鑑定について

2018年6月 6日 (水)

陰陽師の術に欠かせない、大切な要素とは!?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

このブログでも何度かお話ししているとおり、私たち正統の陰陽師は1080種類の術を使うことができます。

要人の守護の役割を担う私たち「水の家系」の陰陽師は、そうした術のなかでも、特に「先読み」や「結界」、「除霊」などを得意としていますが、その他の術他の五家(木の家系・火の家系・土の家系・金の家系・宗家)が得意とする術についても、もちろん使うことはできます。

そのように多種多様な「術」を生み出す際に、私たちがどのようなことを行なっているのかということを簡単に説明させていただきたいと思います。

どのような術であれ、何がしかの目的を達成するために存在します。

たとえば結界であれば、人に悪影響を及ぼす「霊的な存在」や「呪詛(じゅそ)」、「負のエネルギーを宿した念」などがある特定の建物や土地に入らないようにする、または人に憑かないようにするということなどが目的です。

そしてその目的を達成するためには、「念」が深く関連しています。

例えば「霊的な存在」を、住居に入れないようにするために結界の術をかけるとします。

その際に私が行なうことは、まず「霊的な存在を、(対象となる)住居に入れない」という強固念を発するということです。

そしてその念を土台として、"霊的な防御壁=結界の術"を築いていきます。

建築物に例えるなら、確かな基礎部分(念)を築いてから、その上に建物(術)を建てるということだとイメージしてください。

そのように術の土台となる念を、陰陽道では「呪願(しゅがん)」と呼びます。

冒頭で述べたように陰陽道の術は1080種類ありますが、その多くはこのように、陰陽師自らが発する「呪願(念)」を土台として組み立てられています。

つまり、相談者の方の悩みや不安を解消するために、私の強い念を使っているということです。

私たち正統の陰陽師は、長きにわたって人々の懊悩や不安などと向き合い、それを解消しようと苦心するなかで多くの術を編み出すとともに、人生を切り開くための知恵を蓄積してきました。

心の負担を軽減し、より良い道を歩むための英知の宝庫を、私たちは有しています。

何がしかの不安やトラブルを抱えている方。

解決することが困難と感じる悩みがある方。

長年にわたる懊悩で疲れ果てている方。

人生の大切な分岐点に立っている方……

どんなことでもかまいません。鑑定室で気軽に相談してください。

陰陽道の知恵であなたの悩みを解消し、より良い道が開けるようアドバイスさせていただきます。そして必要とあれば、そのつど最良の術を施させていただきます。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

陰陽師がどのように鑑定を行なうか、説明いたします

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

私の鑑定室には定期的に来られる方が多くいらっしゃいますが、最近になって、ご紹介やブログ・書籍などで私のことを知ったという方や、陰陽道についてあまりよくご存じないという方もよく来られるようになりました。

このブログをご覧になっている方のなかにもそのような方が、きっとおられることでしょう。

「陰陽師の鑑定が、どのようにして行われるか知りたい」という方も少なくないはずです。そのような方のために、今回は私の鑑定の進め方についてお話ししましょう。

私の鑑定室に来られる方のお悩みは様々です。人間関係の問題や、金銭関係の悩み恋愛相談健康に関する心配ごと家族や親族とのトラブル霊的なことに関する不安……。時には人の生死に関わるほど、深く大きな悩みを抱えられている方も相談に来られます。

その他にも、転居の際の吉日や吉方を知りたいという方。新築や改築にあたっての地相・家相の相談土地や住居に結界を施してほしいという依頼など相談事の種類は実に様々。なかには出張を伴うご相談もありますが、どのようなお話であれ、私はまずご本人と直接お会いすることにしています。

ご本人から相談内容を直接伺った後、最初に私が行なうのが「先読みの術」です。

"術"というと少々大仰に聞こえるかもしれませんが、相談者の方の目を見るのです。

そうすることで、相談者の方の現状や将来の出来事が、私には映像のように、または何枚もの写真が連続して写しだされるように見えてきます。

そのような光景のなかから、相談内容に関係して特に重要となる出来事や、先々の災厄などを読み取ったうえで、最も良い選択をして生きていけるよう、アドバイスしていくことにしています。

また、必要であれば1080種類ある陰陽道の術を、状況に応じて使うこともありますし、場合によってはご自宅や職場などに赴いて、術を施すこともあります。ですが、その場のアドバイスのみで解決できることがほとんどです。

ちなみに、先読みによる私のアドバイスはわかりやすく具体的にお伝えしています。

たとえば相談者の方が、将来、事故に遭うということがわかった場合、もし、その方が事故に遭う前後にカレンダーや時計などを見ていれば、その方の目を通して日時がわかりますし、そうしてなかったとしても周囲の人の服装や木々の色づき加減から、季節を読み取ることができます。

また周囲にある店舗や看板などから、場所をある程度(場合によってはかなり限定的に)お伝えすることも可能です。その時期や一定の地域に注意することで、事故を回避できる可能性が高まります。

このようなお話をすると、「自分が知られたくないことまで見られてしまうのでは」と心配する方がおられるかもしれませんが、ご当人が隠したい、見られたくないと思っていることを見ることはありません。

私が拝見するのは、その時の相談事に関わる出来事や、努力や注意によって避けられる災厄などについてのみなのでご安心ください。

このようにして鑑定を行ない、相談者の方が納得された後、私は最後に「式神」をおわたししています。

陰陽師が術に用いる式神には様々な種類がありますが、鑑定の際におわたししているものは、「擬人式神」と言われているもの。

人形(ひとがた)の神に相談者の方の御度(気)を移したうえで、私の念を込めてつくります。

これはいわば護符の役割をもたせたもので、本人に代わって災厄を受けてくれます。

実際に、式神が身代わりになった際には、たとえ破れようがない場所にしまってあったとしても式神が破れているので、定期的に確認してみることをお勧めします。

また、相談者の方の状態によっては、式神をおわたしする代わりに「御度入れ」を行なうこともあります。

これは御度(気)を用いて、相談者の方の心身に宿る生命力を高める術です。相談者の方の御度の状態を拝見し、その方の御度が極度に薄くなっていたり、流れが滞って調整の必要があると判断したときには、その人の肩に私の手を当て、そこから御度を流し込みます。

そして薄くなった御度を濃くし、滞った流れを調整するのです。御度入れの必要があるかどうかについては、その都度判断しているので、鑑定時にご相談ください。

さて、今回は私の鑑定について説明してきました。

陰陽師というと、映画や小説などの影響から「少し怖いのでは……」と思っている方もおられるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

悩みや不安をお持ちの方、また人生の岐路にさしかかっていると感じている方などは、ぜひ鑑定室にお越しください。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

ついてない、悪いことばかりだ、というあなたへ

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

鑑定所にはいろいろな方がそれぞれ違った悩みを抱えておいでになられます。

十人十色と申しますが、毎日のようにたくさんの方をお会いして話をお聞きすると、あることに気がつきます。

それは、「相談内容は本質的に同じでも、それを語る言葉がまったく違う」ということです。

当たり前のことではありますが、鑑定で御度や背後の霊、これまでの人生とこれから先の未来を見通すと、語り口の違いが人生に大きく影響を及ぼしていることも珍しくありません。

人は、自分にとって不幸な出来事が起こったり、困ったことが立て続けに起こると、
「どうしてこんな目に遭うんだろう」
「自分はいいことがない人生を過ごしている」
「なにかしようと思うと失敗する」
などと、ネガティブなことを考えがちです。

鑑定所に来る方の多くは、ネガティブな思いを自分ではどうしようもなくなっています。だからこそ、鑑定所に来るという選択をしたのでしょう。

ところが、主にリピーターの方に多いのは
「先生、こういうことがあって……」
と、特に困ったふうでもなく、淡々と困った出来事を私に語る方です。

実は、こういう方のほうが運命は良い方向に向かっていきやすいのです。

嫌なことが起これば、大抵の人は嫌な思いをしますし、人生に大きな影響があったのであれば、そのことをいつまでも考えて

「あの時こうしていれば」
「あいつが悪いんだ」
「いや、そもそも自分がそういう星の下に産まれているんだ」

などとネガティブな思いでがんじがらめになってしまいます。

これは、よりネガティブな方向へあなたをひきづりこんでいく危険を伴っています。

できる限り、極力、笑顔を心がけること。

私は、悩みに捕らわれている方にそう声をかけさせていただいています。

きついことがあって、悩んでいても、顔だけは笑顔をできるだけ作って下さい。そうすればいい流れを呼び込むこともできるのです。

悩んで下を向いてしまうと、開かれている可能性に気づくこともないでしょう。

悪い御度や死霊などもそのネガティブな思いに引き寄せられてきます。

また、視野も思い込みで狭くなりがちです。そういう時に、解決方法があるにも関わらず、視野が狭まっていることで最悪の解決法しか見えない、思いつかないこともあるのです。

しかし、そんな中、辛くても顔だけでも笑顔を作ることができれば、それが自信になり、視野も一気に開けてきます。

それがなかなかできないという場合は、気が済むまで何度も鑑定所においでください。

もし、あなたが霊のせいだ、というのであれば、当然、背後の霊も観ます。その結果、不幸が霊のせいでなければ、あなたに必要なのは笑う気力を取り戻すことです。

また、その出来事があらかじめ予定されていた運命であることもあります。

乗り越えることで、この先の苦難を乗り越えることができ、幸運を達成するのです。

少しでも笑顔を取り戻せるよう、まずはあなたに起こっていることを説明する言葉をネガティブなものからそうでない言葉に置き換えてみましょう。

すると、それだけで「意外に大したことがない」話に思えてきませんか?

また、会う人会う人に呪詛のように悪い言葉で話すのも、結果として言霊となってしまいますから、愚痴や文句、またネガティブな言葉を好んで使っている方は、その姿勢が不幸をよびこんでいる可能性を考えてみましょう。

自分のそんな性格がいやだ、と思っている方には、その性格がどこから来ているかを鑑定から見極めましょう。

ひとりでも多くの方を、本来向かうべき正しい道へ導いて差し上げるのも、私ども陰陽師の大切な役割なのです。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

※GWの鑑定ご予約はお早めに!

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160

予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

春は「人間関係」の悩みが生じがちな季節です

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

都心部では先ごろまで満開だった桜が新緑に染まり、初夏を思わせる気候が続いています。この季節には転勤や転職、進学などによって、新しい環境に身を置くことになった人も多いことでしょう。

そのような時期に不安・不満の種になりがちなのが、「人間関係」です。

これまでとは異なるメンバーのなかに入り、一から人間関係を築くことになると、人はいつも以上に気を遣います。

気難しい人や、なかなか心を開いてくれない人、敵意をあらわにしてくる人など、扱いにくい人がいる環境だとしたら、気配りをするシーンは自ずと増えることになります。

そのような環境で過度に気を遣っている人に会うと、私にはどのように見えるかというと……当人の身体を取り巻いている御度(気)が、外部に向かって散じているように見えます。

通常、御度は身体の周囲を時計回りに回っていますが、の御度が自分の身体から削ぎ取られるようにして離れ、少しずつ消失している状態になっているのです。

そうした状態が長く続くと、御度は本来の色が薄まっていき、人は心身ともに弱ってしまいます。

御度は生命力の源ともいえるものなので、散じて薄い状態が続くと、物事に前向きに取り組むエネルギーが落ちたり、何事に対してもが消極的になったり、心身に不調をきたしたりということが起こります。

状態がさらに悪化すると、気が滅入って職場や学校に行けなくなるということにもなりかねません。

そのような状態に陥ってしまう前に、日頃の不満を小まめに発散することが大切です。

親しい友人や家族に悩みや不満を聞いてもらったり、趣味やスポーツに思い切り打ち込んだり、友達とカラオケをしたり……。

ありきたりではありますが、そのようなことで気持ちを度々リセットすることで、あなたの御度は正常に回り始め、自身の身体に留まろうという働きが再生します。

新しい環境に慣れるまでは、そうしたガス抜きを意識的に行なうようにしてください。

一方、気を遣い続けることで消失してしまった御度を取り戻すには、自然のなかに身を置くと良いでしょう。

特に神地(聖地・パワースポット)に行ってしばしそこで過ごすと、周囲に満ち溢れている清浄な御度を補充することができます。

人間関係に気を遣って疲れ切ってしまった人には、ぜひお勧めしたいと思います。

神地にはなぜそのような力があるかというと、大地に流れる大いなる御度が、噴出している場だからです。

このブログでも何度かご紹介しているとおり大地の下には地脈・龍脈という陰陽の脈が通っていますが、神地はそれらの脈の上に位置しており、大地の旺盛なエネルギーが地上に放たれています。

そうした場に身を置くことで、すり減ってしまった御度を補充することができます。

神地から出る御度の力は、地脈と龍脈によって性質が異なります。

また、土地によって出ている御度の色も異なり、自分に合った神地に行くことによってより効果が高まります。

ご自身と相性がいい神地を知りたい方は、鑑定室にいらしたときにご質問ください。

また、「悩みが大き過ぎてどんな気晴らしもする気になれない」、

「神地に行っても元気が出ない」という方は、一度、鑑定室にいらしてください。

あなたの悩みを陰陽道の知恵と術を使って解消いたします。

また必要に応じて、あなたに合った色の御度を見極めた上で、「御度入れの術」を施すこともできます。

人間関係の懊悩であれ、その他の悩みであれ、心身ともに疲れ切って御度が減っているのではないかと感じる方は、ぜひいらしてください。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も

受け付けております。

出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

星に祈りを捧げるならどんな星?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

陰陽師は平安の昔から、星空を観測してまいりました。
暦を制定するために、そして、吉兆を占うために。
さらには、五芒星や北斗七星の形を術で利用することも多々あります。

さて、こんな話から始めたのは、皆さまに陰陽師と星の関係が深いことを前提条件として知っていただきたかったからです。

メルマガでは読者の方の質問を受け付けておりまして、時折り、メルマガ上でお答えしています。

今回はメルマガに寄せられた質問にお答えしてみたいと思います。

ご質問は、星に願い(特に人の幸せ)を願うにしても、効果的な祈り方はありますでしょうか。また、陰陽師の方にとって、北極星と北斗七星は、どういう意味をもつ星なのでしょうか? 願い事をするにしても、オススメの星などはあるのでしょうか?」
というものです。

この方はすごく優しい心をお持ちの方で、お祖母様や家族、友人の幸せを祈りたいという希望をお持ちです。

いまどき、自分のことより周囲の幸せを祈ることを優先しようというだけでも、この方は幸せになっていくと思います。

それについてはまた、別の機会にお話させていただくとしましょう。

さて、まず、陰陽師に関して言うならば、北極星と北斗七星はとても縁深い星々です。

北極星は全天の中でも沈むことのない中心となる星です。

ですから、私ども陰陽師にとっては帝(みかど)を意味します。

そして、それを守るものとして、星座ではおおぐま座の中でしっぽにあたる北斗七星があります。これは、柄杓に似たその形から、独立した星座として世界でとらえられてきました。

北極星を見つける星座としても有名ですし、西洋・東洋を通して特別な意味のある星座として古来より崇められてきた星座です。

ちなみに陰陽師が占いで使う直盤では中心に北斗七星を置きます。

しかし、これらの星は陰陽師にとって占いに用いる星です。また、術の中でその形を手形や実際に記して用いる時もあります。

お祓いの時にも背中に北斗七星を背中に描く時もあります。

しかし星に祈っているわけではありません。

では、実際の星空で願いをかけるとしたら、どんな星がいいのでしょうか?

極端に言ってしまうと、願いがある時は実際に口にすることです。できれば毎日。言霊として出すことが大事です。文字として書いても良いでしょうが、星に祈りたいという思いがあるのでしたら、星空が見える日は必ず祈りを口にされると良いでしょう。

もうひとつ、いつもそのことをできるだけ考えていることです。

流星が流れるまでに3回願いことを言えれば願いが叶うと昔から言われていますが、それはけっこう難しいことです。

これはどういうことかというと、「常に思っていてください」ということです。

たとえばあなたが今「あなたの願いはなんですか」と急に質問されて即答できるでしょうか? 少し考えてしまう方が多いと思います。

ですが、いつも思っていれば、即答でき、流星が流れている時でも叶うわけです。要は、そのくらい真剣に考えること、願い続けることが祈りには必要というわけです。

ちなみに流星は目に見えないだけで昼間も多く流れていますから、ずっと思っているのであれば、昼夜は関係ありません。

そういう意味では、口に出していうのであれば、星は特に無関係です。

しかし、それではどうも祈りにくいという方もいるでしょう。そういう方には、一番星をおすすめします。

一番星は、日没前後に見えている、かなり明るい星です。西の空に見つけることが多いのは、それが宵の明星「金星」だからです。

地球よりも太陽に近い惑星で、そのため夕方か明け方に見られます。

もう少し暗くなってからでしたら、その時に見えるいちばん明るい星でもかまいません。

また、早起きの方であれば、日の出を拝むのもよいでしょう。
御来光は今でもたくさんの方が拝みに行かれますよね。正月も初日の出を拝むほどです。

夕日は地平線の下に落ちていくので、あまりおすすめできません。これは世界共通ですが、日没は死を意味します。朝日は生命です。

なので、太陽を拝むのであれば、朝日がお勧めとなります。

いかがでしょうか。

願掛けはそう難しいことではありませんが、口に出して言うこと、そして星に願うということで毎日続ける、さらに、その思いをいつも持っていることでより強さを持ちます。

それでも、全ての願いが叶うというわけではありません。人にはそれぞれ宿命があり、決まっている出来事もあります。

そのことを考えずに「願いが叶わなかった」と絶望することもありません。

私の先読みは、そうした方のためにこそ授かった力であるとも思えます。

より強い願いがある方は、その願いを増長させる陰陽師の術と、先読みの結果をお持ち帰りいただければ幸いです。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

ひな祭りの人形はもう飾っていますか?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

今年は例年にない強烈な寒波が何度も日本にやってきましたが、晴れた日はことのほか暖かく、季節は確実に春に向かっていることを感じさせますね。

そして、もう間もなく3月3日、桃の節句<ひな祭り>がやってまいります。

家族に未婚の女性がいる家庭では、きっともう雛飾りを出して飾られているのではないでしょうか。

早い家では2月に入ってすぐに出されていたりしますが、早く出すぶんには問題ありません。


雛人形は、式神と同じく人型です。

つまり人の念が宿りやすい媒体でもあるといえます。雛人形を見るたびに、人形に思いをはせてみましょう。

また、代々受け継がれてきた立派な雛人形には、代々の娘さんや親御さんの念もこもっており、子孫も幸せな結婚をするようにという思いも受け継がれています。

もし、そうした立派な雛人形をお持ちであれば、ぜひ大事にしてください。

さて、この雛人形ですが、どこに置くのがいいでしょうか。

答えは、玄関もしくは玄関に近いところです。

とはいえ、旅館や料亭など玄関に広いスペースがないと飾ることは難しいかもしれませんが、要は人の目にできるだけ多くとまるところに置くのが最適です。

地域によってはひな祭りだけでなく端午の節句、七五三などは親戚一同を集めて宴を大々的に行うこともありますが、それも幸せになってほしいという一族や知人の思いが集まるわけで、とても理にかなったことなのです。

独身で一人暮らしをされている方でも、おそらく実家では家族の方が雛飾りを出されているはずです。


そうであれば、一人暮らしの方も今住んでいる部屋に小さくてもいいですから、ぜひ雛飾りを玄関や玄関近くに飾ってみましょう。

特に今、結婚を考えている相手や、片思いでも好きな相手がいる方は、男雛にその人のイメージを重ね合わせてみましょう。

そして、ひな祭りは片付けも重要です。

陽がくれたらもう片付けどきです。日をまたぐことのないように、丁寧に思いを込めて閉まって下さい。

中には男雛にイメージする相手が具体的に思いつかない、という方もいらっしゃると思います。

「出会いがなくて」

は鑑定所でよく聴く言葉です。

でも、実際はその方が出会いを見逃している場合もあるのです。

恋愛でお悩みの方は、ぜひ鑑定所にお越しください。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いいたしましましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

平安時代の陰陽師のメインの仕事は?

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

突然ですが、私たちの先祖、
たとえば平安時代の陰陽師が
もっとも時間をさいた仕事は何だったと思いますか?

公家の依頼で先読みをして、吉凶を占うこと?
都の人々を守るための結界を張ること?
夜な夜な出没する悪しき物の怪を消し去ること?

いずれも正解です。
ですが、いちばん多かった仕事ではありません。

答えを書きましょう。

なんとそれは、公家たちの恋愛相談だったのです。
いえ、もっと厳密にいえば、
恋愛の仲介、いまでいうパートナー紹介です。

当時の陰陽師は、陰陽寮という国の役所に勤める、いわば公務員でした。
それなのに恋愛の仲介とは、いったいどういうことなのでしょう。

まず、当時の公家の娘ですが、
彼女たちは家の奥に匿われ、外出することはほとんどありませんでした。
当然、男性と知り合うチャンスも皆無です。

これでは男性だって、年頃の女性と知り合うことなど期待できません。

ところが私たち陰陽師は、顧客訪問ということで、
たくさんの公家の屋敷に自由に出入りが許されていました。

当然、仕事が終われば、世間話にもなります。

あの家には、こんな娘さんがいる。
この家には嫁捜しをしている息子さんがいる。

縁談の相談をされることも少なくないわけです。

このように当時の公家たちの恋愛情報は、
主に私たち陰陽師を通じて交わされていたのです。

それだけではありません。
双方で話がつけば、陰陽師は若い恋人たちの伝書鳩がわりにもなりました。

電話もメールもLINEもない時代です。
それに恋愛中の男女といえど、自由に会えるようわけではありません。
思いが募れば「夜這い」という究極の手段もありましたが、
基本は手紙による互いの愛情確認です。

そんなときには、屋敷に出入り自由な陰陽師の独壇場でした。
もちろん託された恋文を、こっそりと相手に届けるわけです。

以前、このブログにおいて、
鑑定でいちばん多いのは恋愛相談です、と書いたことがありました。

あれから1000年の時が流れているのに、
陰陽師の最大の仕事はいまも変わっていないということです。

ご先祖様たちも、まさか1000年後の子孫が、
日々、同じように恋愛相談に追われていると知ったら、
さぞや驚かれることでしょうね。
それとも、苦笑いされるのでしょうか。

それではまた、このブログで、鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

除霊、結界張りなどの相談や、陰陽師・陰陽道に関する質問も受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************


にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

新年の目標を叶えるための妙薬、「願断ち」のお話をします

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

遅ればせながら……
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年が改まり、松の内を過ぎました。

新しい暦を開いたこの時期には多くの人が、「この一年をどのような年にしていこうか」と、思いを廻らせる時期でもあります。今年の新たな目標を立てられた方も多いことでしょう。

新年早々に抱いたそのような思いを継続させ、今年の年末までに目標を達成できる人もいるでしょうが、当然のことながらそのような方ばかりではありません。

数か月もすると意志が萎えて、目指すべきものを見失ってしまったり、目標のハードルを下げたり、ゴールを先延ばししたりということになる人もいるはずです。

そのような事態を避けて新たに立てた決意を全うさせ、目標を達成するためにはどうしたいいのか──。その手立ての一つをご紹介しましょう。

私がお勧めしたいのは、「願断ち(がんだち)」です。

願断ちは、「断ち物」などとも呼ばれてきましたが、これは古くから人々が実践してきた呪術の一種です。どうしても達成したい目標を実現するために、自分の大切なもの(こと)や、大好きなもの(こと)を断つことをいいます。
たとえば・・・

「仕事で目標の売上額を達成するまでは、お酒を断つ」
「マラソンの目標タイムを切るまで、大好きなコーヒーを飲まない」
「資格試験に合格するまでは、彼氏と会わない」

こうしたことを、試みたことはありませんか?

それが願断ちです。古から今日にいたるまで実践され続けてきたのは、実際に思いを叶える力が働きやすくなるからです。

では、このような願絶ちが、目標を達成するために効果を発揮するのはなぜなのでしょうか。それにはいくつかの理由があります。

まず一つ目の理由は、目標を常に意識し、それに向かうための行動を起こしやすくなるという点です。

目標を達成させるための努力を継続することは、容易なことではありません。そこから無意識のうちに目を逸らそうとしたり、ゴールを先延ばしにして自分を甘やかすということも起こることでしょう。

そのようなときに初心を思いださせてくれるのが願断ちです。

大好きなもの(こと)を断つのですから、日常生活のなかで幾度となく目標を思いだすことになります。そして、好きなもの、大切なものを切らさなくてもいい状態に戻るために、目標に向かうための行動へと、自分自身を促してくれるのです。

願断ちに効果が生じるもう一つの理由、それは御度と関係があります。

大好きなもの(こと)を我慢すると、負の感情が芽生えます。「負の感情」というと、悪いもののように思われるかもしれません。確かに負の感情そのものは良いものではありませんが、それを利用することで、良きものに転じることはできます。

ぜひとも叶えたい目標や夢を念頭に置きながら、好きなものを得られない辛さや苦しさを耐えると、人の御度(気)は濃くなります。

御度が濃くなるということは、気力や生命力が活性化するということ。

そうした作用が、目標に向かうための推進力を高めます。ぜひ手に入れたいものを阻む障害こそが、御度を活性化する妙薬になるというわけです。

ですが、無暗に大きな障害を設ければ良いというものではありません。

断つことによる苦労が、目標達成して得られる喜びとつり合うものであることが望ましいといえるでしょう。

野望ともいえるような大きな望みには、自分にとって耐えることが困難な断ち物を。無理のない程度に頑張れば手が届きそうな願いには、それなりの断ち物を。というように、自分自身の価値観に照らし合わせて、断ち物を設定してください。

目的を叶えるために、それに相応しい代償を払うという発想は、呪術の基本ともいえる考え方です。

あなたが願断ちをすることで差し出す代償は、いわば「贄(にえ)」や「供物」と同じだといえるでしょう。そして呪術の基本は等価交換です。
「大きな望みには大きな困難を、ささやかな思いにはそれなりの断ち物を」と述べた理由がそれです。

さて、新しい一年は、あなたにとってどのような一年になるでしょうか。目標や夢が叶えられる良き年になることを祈念いたします。

ですが、ままならないことが生じた折には、ぜひ私の度鑑定室にお越しください。

先にも触れましたが、御度が濃い状態の方が、目標に向かうための推進力は高まります。鑑定室にいらして日頃の悩みを解消し、活力を高めることで御度をより濃い状態にし、目標に向かって歩んでいただきたいと思います。

それでは、また。このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

良き新年を迎えるためにしておきたいこと

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

2017年もあと僅かです。皆さまはきっと毎日忙しくお過ごしのことと思います。

仕事や忘年会、年末のあいさつ回りなどでこの時期は例年なにかと動き回ることが多い時期ですね。

この時期にやっておきたいことといえば、大掃除です。

会社でも自宅でも、1年の汚れを落とす年末の恒例行事ですが、この時を利用して不要なものはどんどん処分してしまいましょう。

風水的にも大掃除は家の中の御度の回りをよくすることになりますから、良い年を迎えるためには大変役に立つ行事です。

残念ながら縁が切れてしまった相手の思い出の品などは、念が篭っている場合もありますから、心を新たにして次へ向かうためにも思い切って捨てたり、買い取りに出してしまいましょう。

さて、もうひとつ、年賀状は皆さまお出しになりましたか?

今ではSNSやメールで済ませてしまう方も多いですし、プリント年賀状を利用される方も多いでしょう。

陰陽師の立場から言わせていただくと、関係を深めたい相手、親しい相手、尊敬する相手などへの年賀状は、肉筆で一言でも書き加えていただくのが理想です。肉筆は、書くことでひとつの呪となり、良き思いを伝えやすいのです。

忙しくてまだ書いてない方は新年になってからでも構いませんので、必ず一言、相手のことを思って書き添えていただければと思います。

年を超えてからしておきたいことも書き添えておきましょうか。


というのも、わたくしどもは年始はおせちを食べる間もなく、結界を見張り、調子を見るために山ごもりすることになるからです。

「あけましておめでとうございます」をみなさまにお伝えする余裕もありません。逆に、皆さんが安心して新年を迎えることが出来るよう、魔が結界内へ入ることのないよう、しっかり見張り、広い地域を守る結界に破綻がないかも含めて見守らなければなりません。


と、わたくしはそんな年越しをするわけですが、皆さんは年越しで初詣に行かれる方もいるでしょう。

わたくしは神社に参拝する時は、家で塩を入れたお風呂に使って身体を清めてから向かっっています。みなさんも余裕がありましたら、ぜひ参拝前に身体を清めてみてはいかがでしょうか。ただし、湯冷めには十分お気をつけてください。



また、初詣に行かれる際は、地元の氏神様の神社にも忘れずに参拝を。こちらは土着の神様という性格が強いのですが、地元で土地の力が強い場所にあるはずですから、その力の及ぶ地元で暮らしているので、しっかり参拝したいですね。

参拝といえば、去年の御札やお守りも忘れずにお持ちいただいて、1年の役目を感謝してお収めしましょう。

夏や秋などに行った神社のものは、まだいいでしょう。期間はだいたい1年が目安です。できればお求めいただいた神社に収めて炊き上げしてもらうのがいちばんなのですが、旅行で訪れた遠方の神社などの御札ではそうも行かない場合もあります。その場合は最寄りの神社に収めてください。

年越しの楽しみといえばおせち料理です。最近では和風だけでなく中華や欧風など、グルメなおせちも増えましたが、縁起食にはやはりそれならの根拠がありますし、食べることで身体の中に取り込みますから、厄払いや身体を整える役目もしっかりあるのです。

そういう意味では、昔ながらの伝統的なおせち料理をお食べいただくことをお薦めします。


若い方はふだん口にしないものも多いと思うのですが、偏った食生活を正月くらいは正してみるという意味でもよろしいのではないでしょうか。

さて、新しい年がどうなるのか、気になる方がただいま、鑑定所に多くいらっしゃっています。来年のことを言うと鬼が笑うと申しますが、陰陽師のわたくしにとって、鬼は怖くありません。


年明けは、6日の土曜日から鑑定をさせていただきます。

少し早いですが、本年は皆さまにお世話になりました。来年も皆さまが幸せな年を過ごせるよう、お祈りさせていただきます。


それではまた、このブログで鑑定所でお会いましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

※年末年始は12月30日~1月5日は鑑定はお休みとなります。

※予約受付の連絡は12月29日~1月4日までお休となります。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

陰陽師と道具について

こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師
第27代・安倍成道です。

私たち陰陽師は、術を施すときに道具を使います。

まず、暦や方位を読むときにつかう式盤(ちょくばん)
これは陰陽師にとって定番のようなものです。

それから、災いを払うための呪符。

人の身代わりになって災いを引き受ける人形(ひとがた)

結界を張るときに置かれる水晶などの石

悪霊を消し去るときに切り裂く

まだまだありますが、こうしたものがおなじみのところでしょうか。

そしてそれとは別に、悪霊を消し去ったり、
呪を唱えたり、術をかけたりするときに用いられるものとして、
数珠や独鈷といった法具類があります。

法具という言葉からもおわかりように、これらは仏教の道具です。

数珠は念仏(つまり呪文)を唱える際に用いられるものですし、
独鈷は仏教の修行者が、自らの身を魔から守るための聖なる武器でした。

とくに独鈷は、寺院を建てる際に結界張りの道具として、
土中に埋められたこともわかっています。
それだけ守護の力が強い法具だったわけです。

と書くと、歴史に詳しい方なら、奇妙に思われるかもしれません。
仏教の道具である法具を、なぜ陰陽師が使っているのだろう、と。

たしかに、いくつかの共通項はありますが、
陰陽道は仏教とはまったく別のものです。

ですから陰陽師も、古くは数珠や独鈷は用いていませんでした。
それを陰陽師の世界に持ちこんだのが、安倍晴明です。

晴明は、当時の陰陽師の世界ではきわめて型破りな人物だったといいます。

また、いいものはいい、悪いものは悪いという、
常識にとらわれない価値判断の基準をもっていました。

その晴明が、仏教の法具である独鈷を手にしたとき、
すぐに陰陽師の道具として使うことを決めたのです。

そしてこのことによって、陰陽師の術は、
適用範囲も効力も格段に上がったといえます。

私自身、結界を張ったり、悪霊を消したりするときに、
独鈷を手にして実感するのですが、
じつに術がかけやすく、
術の効果も切っ先鋭い刃物のようになります。

ちなみに数珠ですが、陰陽師がこれを使うようになったのは、
晴明よりも後の時代のことでした。

おそらく晴明は、数珠も使いたかったのではないかと思います。

ただ、当時の朝廷は
仏教的なものはできるだけ排除したいという方針だったので、
そこまで思い切ったことはできなかったようです。

それにしても、いつもながら晴明の先見の明と行動力には感心されられます。

もしも皆さんがこうした陰陽師の道具に興味をお持ちなら、
ぜひ鑑定室にきてください。
もしかしたら、実際に使っているところを
お見せできるかもしれませんよ。

それではまた、このブログで鑑定所でお会いしましょう。

*******************************************************

■鑑定・除霊、結界などをご希望の方は、公式サイト から、
お問い合わせください。
鑑定は火金・土日祝日に行っています。

※年末年始は12月30日~1月5日は鑑定はお休みとなります。

※予約受付の連絡は12月29日~1月7日までお休となります。

鑑定、結界張り、除霊などの相談を受け付けております。
出張鑑定も承ります。お気軽にご相談ください。

公式サイトのフォームからメールでお問い合わせ、ご予約、
もしくは
下記の電話番号まで、お気軽におかけください。

晴和の会 TEL(予約用):03-5360-6160(予約受付は平日のみとなります。

■→メルマガ購読(無料) メルマガだけで読めるコラム連載も好評です!

*******************************************************

にほんブログ村 トラコミュ 陰陽師へ
陰陽師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧