟以外の男性に告げるということは、相手の求愛を受けいれたということを意味していました。

あからさまにいえば、私はあなたのものになります、という決意表明です。

これを逆に解釈すれば、相手に名前を知られるということは、自分の魂を取られてしまうということでもありました。

そうなると、いい話ばかりではありません。

名前に呪がかけられているということは、それを利用して悪い影響を受ける可能性もあるからです。

安倍晴明が活躍した時代、高貴な人が、あまり本名を明かさなかったのにはこんな背景があります。

名前に深い意味があることはおわかりいただけたと思います

おそらく、上記の「名前を呼ばない男性」は、その女性を人として深く尊敬するがゆえに、束縛することなく、不必要な言霊や音霊の呪をかけずに、深い愛情で穏やかに包み込んでいるのでしょう。

実際、私たち陰陽師が術を使うときには、対象となる相手の名前がきわめて重要になります。

霊やあやかしが相手ならなおさらです。

とくに相手に呪いや祟りを及ぼすことを目的としていた時代には、相手の名前を知ることがなによりも重要であり、必要なことでした。

ですから、たとえ下の名前でなく名字などで呼ばれていても、人は特定していますから、物足りないでしょうが言霊・音霊の呪は発動しているとも言えるのです

生まれてから今日まで、あなたはいったい何回くらい、名前を呼ばれてきたことでしょう。
おそらく数え切れないと思います。

そのたびにあなたは、言霊と音霊の恩恵を受けてきたのです。

そもそも名前というのは、両親が生まれてきたあなたにかけた呪(しゅ)です。

ご両親はあなたに、すばらしい人生を送ってもらいたいと願い、「こんな人間になってほしい」と、あふれんばかりの愛情をつめ込めた名前をつけたはずです。

その思いが術となって、名前を呼ばれるたびに、あなたに恩恵を及ぼします。

同じようにあなたが好きなお相手をと呼んだり、相手から呼ばれるときも、実は音霊の呪をかけあっています。

ですので、相手の呼び方次第で、恋愛が長続きしたり、あなたが思った以上に早く別れてしまったり、ということは起こるのです。

例えば二人だけに通じる、少しこそばゆいニックネームで呼び合うこと。

親密さが醸し出され、御度土(気)の流れも良くなり、愛情が爆発的に高まります。

しかし、鑑定でお越しになる方から多くの恋のお悩みを伺ってきた陰陽師の立場から率直に申し上げて、この呼び方は恋が冷めるのを早めてしまいます。

恋の魔法にかかっている時間というのは非常に短く、熱狂的に好きだという時間はおよそ三カ月程です。

この期間を超え長くお付き合いしたいと願うならば、恋人同士の呼び方の理想は、本名の下の名前で呼び合うことです。

徐々に呼び名を整え、音霊や言霊の恩恵を受けるようになれば、あなたの恋はきっと長続きすることでしょう。

それではまた、ブログで鑑定所でお会いいたしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、

もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

****************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

夏に始まった恋が上手く行かないのは生霊のせいかもしれません

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

 

心身が沸き立つような「夏の思い出」といえば、ひとなつの淡い、もしくは燃えるような恋のようです。鑑定所でお話をうかがっていると、夏祭りや花火大会など、好きな人とのお出かけが記憶に残っている方が多いようです。

陰陽師の鑑定所に相談に来られる方は、さわやかな夏空のような「恋の空騒ぎ」をする方ばかりではありません。

ひとたび落ちてしまった恋に振り回され、重くて苦い経験をすることもあります。夏は少々重めの大人の恋愛相談もある季節です。そして、秋はそんな恋の様子が少し変わってきます。

ある日、心身ともに憔悴しきった様子の男性が、ほうほうのていで鑑定所に来られ、こうおっしゃいいました。

「最近何もかもうまくいかない、生霊に祟られているとしか思えない」と。

霊に憑かれている方は意外なほど多いです。鑑定所に来る相談者の90%はリアルタイムで何かに憑かれています。

この相談者はそもそも、霊現象を感じつつ、どうして死霊ではなく生霊に憑かれたと感じたのでしょうか?

よくよく話を訊いてみると、その人はつい先ごろ、とある女性とやむなく別れたものの、それ以来、毎日のように無言電話が来るのを生霊のしわざだと思っているようです…。

人間に霊が憑いた場合、死霊は右の肩に、生霊は左の肩に憑きます。

この相談者は確かに左の肩に霊がついているように見えました。死霊の多くは、自分にぴたりと波長の合う人を見つけると、すがるような思いでついてしまいます。そんな死霊とは別に、生きている人が生じさせる霊的な存在がつく場合があります。それが「生霊」です。

「こうしたい!ああしたい!」という強い思いが「願い」となり、気の力である「御度」と結びつくけば、それはその方の「念」となって願いをかなえる最高のパワーとなります。

しかし、その強い思いである「願い」が、恋愛感情のもつれによる激しい嫉妬や怒り、裏切り行為などに対する憎悪だった場合どうでしょうか。そこに「魂」が宿ると「生霊」となってしまうのです。

非常にやっかいなことに、当の本人が恨みを込めて「生霊を飛ばしてやる!」と意識しなくても、生霊は生じます。

しかもその、「生霊」は、それを生じさせている側と生霊を受け入れている側の、魂を削り取るほどのエネルギーを持ちます。

みなさんは「魂」を削り取る、という表現は、いくらなんでもちょっと大げさじゃ?と思われるでしょうか。

術を司る陰陽師にとって、生霊に憑かれた人と、生霊を生んだ人は、明らかに魂の一部が削られていることが、視覚的にはっきりとそれらが欠けた状態でわかります。

魂を削り、感情を飛ばしているあいだは体力が奪われがちで、生命力も弱っている状態です。魂は本来、できるだけ元の丸い形を保とうとする性質がありますが、魂の削れているとその削れた部分に、本人以外の生霊などが入り込む余地を与えますます具合が悪くなり、負のらせん状態に陥ります。

冒頭、例に挙げました「疲れ果てて相談所に相談に来られた男性」もまさしくそんな状態でした。

ただ、無言電話は生霊の仕業ではありませんでした。しかし、その男性を貶めようという悪意を持った生霊が憑いていました。

傾向としては人に対して激しい憎しみや怒り、嫉妬などを抱きやすい人は、生霊を生じさせやすく、また生霊などを受け入れやすいともいえるでしょう。

ここまでの話で「生霊って怖い」と思われる方も多いと思いますが、実はやみくもに恐れる必要もありません。

日本では古くから、ある種日常的なものとして生霊の存在が信じられてきました。

平安時代の『今昔物語』、有名なところでは『源氏物語』に登場する六条御息所が光源氏の正妻である葵の上を呪い殺す話を記憶している方も多いと思います。

鑑定所に来られた方でも、生霊が明らかに悪影響を及ぼしている場合のみ、除霊をすすめます。しかし、生霊の実害を受けるのは生霊を憑けた人の2割程度です。

鑑定の結果、生霊が憑いていることが分かっても悪影響がほとんどないと判断できるケースは、依頼者に生霊の存在を告げずに除霊も行いません。

いたずらに生霊を恐れる必要もありませんが、悪性の生霊の場合は、生命を危険にさらすような事態が起きる可能性もあります。その場合は除霊が不可欠であると、はっきり申し上げます。

生霊を生じさせたり、生霊の被害を受ける時、女性の場合は恋愛が原因のケースが圧倒的に多いですが、男性の場合は仕事先の相手だったりする場合があります。特に守るべきものを多く抱えるひとにとって生霊から身を守る対策は必須です。

生霊は原則として、飛ばしている人が生きています。無意識に飛ばしているとは言っても、その人の魂の一部であることに変わりはありません。陰陽師が容赦なくそれを消してしまってはその人に大なり小なり影響があります。

多くの場合、生霊は瓶で作った結界に封印することになります。式神や護符で口を塞ぎ、外に出ることができないようにするのです。こうして、時間と共に生霊が自然と消えて行くのを待ちます。結界の役割は、守ることと封じ込めることですが、この瓶を塞ぐ作業は「封印術」という特別な術です。

生霊について不安がある方は、ぜひ鑑定所へお越しください。

それではまたこのブログで、鑑定所でお会いしましょう。

■STAFFよりお知らせ■

最新刊の書評記事が東洋経済オンラインに掲載されています。

成道さんの本の内容について紹介・解説していますので
ぜひご一読いただければと思います。

『日本の結界 陰陽師が明かす秘密の地図帳』鑑定所でも販売しております。お求めになった方には成道さんのサインを入れてお渡ししています。よろしくお願い致します。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、

もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

****************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

陰陽道の「先読みの術」を説明しましょう

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

鑑定の際、相談者の方から次のような声をいただくことがあります。どちらも、私が鑑定の際に行なう「先読みの術」についてです。

「先読みの術では、人生の最期まで見えるとのことですが、少し怖い気がします」

「先々のことが見えるということは、すでに人の運命は決まっていて、変えることはできないのでしょうか?」

上記のようなことで不安に思ったり、疑問をもつ方が他にもおられるかもしれないと考え、今回のブログではそうした声に答えようと思います。

まず最初にお伝えしたいのは、相談者の方が「知られたくない」「見られたくない」と強く思っていることは、私には見えません。

また、術を使って見るつもりもありません(相談事の解決につながるような情報については、より良いアドバイスをするために見させていただくこともありますが、その際はご本人に確認いたします)。

したがって、死の間際の瞬間を知られたくない、見られたくないと思っている方の最期を見るようなことはありません。

自分の死期などでなくても、他人には決して知られたくない秘密などが、誰しも1つや2つ必ずあるものです。そうした秘密を無理に知ろうということは、決してしないのでご安心ください。

さて、もう一つの質問についてお答えしましょう。
「人の運命は決まっていて、変えることはできないのか」という疑問ですが、最初に答えをお伝えします。

人の運命はいくらでも変えることができますし、正しい努力をすれば人生をより良い方向に向けられます。

人は定められた運命を生きているのではなく、自分自身で未来を選びとりながら生きているのです。

一つの選択が、その後の人生を大きく変えることもあり得ます。その選択をどうすれば良いのか先読みのなかで私が指南することが可能なのです。

たとえば仮にAさんという男性の未来を、先読みの術を使って見た際、3年後の夏に海に行く途中で自動車運転中に事故に遭い、一生癒えないほどの大怪我を負うという情景が見えたとします。
その場合、私は3年後の夏にAさんが海に行く際には、自動車ではなく電車で行くことを助言するでしょう。もしくは、海ではない場所を選ぶよう助言するかもしれません。

そのアドバイスにしたがって、Aさんが電車で山に行くことにしたら、彼のその後の人生は変わり、長年にわたって怪我と付き合う将来はやってこないことになります。その時点で私が再びAさんに先読みの術を施して彼の未来を読み取ったとしたら、3年前に見たものとはまったく異なる未来が見えることになるはずです。そして、その時点のAさんに必要な助言を、私はすることになります。

>

その後の将来を大きく変え得るような決断を迫られるようなことが、人生には度々あります。また、その時には軽い気持ちでしていた判断が、後々になって人生に大きな影響を与えることもあります。

何が先々の禍福につながるかわかりにくいものですが、先読みの術を使えば、その時々に最善の道を選びとることができます。

また変化する自分の人生を、数年後ごとに鑑定することで、より良い方向に軌道修正しながら生きることもできるのです。
陽師の鑑定とか、術などという言葉を聞くと、「少し怖い…」と感じる方がいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
陰陽道の知恵や術について、私は人の人生をより良くするためのみに使っています。悩み事がある方、人生の重要な決断を迫られている方などは、気軽に鑑定室にいらしてください。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

※夏休みの鑑定予約は余裕を持ってお申し込みください

鑑定夏休み:8月13日(月)~19日(日)

受付夏休み:8月13日(月)~17日(金)

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、

もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

****************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

日光神地巡りで大いなる力に触れました

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

先日、以前このブログでもお話させていただいた日光神地巡りに行ってまいりました。

鑑定に来た方の中でもメルマガ読者の方に限定して告知させていただいておりますが、今回は平日にもかかわらず43名の方が参加されました。

当日はあいにくの雨でしたが、今まで3回開催してきた神地巡り全てで雨に降られています。とはいえ、全行程雨の中というわけでもなく、竜神に関係のある寺社で雨になるなど、まるでわたくしどもを歓迎しているかのような雨だったのも印象深いことです。

また、じつは雨のほうがその土地の本当の力を実感できるので、降るべくして降った雨ということもできるでしょう。

さて、この日巡ったのは、二荒山神社・東照宮・瀧尾神社というルートです。

ICを降りてすぐのところにある二荒山神社は、交通の便もいいことからわたくしも良く癒やされに行く場所です。ここは癒やしの力が強大なだけでなく、気力も充実させてくれるので、除霊が続いたときなどはメンテナンスも兼ねてよく参ります。

しかし、日光で本当に力が強いのは、ブログに書いたとおり、男体山から渦を巻いて麓に降りてくる強い御度です。

日光東照宮、そして瀧尾神社はまさに広大な男体山の麓に位置しています。

今回は、その御度の力を効率よくお持ち帰りいただけるよう、参加者の皆様に参拝前、念を込めた石をお渡ししました。

石は念や御度を封じる媒体として優れていますから、日光の強い御度をそのままご自宅やお守りとして活用いただけるのです。

さて、東照宮は家康公が奉られ、江戸の平安を守る場所となったという説がありますが、陰陽の力を最大限に活用し、なおかつ土地の力が強い場所にあることは、おそらく偶然ではないでしょう。

いまも多くの人が訪れるのは、歴史的建造物として素晴らしいだけでなく、そういった力に引き寄せられるせいかもしれません。

ここはともかく敷地が広大で、ご案内するだけでも大変な場所なのですが、力の強い場所ではできるだけ長い時間を過ごすことも重要です。

そして今回は、ふだんは観光バスが入ることがほとんどない瀧尾神社へ、ツアー会社樣のご理解とご協力を得て行くことが出来ました。バスで向かうには道が狭いため、観光バスが行くことは少ないのですが、東照宮より奥にある瀧尾神社はまさに秘境といった雰囲気の場所です。

しかしこの神社にある滝や三本杉はパワースポットとしても優れており、日光まで来たならばぜひ足を伸ばしてその力を体と心に充填しておくべきです。



これらの場所をみなさんに説明しながら巡るのは、わたくしにとってもとても嬉しいことです。

なによりも、鑑定のときと違ってざっくばらんにお話できます。

神地巡りの目的は力の強い場所にみなさんをお連れすることだけでなく、オープンにお話をしたいことも大きく、時間の許す限りみなさんのご質問にお答えしています。

神地巡りの最後で参加者のみなさんにご記入いただいたアンケートも拝見しましたが、
「鑑定室では見られない素の姿が見られて嬉しかった」
「気さくにお話できました」とありました。

鑑定時はどうしても皆さんの背後にも集中しているので、どうしても顔が少し怖い雰囲気になってしまうのかもしれません。これは、わたくしも反省しなければいけませんが、先読みをする時と、背後にいる守護霊の声を聴いている時、憑いている霊を見ている時はどうしても集中する必要があるので致し方ない部分もあります。

ほかに「参加者は知らない方ばかりでしたが、楽しくお話できました」「暖かい気持ちで参加でき、パワーももらえて嬉しかったです」など全体に今回も好評でした。


次回の神地巡りはまだどこにするか未定ですが、時期としては11月頃を考えています。

どこに行くかは、今回、事前にブログで日光のパワーについて触れたように、参加された方、案内メルマガを受け取った方にはわかるようにお話するかもしれません。

神地巡りの通知は、時期がいつも急に決まることもあり、メルマガでお送りさせていただいております。

神地巡りはふだんご愛顧くださっている皆さんへのお返しという意味もありますので、「メルマガを取っているのに来なかった」という方、鑑定には来られているでしょうか? また、中にはよく鑑定に来られていてもメルマガに登録されていない方もいらっしゃいます。

気持ちとしてはお知らせしたいのですが、神地巡りでは参加者も限られてしまうため、公平を期す意味で、鑑定に来られている方でメルマガ登録されている方という2つの要件を満たしている方に限定してご案内させていただいております。


メルマガでは読者の方からの質問にわたくしが答えるコラムも連載しておりますので、ぜひご登録いただき、鑑定にもおいでいただけると幸いです。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

※夏休みの鑑定予約は余裕を持ってお申し込みください

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

****************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

「自死」は自然の理から外れることです

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

わたくしは自分の能力を広く活かしたいという思いから、鑑定を行っています。先読みでその人の人生のすべてを見通すことができるのですが、そうして観る人生はまさに十人十色で、しかも波乱に富んでいます。

そのなかで、まさにいま、人生の中で難しい時期にさしかかっている方もいます。

そして、中にはわずかですが、思い悩んだあまり「死にたい」とおっしゃる人もいます。

どうにか一筋の光明を見出そうと、私の元に訪れられたのです。

そんな方々が、そう考えた理由は、「解決法がまったく見えない。明日、目が覚めるとよくなっているとはとても思えない」から。
これはかなり辛いことです。

そんな時、人間は自分で自分の命を絶つ「自死」を考えることがあるのです。

今はどん底で死んで楽になることしか考えられないかもしれませんが、将来を先読みすると幸せそうにわらっていることが実は多いことを知っていただきたいと思います。

ただし、その未来に行くために、いくつかの障害があり、上手く乗り越えないといけないという、まさに修行のような人生を送らなければいけない方もいらっしゃいます。その場合は、その方が道を違わず進めるよう、過度に干渉しない程度のアドバイスをいたします。

「そんな将来のことより、いま死にたいほど辛いのをなんとかしてほしい。いつ抜けられるんですか?」

と聞かれる方も多いのですが、私としてはまず、自死は絶対にいけないことを強くお伝えします。

死ねば楽になる、無になれる、というのは誤りです。

自分で自分の命を絶つというのは、大抵の宗教で禁じられています。それは、自死が自然の理に逆らう行為であり、あるべき寿命を途中で終わらせてしまうからです。

人の運命が、自死で終わるようになっている人は、1人もいません。



人生の途中で苦しいことがあっても、自死以外の死で終わるまで、人生は続きます。

「では、日本人が昔、切腹していたのはどうなんだ」
と思う方もいるでしょうが、切腹では最後に介錯人が首を落としますので、実は自死ではなく他人に最後を任せているのです。つまり、当時の日本人も自然の理を理解していたということです。

自死した者の霊は葬式が行われても成仏することはありません。

普通の死者の霊は49日で霊道を通って然るべきところへ登っていきますが、自死者の霊は霊道とは別の真っ暗なトンネル、鬼道をぐるぐると回るばかりです。

そしてそれはかなり長い期間続きます。
いつ終わるともしれない暗闇の中の孤独です。

人生には障害が多く、時に信じられないような裏切りや仕打ちに遭うことがあります。
「それはあなたが将来成功するためにどうしても必要なことなのです」
と私が先読みの結果を告げたとしても、にわかには信じられないことでしょう。

一回の鑑定はわずか50分ですから、その中で自死に傾いている方の心をほぐして、私が観た将来の様子を受け入れていただくのは非常に難しいと思うこともあります。

私は私で、その方の自然な運命に鑑賞しすぎないようにアドバイスをしなくてはいけないという縛りもあります。これは、その方が人生の経験の中で希望を見出していくことが将来の運命に直結しているためなのです。

そうして、人間は人生のピークにたどり着くのです。これは誰でも同じです。

私と話すことで気分が休まる、リラックスできる、落ち着く、死にたい気持ちから開放されるという方は、鑑定所に来ることで気が正しく循環するようになっているのかもしれませんし、結界の中に入ることで落ち着いている可能性もあります。

死を願う気持ちが強い時、自殺者の死霊が憑いて、精神的に弱っているあなたを自分の仲間にしようとしている可能性もあります。実は、死霊のほとんどは自殺者の霊です。彼らには、弱っている人間が暗闇の中で明かりに見えるのです。なので、近寄ってきてしまうこともあります。

死霊が憑いていて、影響が大きい場合は除霊をします。御度の流れが滞っている場合はこれを正します。これは引きこもりの方などに多く、部屋や家の中で御度の流れをよくしていただくことも必要になりますので、それに関してはお伝えします。

あなたや、もしくは家族の方を鑑定で観てほしいが、どうしても家から出られないという場合は、出張鑑定も行っておりますので、ご相談ください。時には、その土地や家に問題があって、そこに住まう人に悪影響を及ぼしていることもあるのです。

それでは、また。このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

****************************************************


にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

陰陽師がどのように鑑定を行なうか、説明いたします

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

私の鑑定室には定期的に来られる方が多くいらっしゃいますが、最近になって、ご紹介やブログ・書籍などで私のことを知ったという方や、陰陽道についてあまりよくご存じないという方もよく来られるようになりました。

このブログをご覧になっている方のなかにもそのような方が、きっとおられることでしょう。

「陰陽師の鑑定が、どのようにして行われるか知りたい」という方も少なくないはずです。そのような方のために、今回は私の鑑定の進め方についてお話ししましょう。

私の鑑定室に来られる方のお悩みは様々です。人間関係の問題や、金銭関係の悩み恋愛相談健康に関する心配ごと家族や親族とのトラブル霊的なことに関する不安……。時には人の生死に関わるほど、深く大きな悩みを抱えられている方も相談に来られます。

その他にも、転居の際の吉日や吉方を知りたいという方。新築や改築にあたっての地相・家相の相談土地や住居に結界を施してほしいという依頼など相談事の種類は実に様々。なかには出張を伴うご相談もありますが、どのようなお話であれ、私はまずご本人と直接お会いすることにしています。

ご本人から相談内容を直接伺った後、最初に私が行なうのが「先読みの術」です。

"術"というと少々大仰に聞こえるかもしれませんが、相談者の方の目を見るのです。

そうすることで、相談者の方の現状や将来の出来事が、私には映像のように、または何枚もの写真が連続して写しだされるように見えてきます。

そのような光景のなかから、相談内容に関係して特に重要となる出来事や、先々の災厄などを読み取ったうえで、最も良い選択をして生きていけるよう、アドバイスしていくことにしています。

また、必要であれば1080種類ある陰陽道の術を、状況に応じて使うこともありますし、場合によってはご自宅や職場などに赴いて、術を施すこともあります。ですが、その場のアドバイスのみで解決できることがほとんどです。

ちなみに、先読みによる私のアドバイスはわかりやすく具体的にお伝えしています。

たとえば相談者の方が、将来、事故に遭うということがわかった場合、もし、その方が事故に遭う前後にカレンダーや時計などを見ていれば、その方の目を通して日時がわかりますし、そうしてなかったとしても周囲の人の服装や木々の色づき加減から、季節を読み取ることができます。

また周囲にある店舗や看板などから、場所をある程度(場合によってはかなり限定的に)お伝えすることも可能です。その時期や一定の地域に注意することで、事故を回避できる可能性が高まります。

このようなお話をすると、「自分が知られたくないことまで見られてしまうのでは」と心配する方がおられるかもしれませんが、ご当人が隠したい、見られたくないと思っていることを見ることはありません。

私が拝見するのは、その時の相談事に関わる出来事や、努力や注意によって避けられる災厄などについてのみなのでご安心ください。

このようにして鑑定を行ない、相談者の方が納得された後、私は最後に「式神」をおわたししています。

陰陽師が術に用いる式神には様々な種類がありますが、鑑定の際におわたししているものは、「擬人式神」と言われているもの。

人形(ひとがた)の神に相談者の方の御度(気)を移したうえで、私の念を込めてつくります。

これはいわば護符の役割をもたせたもので、本人に代わって災厄を受けてくれます。

実際に、式神が身代わりになった際には、たとえ破れようがない場所にしまってあったとしても式神が破れているので、定期的に確認してみることをお勧めします。

また、相談者の方の状態によっては、式神をおわたしする代わりに「御度入れ」を行なうこともあります。

これは御度(気)を用いて、相談者の方の心身に宿る生命力を高める術です。相談者の方の御度の状態を拝見し、その方の御度が極度に薄くなっていたり、流れが滞って調整の必要があると判断したときには、その人の肩に私の手を当て、そこから御度を流し込みます。

そして薄くなった御度を濃くし、滞った流れを調整するのです。御度入れの必要があるかどうかについては、その都度判断しているので、鑑定時にご相談ください。

さて、今回は私の鑑定について説明してきました。

陰陽師というと、映画や小説などの影響から「少し怖いのでは……」と思っている方もおられるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

悩みや不安をお持ちの方、また人生の岐路にさしかかっていると感じている方などは、ぜひ鑑定室にお越しください。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

ついてない、悪いことばかりだ、というあなたへ

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

鑑定所にはいろいろな方がそれぞれ違った悩みを抱えておいでになられます。

十人十色と申しますが、毎日のようにたくさんの方をお会いして話をお聞きすると、あることに気がつきます。

それは、「相談内容は本質的に同じでも、それを語る言葉がまったく違う」ということです。

当たり前のことではありますが、鑑定で御度や背後の霊、これまでの人生とこれから先の未来を見通すと、語り口の違いが人生に大きく影響を及ぼしていることも珍しくありません。

人は、自分にとって不幸な出来事が起こったり、困ったことが立て続けに起こると、
「どうしてこんな目に遭うんだろう」
「自分はいいことがない人生を過ごしている」
「なにかしようと思うと失敗する」
などと、ネガティブなことを考えがちです。

鑑定所に来る方の多くは、ネガティブな思いを自分ではどうしようもなくなっています。だからこそ、鑑定所に来るという選択をしたのでしょう。

ところが、主にリピーターの方に多いのは
「先生、こういうことがあって……」
と、特に困ったふうでもなく、淡々と困った出来事を私に語る方です。

実は、こういう方のほうが運命は良い方向に向かっていきやすいのです。

嫌なことが起これば、大抵の人は嫌な思いをしますし、人生に大きな影響があったのであれば、そのことをいつまでも考えて

「あの時こうしていれば」
「あいつが悪いんだ」
「いや、そもそも自分がそういう星の下に産まれているんだ」

などとネガティブな思いでがんじがらめになってしまいます。

これは、よりネガティブな方向へあなたをひきづりこんでいく危険を伴っています。

できる限り、極力、笑顔を心がけること。

私は、悩みに捕らわれている方にそう声をかけさせていただいています。

きついことがあって、悩んでいても、顔だけは笑顔をできるだけ作って下さい。そうすればいい流れを呼び込むこともできるのです。

悩んで下を向いてしまうと、開かれている可能性に気づくこともないでしょう。

悪い御度や死霊などもそのネガティブな思いに引き寄せられてきます。

また、視野も思い込みで狭くなりがちです。そういう時に、解決方法があるにも関わらず、視野が狭まっていることで最悪の解決法しか見えない、思いつかないこともあるのです。

しかし、そんな中、辛くても顔だけでも笑顔を作ることができれば、それが自信になり、視野も一気に開けてきます。

それがなかなかできないという場合は、気が済むまで何度も鑑定所においでください。

もし、あなたが霊のせいだ、というのであれば、当然、背後の霊も観ます。その結果、不幸が霊のせいでなければ、あなたに必要なのは笑う気力を取り戻すことです。

また、その出来事があらかじめ予定されていた運命であることもあります。

乗り越えることで、この先の苦難を乗り越えることができ、幸運を達成するのです。

少しでも笑顔を取り戻せるよう、まずはあなたに起こっていることを説明する言葉をネガティブなものからそうでない言葉に置き換えてみましょう。

すると、それだけで「意外に大したことがない」話に思えてきませんか?

また、会う人会う人に呪詛のように悪い言葉で話すのも、結果として言霊となってしまいますから、愚痴や文句、またネガティブな言葉を好んで使っている方は、その姿勢が不幸をよびこんでいる可能性を考えてみましょう。

自分のそんな性格がいやだ、と思っている方には、その性格がどこから来ているかを鑑定から見極めましょう。

ひとりでも多くの方を、本来向かうべき正しい道へ導いて差し上げるのも、私ども陰陽師の大切な役割なのです。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

※GWの鑑定ご予約はお早めに!

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

星に祈りを捧げるならどんな星?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

陰陽師は平安の昔から、星空を観測してまいりました。
暦を制定するために、そして、吉兆を占うために。
さらには、五芒星や北斗七星の形を術で利用することも多々あります。

さて、こんな話から始めたのは、皆さまに陰陽師と星の関係が深いことを前提条件として知っていただきたかったからです。

メルマガでは読者の方の質問を受け付けておりまして、時折り、メルマガ上でお答えしています。

今回はメルマガに寄せられた質問にお答えしてみたいと思います。

ご質問は、星に願い(特に人の幸せ)を願うにしても、効果的な祈り方はありますでしょうか。また、陰陽師の方にとって、北極星と北斗七星は、どういう意味をもつ星なのでしょうか? 願い事をするにしても、オススメの星などはあるのでしょうか?」
というものです。

この方はすごく優しい心をお持ちの方で、お祖母様や家族、友人の幸せを祈りたいという希望をお持ちです。

いまどき、自分のことより周囲の幸せを祈ることを優先しようというだけでも、この方は幸せになっていくと思います。

それについてはまた、別の機会にお話させていただくとしましょう。

さて、まず、陰陽師に関して言うならば、北極星と北斗七星はとても縁深い星々です。

北極星は全天の中でも沈むことのない中心となる星です。

ですから、私ども陰陽師にとっては帝(みかど)を意味します。

そして、それを守るものとして、星座ではおおぐま座の中でしっぽにあたる北斗七星があります。これは、柄杓に似たその形から、独立した星座として世界でとらえられてきました。

北極星を見つける星座としても有名ですし、西洋・東洋を通して特別な意味のある星座として古来より崇められてきた星座です。

ちなみに陰陽師が占いで使う直盤では中心に北斗七星を置きます。

しかし、これらの星は陰陽師にとって占いに用いる星です。また、術の中でその形を手形や実際に記して用いる時もあります。

お祓いの時にも背中に北斗七星を背中に描く時もあります。

しかし星に祈っているわけではありません。

では、実際の星空で願いをかけるとしたら、どんな星がいいのでしょうか?

極端に言ってしまうと、願いがある時は実際に口にすることです。できれば毎日。言霊として出すことが大事です。文字として書いても良いでしょうが、星に祈りたいという思いがあるのでしたら、星空が見える日は必ず祈りを口にされると良いでしょう。

もうひとつ、いつもそのことをできるだけ考えていることです。

流星が流れるまでに3回願いことを言えれば願いが叶うと昔から言われていますが、それはけっこう難しいことです。

これはどういうことかというと、「常に思っていてください」ということです。

たとえばあなたが今「あなたの願いはなんですか」と急に質問されて即答できるでしょうか? 少し考えてしまう方が多いと思います。

ですが、いつも思っていれば、即答でき、流星が流れている時でも叶うわけです。要は、そのくらい真剣に考えること、願い続けることが祈りには必要というわけです。

ちなみに流星は目に見えないだけで昼間も多く流れていますから、ずっと思っているのであれば、昼夜は関係ありません。

そういう意味では、口に出していうのであれば、星は特に無関係です。

しかし、それではどうも祈りにくいという方もいるでしょう。そういう方には、一番星をおすすめします。

一番星は、日没前後に見えている、かなり明るい星です。西の空に見つけることが多いのは、それが宵の明星「金星」だからです。

地球よりも太陽に近い惑星で、そのため夕方か明け方に見られます。

もう少し暗くなってからでしたら、その時に見えるいちばん明るい星でもかまいません。

また、早起きの方であれば、日の出を拝むのもよいでしょう。
御来光は今でもたくさんの方が拝みに行かれますよね。正月も初日の出を拝むほどです。

夕日は地平線の下に落ちていくので、あまりおすすめできません。これは世界共通ですが、日没は死を意味します。朝日は生命です。

なので、太陽を拝むのであれば、朝日がお勧めとなります。

いかがでしょうか。

願掛けはそう難しいことではありませんが、口に出して言うこと、そして星に願うということで毎日続ける、さらに、その思いをいつも持っていることでより強さを持ちます。

それでも、全ての願いが叶うというわけではありません。人にはそれぞれ宿命があり、決まっている出来事もあります。

そのことを考えずに「願いが叶わなかった」と絶望することもありません。

私の先読みは、そうした方のためにこそ授かった力であるとも思えます。

より強い願いがある方は、その願いを増長させる陰陽師の術と、先読みの結果をお持ち帰りいただければ幸いです。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧