先読み

2018年5月 8日 (火)

陰陽師がどのように鑑定を行なうか、説明いたします

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

私の鑑定室には定期的に来られる方が多くいらっしゃいますが、最近になって、ご紹介やブログ・書籍などで私のことを知ったという方や、陰陽道についてあまりよくご存じないという方もよく来られるようになりました。

このブログをご覧になっている方のなかにもそのような方が、きっとおられることでしょう。

「陰陽師の鑑定が、どのようにして行われるか知りたい」という方も少なくないはずです。そのような方のために、今回は私の鑑定の進め方についてお話ししましょう。

私の鑑定室に来られる方のお悩みは様々です。人間関係の問題や、金銭関係の悩み恋愛相談健康に関する心配ごと家族や親族とのトラブル霊的なことに関する不安……。時には人の生死に関わるほど、深く大きな悩みを抱えられている方も相談に来られます。

その他にも、転居の際の吉日や吉方を知りたいという方。新築や改築にあたっての地相・家相の相談土地や住居に結界を施してほしいという依頼など相談事の種類は実に様々。なかには出張を伴うご相談もありますが、どのようなお話であれ、私はまずご本人と直接お会いすることにしています。

ご本人から相談内容を直接伺った後、最初に私が行なうのが「先読みの術」です。

"術"というと少々大仰に聞こえるかもしれませんが、相談者の方の目を見るのです。

そうすることで、相談者の方の現状や将来の出来事が、私には映像のように、または何枚もの写真が連続して写しだされるように見えてきます。

そのような光景のなかから、相談内容に関係して特に重要となる出来事や、先々の災厄などを読み取ったうえで、最も良い選択をして生きていけるよう、アドバイスしていくことにしています。

また、必要であれば1080種類ある陰陽道の術を、状況に応じて使うこともありますし、場合によってはご自宅や職場などに赴いて、術を施すこともあります。ですが、その場のアドバイスのみで解決できることがほとんどです。

ちなみに、先読みによる私のアドバイスはわかりやすく具体的にお伝えしています。

たとえば相談者の方が、将来、事故に遭うということがわかった場合、もし、その方が事故に遭う前後にカレンダーや時計などを見ていれば、その方の目を通して日時がわかりますし、そうしてなかったとしても周囲の人の服装や木々の色づき加減から、季節を読み取ることができます。

また周囲にある店舗や看板などから、場所をある程度(場合によってはかなり限定的に)お伝えすることも可能です。その時期や一定の地域に注意することで、事故を回避できる可能性が高まります。

このようなお話をすると、「自分が知られたくないことまで見られてしまうのでは」と心配する方がおられるかもしれませんが、ご当人が隠したい、見られたくないと思っていることを見ることはありません。

私が拝見するのは、その時の相談事に関わる出来事や、努力や注意によって避けられる災厄などについてのみなのでご安心ください。

このようにして鑑定を行ない、相談者の方が納得された後、私は最後に「式神」をおわたししています。

陰陽師が術に用いる式神には様々な種類がありますが、鑑定の際におわたししているものは、「擬人式神」と言われているもの。

人形(ひとがた)の神に相談者の方の御度(気)を移したうえで、私の念を込めてつくります。

これはいわば護符の役割をもたせたもので、本人に代わって災厄を受けてくれます。

実際に、式神が身代わりになった際には、たとえ破れようがない場所にしまってあったとしても式神が破れているので、定期的に確認してみることをお勧めします。

また、相談者の方の状態によっては、式神をおわたしする代わりに「御度入れ」を行なうこともあります。

これは御度(気)を用いて、相談者の方の心身に宿る生命力を高める術です。相談者の方の御度の状態を拝見し、その方の御度が極度に薄くなっていたり、流れが滞って調整の必要があると判断したときには、その人の肩に私の手を当て、そこから御度を流し込みます。

そして薄くなった御度を濃くし、滞った流れを調整するのです。御度入れの必要があるかどうかについては、その都度判断しているので、鑑定時にご相談ください。

さて、今回は私の鑑定について説明してきました。

陰陽師というと、映画や小説などの影響から「少し怖いのでは……」と思っている方もおられるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

悩みや不安をお持ちの方、また人生の岐路にさしかかっていると感じている方などは、ぜひ鑑定室にお越しください。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

ついてない、悪いことばかりだ、というあなたへ

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

鑑定所にはいろいろな方がそれぞれ違った悩みを抱えておいでになられます。

十人十色と申しますが、毎日のようにたくさんの方をお会いして話をお聞きすると、あることに気がつきます。

それは、「相談内容は本質的に同じでも、それを語る言葉がまったく違う」ということです。

当たり前のことではありますが、鑑定で御度や背後の霊、これまでの人生とこれから先の未来を見通すと、語り口の違いが人生に大きく影響を及ぼしていることも珍しくありません。

人は、自分にとって不幸な出来事が起こったり、困ったことが立て続けに起こると、
「どうしてこんな目に遭うんだろう」
「自分はいいことがない人生を過ごしている」
「なにかしようと思うと失敗する」
などと、ネガティブなことを考えがちです。

鑑定所に来る方の多くは、ネガティブな思いを自分ではどうしようもなくなっています。だからこそ、鑑定所に来るという選択をしたのでしょう。

ところが、主にリピーターの方に多いのは
「先生、こういうことがあって……」
と、特に困ったふうでもなく、淡々と困った出来事を私に語る方です。

実は、こういう方のほうが運命は良い方向に向かっていきやすいのです。

嫌なことが起これば、大抵の人は嫌な思いをしますし、人生に大きな影響があったのであれば、そのことをいつまでも考えて

「あの時こうしていれば」
「あいつが悪いんだ」
「いや、そもそも自分がそういう星の下に産まれているんだ」

などとネガティブな思いでがんじがらめになってしまいます。

これは、よりネガティブな方向へあなたをひきづりこんでいく危険を伴っています。

できる限り、極力、笑顔を心がけること。

私は、悩みに捕らわれている方にそう声をかけさせていただいています。

きついことがあって、悩んでいても、顔だけは笑顔をできるだけ作って下さい。そうすればいい流れを呼び込むこともできるのです。

悩んで下を向いてしまうと、開かれている可能性に気づくこともないでしょう。

悪い御度や死霊などもそのネガティブな思いに引き寄せられてきます。

また、視野も思い込みで狭くなりがちです。そういう時に、解決方法があるにも関わらず、視野が狭まっていることで最悪の解決法しか見えない、思いつかないこともあるのです。

しかし、そんな中、辛くても顔だけでも笑顔を作ることができれば、それが自信になり、視野も一気に開けてきます。

それがなかなかできないという場合は、気が済むまで何度も鑑定所においでください。

もし、あなたが霊のせいだ、というのであれば、当然、背後の霊も観ます。その結果、不幸が霊のせいでなければ、あなたに必要なのは笑う気力を取り戻すことです。

また、その出来事があらかじめ予定されていた運命であることもあります。

乗り越えることで、この先の苦難を乗り越えることができ、幸運を達成するのです。

少しでも笑顔を取り戻せるよう、まずはあなたに起こっていることを説明する言葉をネガティブなものからそうでない言葉に置き換えてみましょう。

すると、それだけで「意外に大したことがない」話に思えてきませんか?

また、会う人会う人に呪詛のように悪い言葉で話すのも、結果として言霊となってしまいますから、愚痴や文句、またネガティブな言葉を好んで使っている方は、その姿勢が不幸をよびこんでいる可能性を考えてみましょう。

自分のそんな性格がいやだ、と思っている方には、その性格がどこから来ているかを鑑定から見極めましょう。

ひとりでも多くの方を、本来向かうべき正しい道へ導いて差し上げるのも、私ども陰陽師の大切な役割なのです。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

※GWの鑑定ご予約はお早めに!

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

星に祈りを捧げるならどんな星?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

陰陽師は平安の昔から、星空を観測してまいりました。
暦を制定するために、そして、吉兆を占うために。
さらには、五芒星や北斗七星の形を術で利用することも多々あります。

さて、こんな話から始めたのは、皆さまに陰陽師と星の関係が深いことを前提条件として知っていただきたかったからです。

メルマガでは読者の方の質問を受け付けておりまして、時折り、メルマガ上でお答えしています。

今回はメルマガに寄せられた質問にお答えしてみたいと思います。

ご質問は、星に願い(特に人の幸せ)を願うにしても、効果的な祈り方はありますでしょうか。また、陰陽師の方にとって、北極星と北斗七星は、どういう意味をもつ星なのでしょうか? 願い事をするにしても、オススメの星などはあるのでしょうか?」
というものです。

この方はすごく優しい心をお持ちの方で、お祖母様や家族、友人の幸せを祈りたいという希望をお持ちです。

いまどき、自分のことより周囲の幸せを祈ることを優先しようというだけでも、この方は幸せになっていくと思います。

それについてはまた、別の機会にお話させていただくとしましょう。

さて、まず、陰陽師に関して言うならば、北極星と北斗七星はとても縁深い星々です。

北極星は全天の中でも沈むことのない中心となる星です。

ですから、私ども陰陽師にとっては帝(みかど)を意味します。

そして、それを守るものとして、星座ではおおぐま座の中でしっぽにあたる北斗七星があります。これは、柄杓に似たその形から、独立した星座として世界でとらえられてきました。

北極星を見つける星座としても有名ですし、西洋・東洋を通して特別な意味のある星座として古来より崇められてきた星座です。

ちなみに陰陽師が占いで使う直盤では中心に北斗七星を置きます。

しかし、これらの星は陰陽師にとって占いに用いる星です。また、術の中でその形を手形や実際に記して用いる時もあります。

お祓いの時にも背中に北斗七星を背中に描く時もあります。

しかし星に祈っているわけではありません。

では、実際の星空で願いをかけるとしたら、どんな星がいいのでしょうか?

極端に言ってしまうと、願いがある時は実際に口にすることです。できれば毎日。言霊として出すことが大事です。文字として書いても良いでしょうが、星に祈りたいという思いがあるのでしたら、星空が見える日は必ず祈りを口にされると良いでしょう。

もうひとつ、いつもそのことをできるだけ考えていることです。

流星が流れるまでに3回願いことを言えれば願いが叶うと昔から言われていますが、それはけっこう難しいことです。

これはどういうことかというと、「常に思っていてください」ということです。

たとえばあなたが今「あなたの願いはなんですか」と急に質問されて即答できるでしょうか? 少し考えてしまう方が多いと思います。

ですが、いつも思っていれば、即答でき、流星が流れている時でも叶うわけです。要は、そのくらい真剣に考えること、願い続けることが祈りには必要というわけです。

ちなみに流星は目に見えないだけで昼間も多く流れていますから、ずっと思っているのであれば、昼夜は関係ありません。

そういう意味では、口に出していうのであれば、星は特に無関係です。

しかし、それではどうも祈りにくいという方もいるでしょう。そういう方には、一番星をおすすめします。

一番星は、日没前後に見えている、かなり明るい星です。西の空に見つけることが多いのは、それが宵の明星「金星」だからです。

地球よりも太陽に近い惑星で、そのため夕方か明け方に見られます。

もう少し暗くなってからでしたら、その時に見えるいちばん明るい星でもかまいません。

また、早起きの方であれば、日の出を拝むのもよいでしょう。
御来光は今でもたくさんの方が拝みに行かれますよね。正月も初日の出を拝むほどです。

夕日は地平線の下に落ちていくので、あまりおすすめできません。これは世界共通ですが、日没は死を意味します。朝日は生命です。

なので、太陽を拝むのであれば、朝日がお勧めとなります。

いかがでしょうか。

願掛けはそう難しいことではありませんが、口に出して言うこと、そして星に願うということで毎日続ける、さらに、その思いをいつも持っていることでより強さを持ちます。

それでも、全ての願いが叶うというわけではありません。人にはそれぞれ宿命があり、決まっている出来事もあります。

そのことを考えずに「願いが叶わなかった」と絶望することもありません。

私の先読みは、そうした方のためにこそ授かった力であるとも思えます。

より強い願いがある方は、その願いを増長させる陰陽師の術と、先読みの結果をお持ち帰りいただければ幸いです。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

平安時代の陰陽師のメインの仕事は?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

突然ですが、私たちの先祖、
たとえば平安時代の陰陽師が
もっとも時間をさいた仕事は何だったと思いますか?

公家の依頼で先読みをして、吉凶を占うこと?
都の人々を守るための結界を張ること?
夜な夜な出没する悪しき物の怪を消し去ること?

いずれも正解です。
ですが、いちばん多かった仕事ではありません。

答えを書きましょう。

なんとそれは、公家たちの恋愛相談だったのです。
いえ、もっと厳密にいえば、
恋愛の仲介、いまでいうパートナー紹介です。

当時の陰陽師は、陰陽寮という国の役所に勤める、いわば公務員でした。
それなのに恋愛の仲介とは、いったいどういうことなのでしょう。

まず、当時の公家の娘ですが、
彼女たちは家の奥に匿われ、外出することはほとんどありませんでした。
当然、男性と知り合うチャンスも皆無です。

これでは男性だって、年頃の女性と知り合うことなど期待できません。

ところが私たち陰陽師は、顧客訪問ということで、
たくさんの公家の屋敷に自由に出入りが許されていました。

当然、仕事が終われば、世間話にもなります。

あの家には、こんな娘さんがいる。
この家には嫁捜しをしている息子さんがいる。

縁談の相談をされることも少なくないわけです。

このように当時の公家たちの恋愛情報は、
主に私たち陰陽師を通じて交わされていたのです。

それだけではありません。
双方で話がつけば、陰陽師は若い恋人たちの伝書鳩がわりにもなりました。

電話もメールもLINEもない時代です。
それに恋愛中の男女といえど、自由に会えるようわけではありません。
思いが募れば「夜這い」という究極の手段もありましたが、
基本は手紙による互いの愛情確認です。

そんなときには、屋敷に出入り自由な陰陽師の独壇場でした。
もちろん託された恋文を、こっそりと相手に届けるわけです。

以前、このブログにおいて、
鑑定でいちばん多いのは恋愛相談です、と書いたことがありました。

あれから1000年の時が流れているのに、
陰陽師の最大の仕事はいまも変わっていないということです。

ご先祖様たちも、まさか1000年後の子孫が、
日々、同じように恋愛相談に追われていると知ったら、
さぞや驚かれることでしょうね。
それとも、苦笑いされるのでしょうか。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************


にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

良き新年を迎えるためにしておきたいこと

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

2017年もあと僅かです。皆さまはきっと毎日忙しくお過ごしのことと思います。

仕事や忘年会、年末のあいさつ回りなどでこの時期は例年なにかと動き回ることが多い時期ですね。

この時期にやっておきたいことといえば、大掃除です。

会社でも自宅でも、1年の汚れを落とす年末の恒例行事ですが、この時を利用して不要なものはどんどん処分してしまいましょう。

風水的にも大掃除は家の中の御度の回りをよくすることになりますから、良い年を迎えるためには大変役に立つ行事です。

残念ながら縁が切れてしまった相手の思い出の品などは、念が篭っている場合もありますから、心を新たにして次へ向かうためにも思い切って捨てたり、買い取りに出してしまいましょう。

さて、もうひとつ、年賀状は皆さまお出しになりましたか?

今ではSNSやメールで済ませてしまう方も多いですし、プリント年賀状を利用される方も多いでしょう。

陰陽師の立場から言わせていただくと、関係を深めたい相手、親しい相手、尊敬する相手などへの年賀状は、肉筆で一言でも書き加えていただくのが理想です。肉筆は、書くことでひとつの呪となり、良き思いを伝えやすいのです。

忙しくてまだ書いてない方は新年になってからでも構いませんので、必ず一言、相手のことを思って書き添えていただければと思います。

年を超えてからしておきたいことも書き添えておきましょうか。


というのも、わたくしどもは年始はおせちを食べる間もなく、結界を見張り、調子を見るために山ごもりすることになるからです。

「あけましておめでとうございます」をみなさまにお伝えする余裕もありません。逆に、皆さんが安心して新年を迎えることが出来るよう、魔が結界内へ入ることのないよう、しっかり見張り、広い地域を守る結界に破綻がないかも含めて見守らなければなりません。


と、わたくしはそんな年越しをするわけですが、皆さんは年越しで初詣に行かれる方もいるでしょう。

わたくしは神社に参拝する時は、家で塩を入れたお風呂に使って身体を清めてから向かっっています。みなさんも余裕がありましたら、ぜひ参拝前に身体を清めてみてはいかがでしょうか。ただし、湯冷めには十分お気をつけてください。



また、初詣に行かれる際は、地元の氏神様の神社にも忘れずに参拝を。こちらは土着の神様という性格が強いのですが、地元で土地の力が強い場所にあるはずですから、その力の及ぶ地元で暮らしているので、しっかり参拝したいですね。

参拝といえば、去年の御札やお守りも忘れずにお持ちいただいて、1年の役目を感謝してお収めしましょう。

夏や秋などに行った神社のものは、まだいいでしょう。期間はだいたい1年が目安です。できればお求めいただいた神社に収めて炊き上げしてもらうのがいちばんなのですが、旅行で訪れた遠方の神社などの御札ではそうも行かない場合もあります。その場合は最寄りの神社に収めてください。

年越しの楽しみといえばおせち料理です。最近では和風だけでなく中華や欧風など、グルメなおせちも増えましたが、縁起食にはやはりそれならの根拠がありますし、食べることで身体の中に取り込みますから、厄払いや身体を整える役目もしっかりあるのです。

そういう意味では、昔ながらの伝統的なおせち料理をお食べいただくことをお薦めします。


若い方はふだん口にしないものも多いと思うのですが、偏った食生活を正月くらいは正してみるという意味でもよろしいのではないでしょうか。

さて、新しい年がどうなるのか、気になる方がただいま、鑑定所に多くいらっしゃっています。来年のことを言うと鬼が笑うと申しますが、陰陽師のわたくしにとって、鬼は怖くありません。


年明けは、6日の土曜日から鑑定をさせていただきます。

少し早いですが、本年は皆さまにお世話になりました。来年も皆さまが幸せな年を過ごせるよう、お祈りさせていただきます。


それではまた、このブログで鑑定所でお会いましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

※年末年始は12月30日~1月5日は鑑定はお休みとなります。

※予約受付の連絡は12月29日~1月4日までお休となります。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

人生の節目や、岐路に立った際、陰陽師はあなたの役に立ちます

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

私の鑑定室に来られる方の大半は、何かしらの悩みや不安を抱えている方々です。

ですが、すでに悩みを解決して、今は特に問題を抱えていないという方が、定期的に来られるというケースも実は少なくありません。

このようなお話しをすると、「なぜ?」と不思議に思う方もいるかもしれませんが、それにはいくつかの理由があります。

その一つが、「人生の節目や岐路に立ったとき、より良い道を選ぶために意見を聞きたい」というものです。

たとえば──

・婚約、結婚、出産、子どもの成人、家族の入院や介護、親族の他界など、近しい人との関係に変化が生じたときに、生き方を見つめ直すために訪れる。

・進学や就職、転職、起業などをする際、または新しい趣味を始める際など、新たなチャレンジをするときにアドバイスを受けるために訪れる。

・特別に親しかった知人や、大切な家族の命日を迎え、自分の気持ちを整えるために訪れる。

・求めてきた夢や目標が実現し、さらに先へ進む前に気持ちをリセットするために訪れる。

皆さんに共通するのは、より良い道を歩むために、意見を求めたいという思いです。

そのようなかたちで鑑定を利用していただくことは、私としても、とても嬉しく思います。

起こってしまった災厄や事故に対応することはもちろん、
それらが起こらぬ先に、
難を逃れるための知恵と術を駆使することこそ、
陰陽師の本懐であると私は考えるからです。

陰陽師は古から、「吉方」や「吉日」などを予見するための理論と術を探究してきました。

それは事前に災厄を避け、よれ良い選択をするためのお手伝いをするためです。

より良き道を選ぶ時期に直面していると感じる方は、特に大きな迷いや不安がないからといって躊躇することなく、鑑定室に足を運んでみてください。

また、「悩みや不安があるわけでもないけど、なぜか心が晴れず、心身ともに弱っている」というように、漠然とした理由から鑑定室に来られる方も少なくありません。

特に何かあったわけではないのに、何事に対してもやる気が起こらない。

何をしてもすぐに疲れてしまう。

やるべきこととわかっていても、気力が湧かず逃げ出したくなる……。

そうした方の多くは、御度(気)の状態が低調になっているケースが多く見受けられます

もとの色がわかりにくくなるほど御度が薄くなっていたり、御度の流れが極端に滞っていたり、不安定になっていたりということが多いようです。

そのような方のなかには、ご自分で自覚してはいないものの、心の奥に大きなストレスやトラウマを抱えているケースが少なくありません。

またときには、霊的な問題に見舞われているということもあります。

前に一歩進み始めるためには、アドバイスだけでなく、私の御度を注いで(御度入れの術)心身のエネルギーを高める処置を施したり、霊的な問題を解消したりということが、必要になるかもしれません。

いずれにしても、心身の低調な状態が続くようであれば、一度鑑定室にいらしてください。

特に悩みはないけど、人生の岐路や節目を迎える方。

原因ははっきりしないけど、
心身に気力が満ちてこない方。

そのような方々にも、陰陽道の知恵と術を活用して、よりよき道を歩むためのお手伝いをすることはできます。躊躇することなく、気軽に私の鑑定室をご利用ください。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

陰陽師の除霊は人生を邪魔する霊を消し去ります

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

今回はお問い合わせの多い、除霊についてお話をいたしましょう。

鑑定時は、先読みをしていますが、その時、私の眼には鑑定している方の御度、そして守護霊やその副霊など、あなたを見守っている霊、そして人によっては取り憑いている死霊や生霊がハッキリ観えています。

実は、大半の方は多かれ少なかれ、守護霊以外のなんらかの霊に取り憑かれています。

その霊は、死霊と生霊に大別されます。

死霊は死者の霊であり、成仏できない霊です。そして現世に留まり闇の中をさまよい続けております。それが波長があったりするとそのまま取り憑いてしまい、生きている人間に悪影響を及ぼします。

この場合、取り憑かれた方がネガティブな状態だったりすると、霊に支配されやすくなり、とても危険な状況に陥ってしまいます。

霊の力はそれぞれ異なりますが、力や念が強い死霊が憑いている場合は、その方の運命を変えて生命を奪いかねませんので、できるだけ早く除霊することが必要です。

これは、生霊の場合も同じです。

生霊というのは、生きている人間があなたに対して飛ばした霊です。もしくは、あなたが強い念を抱いている相手に飛ばしている場合もあります。

生霊は生きている人間の恨みや、恋愛の強い思いなどから生じてしまうことが多いのですが、大半は飛ばした方も意識して生霊を飛ばしているわけではありません。

まったく意識せず、思いもしない相手に次々と生霊を飛ばしてしまう方も稀にいらっしゃいます。

生霊は恨みから出たものでなければ、そう害はありませんが、あまり気持ちの良いものではありません。

体質的に生霊を意識せず飛ばしている方は、そのぶん、確実に魂を削っています。そのため、御度が弱まり、正しく循環できなくなることもあります。

さらに、そんな時は魂の削れた部分に死霊や生霊が入るこむ余地が出来てしまうため、除霊をしたうえで、式神や結界で身を護る必要があるといえるでしょう。

陰陽師のわたくしが除霊をする時、死霊に関しては消去してしまいます。成仏などさせません。完全に消してしまうのです。

さて、生霊の場合はというと、飛ばした方が生きていますから、そういうわけにもいきません。そこで、生霊はまず式神を媒体に用いて乗り移らせます。それから一体ずつガラスの瓶に封じ込め、保管しています。

この生霊の除霊は、目の前で封じこめた瓶をお見せすることができます。

なぜガラス瓶を使うかというと、式神に乗り移らせた生霊は、瓶の中で力を失っていきます。かかる時間はそれぞれ異なりますが、百年単位かかるものもあるため、保存性も考えて変質の少ないガラス瓶を使っているのです。

除霊すべき霊の数は一体だけとは限りません。

長い間に複数の死霊と生霊に取り憑かれている方がほとんどです。

中には邪悪な念が一体化した死霊が憑かれている方もいらっしゃいます。

とはいえ、ついている霊はすべて悪いわけではなくあなたを守ってくれる良い霊もあるので、 鑑定で見させていただいて除霊が必要か否かを判断しています。

どんな霊が憑いているか知りたい方も多いと思いますので、ご遠慮無くお聞きください。

中には霊を消しても消してもすぐに憑かれてしまう方もいらっしゃるのですが、そうした方は結界を張るのがベストです。

特に強い念の持ち主から生霊を次々と飛ばされている場合もあり、そういう方は、誰も居ないはずの場所で視線や人の気配を感じることがあるかもしれません。

そうでない方は式神をお持ちいただくことで、新たな霊から身を守れます。ただし、破けていたら、すぐにお越し下さい。

除霊をすることで、ネガティブな考え方が霊から開放され、良い方向に考えることができるようになります。

また、御度も調整して本来の流れを取り戻すようにしますので、日がたつにつれて除霊の効果を実感いただけるのではないかと思います。


逆に、自分は生霊を飛ばしているかもしれないという方も、ご遠慮無く鑑定においでください。

魂が削れて霊に乗っ取られる前に、手を打つ必要があるからです。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

結界を張ってもメンテナンスが必要な方もいらっしゃいます

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

水の家系は、もともと、守護を得意としています。

そのための術として、除霊、結界といった陰陽師の術があり、結界は土地はもちろん、鑑定した方を包むように張ることもできます。

希望される方には、結界内に悪意をもった霊が入らないよう、まず除霊をいたします
憑いていなければ、清めの手順を踏んでから結界を全身に張り巡らします。

この結界は、張れば幸せになるというものではなく、悪意のある霊や予期せぬ(運命ではない)命にかかわるような大事からあなたを護る役目を担っています。


要は、バリアーのようなものだと思っていただければ分かりやすいかと思います。
霊に敏感な方や、周囲の人間との距離が気になる方(間接的に御度を感じている可能性があります)などは、結界を張ることで嫌な気分から解放されるように思えるようですが、これは結界が外界との間にクッションとしての役割を果たしているからなのです。

では、結界を張ればもう心配はないのでしょうか?

実は、そうではありません。

なぜなら、ご自分の思いが強い方の場合、結界の中でその思いが増幅されてしまう傾向があるからです

思いがポジティブな場合は、その方の人生も良い方向へ道を見つけて進んでいけるのですが、ネガティブな場合は、逆に自分で自分を苦しめる考えに取りつかれてしまったり、行ってはいけない方向へ遠回りしてしまうこともありがちなのです。

つまり、結界を張ったあとの鑑定と先読みもまた重要ということになります。

結界を張る方には、結界の役割と注意点についてはご説明させていただいております。

結界=幸せ

ではなく、結界の中にいるあなたの考え方が、人生をよりよくしていくのです。
際、結界を張られた方が感想を述べがてら、
「今、自分の結界は問題ないでしょうか? 御度はきちんと流れていますか?」
と再度お出でになることが多いのです。

結界を張っていても、運気によっては良くないことが続くことがありますが、そうした場合、結界内での御度の流れを見直したほうが良いこともあります。


結界を張る際は、もちろん御度の流れが滞っていればしっかり調整しているのですが、これは日々の生活を送るうち、状態が変わってしまうこともあります。


なので、できれば結界を張られた方も、切りのいい時に結界内と御度の流れ、そして先読みで方向が間違っていないか確認いただければよろしいと思います。

時期は、私のことをふと思い出した時、結界のことが気になった時とお伝えしていますが、気になる方は一ヶ月後でも構いません。


稀にですが、タチの悪い霊の攻撃を受けやすい方がいらっしゃって、結界が弱まってしまう場合もあるのです。(たいていは張る前に分かりますが、引越などで周囲の環境が変わって影響をうけることもあります)

あなたが私を思い出している時は、私もあなたの結界か、思いについて心配している時だったりします。


結界は私とあなたをもつないでいるのです。


結界を張られている方でその後おいでいただいていない方は、機会を見て再鑑定においでください。

そして、現状をいまいちど見直してみましょう。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

お子さんの進路が心配な親御さんへ

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

最近は受験も様変わりして、教育熱心なご家庭では幼稚園から、大学や専門学校では一般受験に先がけてAO入試や推薦入試などもあるようです。

お子さまの受験で悩んだ親御さんが鑑定に訪れることも多いため、わたくしにも現在の受験も、方法こそ変わったものの、どこを選ぶかで親子ともども悩み、意見がぶつかるのは昔と同じということはわかります。

受験をするのはお子さまなので、どの学校を本命にするか、滑り止めをどこにするかを観てほしい、とお子さまをお連れになる親御さんもいらっしゃいます。

鑑定すれば、未来の様子から最終的にどこに行けば幸せになっているかをわたくしは観ることができるのですが、その答えをそのままお伝えすることはできません。

それは運命に干渉しすぎてしまうからです。そして、わたくしに依存するようになってしまいます。これは何度も申し上げてまいりました。

もうひとつ、先読みの結果が必ずしも受験に成功して幸せになっていないこともあるのです。

受験の時、どちらかと言えば熱くなっているのは親御さんです。

我が子には幸せな未来を歩んでほしいから、できるだけいい大学に頑張ってほしいと考えられるのは、親として当然でしょう。

うちは勉強はともかく、小さな頃から陰陽師として父に厳しく仕込まれました。

同じように、鑑定所にお子さまを連れてこられる方の場合、教育に関してはふだんから力を入れていらっしゃるようです。

ところが、お子さまとふたりで鑑定を始めると、親御さんの熱量はどこへやら、お子さまは正直、「今の自分では難しい」とか、「悪いけれど専門学校に進みたい」と、親御さんの熱意とまったく別の方向で自分の進路を考えていたり、分析していたりするのです。

その考えをふだんから話し合っている親子の場合は、私の前で口論が始まったりする場合もあります。

これは珍しいことではありません。親の熱意は、現実を見えなくさせてしまい、お子さまの気持ちがないがしろになってしまうのです。

わたくしも小さな頃から厳しい修行を積まされてきました。言うまでもなく、立派な水の家系の陰陽師を継ぐためです。

しかし、わたくしは実家を出て世界放浪の旅に出てしましました。

窮屈で仕方なかったからです。

ところが、今は父に課せられた修行で陰陽師として術を使うために必要な心身を作り上げ、陰陽師として皆さまのお役に立っています。

親御さんとしては、お子さんの進路の確実な方向へ進む未来を先読みしてもらいたいというお気持ちは痛いほどわかります。

しかし、実際は親御さんの希望通りとは限りません。

それでも、ご本人が幸せで、親御さんも笑っている未来が先読みできれば、その方向へ進むのがいちばんなのです。

最近では大学に入っても辞める人が多いそうです。つまり、入学してもそこから先は別の道を選ぶことになるのです。

運命はどこかに合格すれば成功、ではありません。むしろ、そこからです。

先読みでは、受験結果次第でみなが暗い顔になる分岐も見える場合もあります。その場合優先するのは、お子さんが納得してよりより道に進むことです。

それ以上の細かいことはお教えできません。ただし、受験を後押しする式神を授けることはできます。

進路の鑑定は、親御さんの未来を観ることでお子さまを間接的に観ることができますので、親御さんだけで起こしいただければと思います。

そろそろ受験準備が始まっているようで、相談も増えております。

まず、親子の歩調を合わせてあげること、お子さまの意見も聞くことも大事ですよ。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************


にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

決断力を高める"心のリセット法"があります

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

恋愛、人間関係、仕事、金銭問題、霊的な事象に関すること……。私の鑑定室には、日々、様々な悩みをもつ人が訪れます。

抱えているトラブルは十人十色ですし、問題に対する処し方も人それぞれではありますが、大まかな傾向がみられることもあります。

たとえば、進むべき方向を「決断できない」という相談をされる方のなかに多いのが、「自分の問題を、客観視できない状態」になっている人です。

以前、鑑定室に来られたMさん(30代・男性)も、そのような状態に陥っていた方でした。決断ができずに困り果て、相談に来られたのでした。

Mさんはある洋食店に勤める調理師。
腕前は確かで、店舗では調理場のチーフとして腕をふるっており、店長からも厚い信頼を得ていました。

そんなMさんの腕が見込まれ、独立を促す声がかかりました。友人の紹介で懇意になった事業家の男性Aさんが、Mさんを新たに構想しているイタリアンレストランの店長として迎えたいと申し出たのでした。

出店までの資金はすべてAさんが出資。
Mさんには店長兼シェフとして、店を切り盛りしてほしいとのことで、現在の職場よりも好条件が提示されました。

Aさんは飲食店のオーナーとして多くの実績を挙げている人で、人間的にも信頼できる人物であると、同氏を知る人は声をそろえて言います。

また開店までには時間的に余裕があり、いま勤務している洋食店が、Mさんの後任を探すための時間も十分にあります。

長年にわたって店に貢献してきたことから、洋食店の店長としても、自分を快く送り出してくれるだろうとMさんは話します。

リスクは低く、得るものは大きい。

ふつうに考えれば、Mさんにとっては益の多い話だといえるでしょう。転身の障壁となるものはほとんどありません。Mさん自身の気持ちを除いては──。

新しい一歩を踏み出すことをためらい、彼は鑑定室へ相談に来たのでした。

「調理については要望に応えられるが、従業員をリードしていく自信がない」。
「店が繁盛しなかったら、Aさんに申し訳ない」。
「その後の人生を左右するような決断を下すことが怖い」。

そのような不安や恐怖感ばかりが次々に湧き出し、彼は決断できずにいるのでした。

鑑定時に私が先読みの術を施した結果はどうだったかというと、新店舗でMさんが生き生きと活躍する姿が見えました。

店も活況を呈しています。新天地に進むことで、彼の人生はさらに好転すると判断できました。


決断することができず、優柔不断になっているMさんには、まず彼が選べる選択肢それぞれについて、メリットとデメリットを整理してもらいました。

自分自身が置かれた状況を、
できるだけ客観的に見てもらうようにするためです。

そうした上で、私は先読みの術で読み取った未来を念頭におきがらアドバイスしました。

多くの場合、人は他人の悩みに対しては、客観的な判断や助言ができるものです。

それがこと自分の問題になると、冷静さが失せ、判断力が鈍くなってしまいます。Mさんもそういう状況に陥っていたのでした。

自分の気持ちをリセットし、客観的な視点をもつようにする──。

容易なことのようで、実はそう簡単にできることではありません。
ですが、そのような状態へと自分自身を促すための、良い方法があるのでご紹介しましょう。

それは、「瞑想」と「行水」。何かに悩んで冷静な判断ができないようなときに、ふだんの生活のなかで手軽にできる"心のリセット法"です。

たとえば、いくつかの選択肢を目の前にして立ちつくし、冷静な判断ができなくなっているようなとき。

そんな折には、朝早く起きて浴室で行水をして、頭と心をクリアにする。

落ち着ける部屋で瞑想をして気持ちを鎮める。

そうすることで冷静さが戻ります。そして、自分自身の問題であっても、「他人から受けた相談」のように、客観的に対処しやすくなります。

私はMさんがより良い道を歩める方向に向かうためのヒントを告げたうえで、決断を下さなければならない期日までの数日間、朝の瞑想をするようにお勧めしました。

そして最後には、自分自身で決断を下してほしいと伝えました。

そうすることで、私への依存心が生じにくくなりますし、自分自身で考えて生きる力が育まれるからです。

後にご本人の報告を受けてわかったことですが、彼はその後、毎朝、瞑想をする習慣をつけたそうです。

また、特に大きな決断をする日には、行水をするようにしていると聞かせてくれました。

ちなみに、先にお話しした新店の問題については、独立する道を彼は選びました。今後の彼の活躍を楽しみにしたいと思っています。

人生の選択肢について冷静な判断ができないという方。

自分の置かれた状況を客観的に判断できずに悩んでいるという方は、
瞑想や行水(※)を試みてはいかがでしょうか。

それでも心の迷いが晴れない方は、ぜひ一度、鑑定室にお越しください。
陰陽道の知恵と術を使って、あなたがより良き道を歩めるよう助言いたします。

それでは、また。このブログでお会いしましょう。

※行水については、身体に負担を与え過ぎぬようご注意ください。体調に気を配り、慎重にご判断ください。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧